お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
最近の原油価格について
広瀬 隆雄
わかりやすいグローバル投資レポート
グローバル投資に精通する広瀬隆雄氏に、新興国株式だけでなく、米国株、欧州株をはじめとする先進国株式など、海外全般の経済や投資ストラテジーをご紹介いただきます。

最近の原油価格について

2016/10/11
まずこのところの原油価格の上昇は、石油輸出国機構(OPEC)が減産に合意するのではないか?という観測によるところが大きいと思います。そのOPECですが、11月末に会議を持つ予定です。
facebook twitter 印刷する

【今日のまとめ】

  • 原油価格が50ドルにさしかかった
  • 石油輸出国機構(OPEC)が減産の話し合いを開始
  • サウジアラビアは来年以降、原油高に持って行くインセンティブがある
  • 米国のリグカウントの減少はタイムラグをもって生産高に反映される
  • ハリケーンに注目
  • 原油高でシェール業者はヘッジの好機が到来

50ドルにさしかかった原油価格

先週、原油価格が一時50ドルを超えました。

そこで今回のレポートでは、原油市場を巡る様々な要因について整理してみたいと思います。

石油輸出国機構(OPEC)が減産する?

まずこのところの原油価格の上昇は、石油輸出国機構(OPEC)が減産に合意するのではないか?という観測によるところが大きいと思います。

そのOPECですが、11月末に会議を持つ予定です。

メンバー各国の利害は対立しており、減産にこぎつけるのは容易ではないと思います。しかし以前に比べれば、「これ以上、増産しない」という了解を各国から取り付けることは、幾分、やりやすくなっていると思います。その理由は、すでに各国は生産能力の上限に近い水準で生産しているからです。

中でもサウジアラビアは抜きん出た存在であり、サウジアラビアの考え方ひとつでかなり決まってしまう部分が大きいです。

サウジアラビアの利害

そのサウジアラビアは、早ければ2017年に国営石油会社、サウジ・アラムコを新規株式公開(IPO)する予定です。

原油価格がダダ下がりしている状況では有利にIPOを進めることは出来ません。そう考えれば、IPOが近づくにつれ、サウジアラビアは原油価格を高く維持する動機が強まると思われます。

米国のシェール業界の動向

次に2014年夏以降、世界の原油需給を大きく崩す原因となったアメリカのシェール業界について見ます。

原油価格が低迷したので、油井は1,600本をピークに次々に休止し、今はピークの4分の1の400本前後で推移しています。

原油生産の減少は、リグカウントの減少より幾分、タイムラグがあります。その関係で、いまちょうど減り始めたばかりです。

在庫は、原油の生産だけでなく消費量にも影響されます。少し減少に転じているものの、まだまだ在庫水準は高いです。

ハリケーンに注目

いま米国東海岸を大型のハリケーン、「マシュー」が襲っています。今日までのところ、フロリダ州、ジョージア州などにおけるガソリン価格には影響は出ていません。

しかしハリケーンが東海岸の沖合に居座るということになると原油タンカーが積荷を降ろす作業ができなくなるなど、影響が出る可能性もあります。

シェール業者にヘッジの好機到来

シェール業者の視点からすれば、原油価格が50ドルを超えてきたのは、たいへん歓迎すべきことです。

この水準で将来の生産分の価格を、先物を売ることでロックインすれば、パーミアン・ベイシンなどのロー・コストの生産地域で操業している業者に関しては採算のメドが立つことを意味します。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

はじめよう株主優待
人気記事ランキングTOP
トウシル TOP
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください最近の原油価格について

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

最近の原油価格について

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
 
 
 

 

 

メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。