お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
第3回国際分散投資が良いと言われる理由
白石 定之
資産運用するなら押さえておきたい “4つのステージ”
中学3年から証券投資を始めた白石定之(マネーブレイン(株)代表取締役)が、29年間証券に関わってきた経験から、「資産運用には段階があり、多くの人が同じ道を辿っている」と見ている …

第3回国際分散投資が良いと言われる理由

2017/3/8
ここで改めて資産運用のステージの構造を見てみましょう。
facebook twitter 印刷する

ここで改めて資産運用のステージの構造を見てみましょう。

投資家は「自分はうまくいく」と思って運用しているけれども、「上がるとワクワクしてお金を投じて、下がると怖くなって踏み込めない、もしくは売ってしまう」という一喜一憂を繰り返し、うまくいかない。結果として、多くの人が第2ステージにいるように見えると前回、お伝えしました。

国際分散投資が良いと言われる理由はここにあると見ています。「自分でうまくやろうとしても難しいでしょう」「先を読んだり、タイミングを計ることは重要ではないんです」「ウォーレン・バフェット氏は特別。あなたには無理です」「だから先も読まず、タイミングも計らずに国際分散投資をするのがいいんですよ」ということです。

ご自身で先を読んだり、タイミングを計ったりしてうまくいかなかった経験があるので、「国際分散投資が一番」とここにスタンスを置いている人も多いでしょう。

国際分散投資をするなら押さえておくべきこと

国際分散投資をするなら押さえておくべきことお伝えしていきましょう。例として、インデックスファンドを通じて世界の株式と債券に分散投資(比率は原則として50%:50%)されている「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」で見てみましょう。

1、2年で判断しないこと

国際分散投資は「タイミングを計らない」が前提ですが、マーケットは上下しているので、投資信託の基準価額も上下しています。このため、1、2年で判断せず、最低でも景気の1サイクル以上、できれば20年、30年という期間で見ていく必要があります。

1、2年で大きく上昇していると「すごく良い投信」と思ったり、下落していると「この投信は良くない」と思って他のものに移りたくなったりするでしょう。これが一喜一憂です。うまくやろうとするのではなく、国際分散投資はもともと下がる時には下がるものだということを、しっかりと認識しておく必要があります。

パフォーマンスを過度に期待しないこと

国際分散投資は「先を読まない、タイミングを計らない」が根本的な考え方なので、当然、割安・割高の混在型になります。だから長期になればなるほどパフォーマンスは極端に良くもなく、悪くもない、そこそこなのです。

国際分散投資で「よーし、これで資産を殖やすぞ」と過度に期待をしていたら、下落した時に不満を持つことになるでしょう。そして、うまくやろうとすればするほど一喜一憂してしまうでしょう。長期ではもともとそこそこのものなんだ、それで十分なんだ、とあらかじめ割り切っておくことが必要です。

一喜一憂の心理から組入比率を変えないこと

国際分散投資をしていると、株式が上昇すると「もっと株式を組み入れておけば良かった」、下落すると「やっぱり株式は怖い、比率を減らしておこう」という思いが出てくるでしょう。それに従って組入比率を変えていったら、「高いところで買い、安いところで売る」を繰り返すことになります。組入比率を変えながらうまくやろうとするのではなく、そうすればするほど逆にうまくいかないんだ、ということをしっかりと認識しておくことです。

「国際分散投資はこういうものだ」と割り切ること

国際分散投資は一喜一憂を避けようとする手法ですが、人間なので一喜一憂してしまい、続けられないのです。ここにスタンスを置くと決めたのであれば、一喜一憂しようが貫くことです。

一喜一憂はすぐにします。例えば、送られてきた残高報告書を見た瞬間にです。見る瞬間ゾワゾワしたり、資産が殖えていれば「良かった!」、減っていれば「やっぱり運用なんて・・・」等、何らかの感情が出てくるでしょう。そして、その感情が私たちに「高いところで買わせて、安いところで売らせる」をさせるのです。

一喜一憂したら自ら認識し、その感情を横に置き、「国際分散投資はこういうものだ」と割り切ることです。そうでないと、あなたはすぐに第2ステージに行くことになるでしょう。

次回、いよいよ第4ステージについて見ていきましょう!

 

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

つみたてNISA
人気記事ランキングTOP

 

このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください第3回国際分散投資が良いと言われる理由

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

第3回国際分散投資が良いと言われる理由

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント

 
フレッシャーズ
 

 
タイムトリップ
 

 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。