お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
本土銀行セクター
Bank of China int.
中国セクターレポート
中国の現地証券会社より提供されるアナリストレポートから、各業種ごとの動向をサマリーした「セクターレポート」を日本語でお届けします。 中国株式初心者の方でも分かりやすくまとめており…

本土銀行セクター

2013/3/22
中国の現地証券会社より提供されるアナリストレポートから、各業種ごとの動向をサマリーした「セクターレポート」を日本語でお届けします
facebook twitter 印刷する

3月22日 
事業環境の不透明感が長期リスクに、金融改革やオフバランス取引で収益性に課題も

本土銀行セクターの事業環境はより不透明感が増し、長期リスクがバリュエーションに影響し始めた。BOCIは、銀行銘柄が当初の勢いを失い、セクターに対し徐々に警戒感が高まると予想。利益成長の減速と不透明な政策がセクターバリュエーションの上昇に歯止めをかけるとみている。

中国経済が金融緩和策を背景に2013年上期に強い成長を示した場合、下期にはインフレ圧力に直面する可能性が高く、そうなれば再び金融引き締め策が求められることになるだろう。これは銀行銘柄の株価下落を招く要因になりうる。また一方で、現在の比較的緩い金融政策が経済成長につながらない場合、政府がさらなる緩和政策により景気の底上げを図れば、一時的に銀行銘柄は上昇するものの、債権リスクの上昇からセクターのバリュエーションは長期的には下方修正されることになるだろう。

業界をめぐる不透明な状況と多くの課題により、13-14年の本土銀行セクターの利益成長はそれぞれ前年比6.21%増、3.7%増にとどまるとBOCIは予想している。中国上場企業の利益成長が12年のマイナス成長から13年はおよそ10%増に好転するとの推測があるのに対し、銀行セクターが同様の業績を示す可能性は低く、過去数年間にみられたような市場を上回る成長率は最早達成できないとBOCIは指摘している。

金融改革の進捗もセクターに様々な影響が予想される。金利や為替レートの改革、特に金利決定メカニズムの変更は、利ざやで稼ぐ従来のビジネスモデルに大きな影響をもたらす。金利自由化は緩やかに進むとみられるものの、銀行の利ざやは中長期的に圧迫される見通し。さらに、証券、保険業界との競争激化も圧力となるだろう。

銀行の富裕層向けビジネスが近年成長している。12年末の市場規模はBOCIの推定でおよそ7兆6000億元。信託、証券、ファンドとの提携により、銀行は合法的に規制をくぐりぬけ、富裕層向け投資商品で収入を増やした。こうしたオフバランス取引は今後、より厳しい規制の導入により減速が見込まれる。

不透明な事業環境により、銀行セクターの収益性は今後低下する可能性が指摘される。流動性の高さや12年業績への期待から現在は投資家による銀行銘柄の見直しが進んでいるが、やがて規制リスクや引き締め観測が強まれば、銀行株の魅力は失われるだろう。BOCIは現在のバリュエーション水準からの上値余地は限定的とみて、投資判断を中立の見方に据え置いている。セクター内では比較的利益成長が高く、割安なバリュエーションの銘柄として重慶農商銀行(03618)および中国農業銀行(01288)を推奨している。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

はじめよう株主優待
人気記事ランキングTOP
トウシル TOP
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください本土銀行セクター

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

本土銀行セクター

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。