facebook twitter
本当に殖やしたいならバリュー投資
白石 定之
資産運用するなら押さえておきたい “4つのステージ”
中学3年から証券投資を始めた白石定之(マネーブレイン(株)代表取締役)が、29年間証券に関わってきた経験から、「資産運用には段階があり、多くの人が同じ道を辿っている」と見ている …

本当に殖やしたいならバリュー投資

2018/5/9
私の経験も含めて見ると、第4ステージにいる多くの人は、株式投資を通じてバリュー投資に出会い、ウォーレン・バフェット氏、ピーター・リンチ氏等に関連する本を読み、会社四季報、決算短信を読み込み、企業分析をひたすら行って投資経験を積んでいった結果、このステージに到達したと見ています。
facebook twitter メールで送る 印刷

個人投資家の資産運用のステージには、4つあると考えています。この中で、最上位の第4ステージはバリュー投資の世界、「割安で買い、割高で売却し、割安なものがなければ現金に置いておく」という世界です。(ここで言うバリュー投資は、割安だけではなく成長も含めた広義に解釈しています。)

私の経験も含めて見ると、第4ステージにいる多くの人は、株式投資を通じてバリュー投資に出会い、ウォーレン・バフェット氏、ピーター・リンチ氏等に関連する本を読み、会社四季報、決算短信を読み込み、企業分析をひたすら行って投資経験を積んでいった結果、このステージに到達したと見ています。

ここにいる人たちは株価ではなく事業を見ているので、株価が下がった時に「怖い」ではなく「安い」と思える心になっている、だから割安で買うことが出来、資産を殖やすことが出来ているのです。

ただ、誰もが出来る世界ではなく、割安を見極める能力と一喜一憂しない心が求められる、とてもハードルが高い世界です。

バフェット氏は自身の遺言で次のように管財人に指示しています。「現金の10%を米国短期国債に、90%を低コストのS&P500インデックスファンドに投資をしなさい。」

この意図がお分かりでしょうか。S&P500は米国株の指数ですが、私は次のように捉えています。「第4ステージ(バリュー投資)でうまく運用しようとしても、一喜一憂してうまくいかずに第2ステージ(短期・利益追求)に行ってしまうので、先を読まず、タイミングも計らず、第3ステージ(国際分散投資)にいなさい」ということです。そのくらい第4ステージは難しいのです。

誰もあなたを一喜一憂させようとはしていない

マーケットは決してあなたを一喜一憂させようとはしていません。トランプ米大統領もイギリスのEU離脱も、ギリシャも日銀も、誰もあなたの資産を減らして怖がらせようとは思っていません。怖さはあなたの心の側にあります。あなた側の問題なのです。

第4ステージに居続けるためには、バリュー投資をしていればよいというだけではなく、重要なのは自らの一喜一憂のほうに目を向けることです。一喜一憂に支配されている限り、どのような運用をしようがうまくいかない状態は変わりません。

「一喜一憂を克服していく」とは、自らが一喜一憂していないかに目を向け、していると気付いたら、それに支配されずに横に置き続けていくことです。これを続けることによって、あなたの深刻さ、大変さは軽くなってきます。最終的には一喜一憂しても「まだ出てきたな」くらいのもので、大したことではないと思えるようになるでしょう。

バリュー投資へのアプローチ

ここで、バリュー投資へのアプローチの仕方をお伝えしましょう。

バリュー投資をする方法は2つです。自らがバリュー投資の職人になるか、職人を頼るかです。

自らが職人になりたいのであれば、ウォーレン・バフェット氏、ピーター・リンチ氏、ジム・ロジャーズ氏等、バリュー投資に関連する本を読み、実践していくことをお勧めします。

職人を頼りたい人は、ご参考として、ポートフォリアの「みのりの投信」、レオス・キャピタルワークスの「ひふみプラス」「ひふみ投信」、コモンズ投信の「コモンズ30ファンド」「ザ・2020ビジョン」、セゾン投信の「セゾン資産形成の達人ファンド」の運用哲学がどういうものか、なぜそのように考えるのかをよく理解されることをお勧めします。

バリュー投資にスタンスを置いている人のセミナー等で話を聞くのも良いでしょう。

私たちの目指す運用を妨害する最大の要因は、私たちの心の中にある“一喜一憂”です。一喜一憂を克服していくことで、誰かのせい、何かのせいにすることなく、心が平安な状態で運用していくことができるようになるでしょう。その時にはあなたは人生においてもきっと、一喜一憂しない、心の平安のある豊かな人生を手に入れることができているでしょう。

さあ、これからです。

一喜一憂と向き合っていきましょう!

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

 
世界のリスク
はじめての下落相場
年末高
ラクしてちょい稼
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください本当に殖やしたいならバリュー投資

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

本当に殖やしたいならバリュー投資

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
世界のリスク
 
はじめての下落相場
 
投資の失敗
 
お宝優待株
 
人気記事ランキング
デイリー週間月間
投資ワクワク
 
年末高
 
人気ブロガー
 
NISAつみたてNISAロールオーバー
 
はじめよう株主優待生活
 
老後破綻
 
動画でわかる
 
キャリマガ
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。