facebook twitter
中国不動産セクター
Bank of China int.
中国セクターレポート
中国の現地証券会社より提供されるアナリストレポートから、各業種ごとの動向をサマリーした「セクターレポート」を日本語でお届けします。 中国株式初心者の方でも分かりやすくまとめており…

中国不動産セクター

2013/4/17
中国の現地証券会社より提供されるアナリストレポートから、各業種ごとの動向をサマリーした「セクターレポート」を日本語でお届けします
facebook twitter メールで送る 印刷

4月17日
より厳格な不動産税の年内導入を見込み、セクターの見通しを中立に維持

中国の内閣に当たる国務院が新たな不動産引き締め政策、通称「国五条」を打ち出したのに続き、地方政府も相次いで個別の対応を明らかにした。これらは主に以下の点を強調している。1)中国人民銀行(中央銀行)支店は、2軒目の住宅購入に対する頭金と金利の引き上げが可能。2)中古住宅の販売にかかるキャピタルゲイン税20%を厳格に徴収する。3)地方政府は住宅購入規制措置を引き続き推進し、規制対象地域が中心部に制限されている場合は行政区全体に拡大。4)不動産市場に対する管理をより厳格に行う。

ただし、多くの都市で不動産政策の細則は未だ施行されていないのが現状。2軒目の住宅購入に伴う住宅ローン規制は北京市のみで実施されている。他の都市もいずれ北京に続くとみられている。

3月の住宅成約面積の伸びは13年1-2月に比べて鈍化したとは言え、未だ比較的高水準にある。これには、20%のキャピタルゲイン課税を初めとした新規制実施前の駆け込み需要が影響している。

BOCIは13年4-6月期の成約面積の伸び率について、前年の比較対象の数値が高まること、規制強化の効果が現れることから、さらに鈍化すると判断。2軒目の住宅ローンの頭金比率を70%に引き上げた北京市では、新規および中古物件の取引面積が急激に落ち込んだ。4月1-2週の取引面積は3月3-4週に比べて減少している都市が多く、BOCIの独自調査によれば、3月同様に安定的な成約状況を示しているのは一部の開発業者に限られるという。

13年1-3月期の経済成長率が予想を下回ったことを受け、市場は中国政府がこれ以上の不動産引き締め策を打ち出すことはないと判断している。しかしBOCIは、現在上海と重慶で試験導入されているものとは別の、より厳しい不動産税が年内に発表されると想定している。

中国不動産セクターの現在株価は13年予想NAV(1株当たり純資産価値)比で45%のディスカウント水準と、08-11年の底値である50-60%に近づいている。しかしながらBOCIは、先行きの不透明感を理由にセクターに対して中立的な見方を維持。1)平均住宅価格が急激に上昇すれば、さらなる引き締め策を招き、複数都市で2軒目以降の住宅購入頭金比率が引き上げられる。2)新たな不動産税が年内に発表される、などの点を踏まえ注視している。このため、セクター内では一定の成長率と配当利回りを維持し、一等地のプロジェクトを扱うブランド力の高い大手銘柄のみへの投資を推奨。13年のトップピック銘柄として華潤置地(01109)を挙げている。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

1周年特集
投資の失敗
桐谷広人
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください中国不動産セクター

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

中国不動産セクター

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
1周年特集
 
ハゲタカ
 
世界のリスクを総点検
投資の失敗
 
はじめての下落相場と損
 
株主優待・桐谷広人
美白YouTuberが紹介!無理なくカンタンな貯蓄術のススメ
 
老後破綻
 
動画でわかる
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。