お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
世界経済の再点検
広瀬 隆雄
わかりやすいグローバル投資レポート
グローバル投資に精通する広瀬隆雄氏に、新興国株式だけでなく、米国株、欧州株をはじめとする先進国株式など、海外全般の経済や投資ストラテジーをご紹介いただきます。

世界経済の再点検

2016/1/19
新年が明けてから世界的な株安が続いています。そこで今回は「世界経済は、本当にそんなに悪いのか?」ということを駆け足で点検してみたいと思います。まず米国の実質GDPですが、米国商務省によると第3四半期は+2.0%でした。
facebook twitter メールで送る 印刷

【今日のまとめ】

  • マーケットは実体経済に比べ過剰反応している?
  • 今年の米国は暖冬なので過去2年のスランプは経験しない?
  • 労働市場は最高に良い状態
  • 確かに製造業は減速しているが米国経済に占める割合は低い
  • 消費者は負債を圧縮している
  • 欧州経済も回復の兆しが見えている

実体経済よりマーケットは過剰反応している?

新年が明けてから世界的な株安が続いています。そこで今回は「世界経済は、本当にそんなに悪いのか?」ということを駆け足で点検してみたいと思います。

まず米国の実質GDPですが、米国商務省によると第3四半期は+2.0%でした。

去年、一昨年と2回連続で冬場にGDPの落ち込みが見られました。また冬場のGDPの速報値は、後で大きく改訂されることが多いです。これらのことは1)季節調整の手法に問題がある、2)天候不順の影響を大きく受けやすい、ということによると説明されることが多いです。

従って今年も冬場のGDPの数字は、あまりアテに出来ないかもしれません。ただ今年は米国東部を中心に記録的な暖冬でしたので、豪雪による経済活動のストップという要因は除外できると思います。

労働市場

次に労働市場に目を移すと、これは手放しに絶好調と言えると思います。下は新規失業保険申請件数のグラフで、このグラフは下に行けば行くほど景気が強いと言う風に解釈します。

これを見ると現在はリストラされて、失業保険を提出する人の数が歴史的に低い水準であることがわかります。実際、現在の極めて低い水準(毎週28万人程度)は1970年代前半まで遡らないと存在しませんでした。

雇用の創出も好調です。

労働省統計局によれば米国の雇用のうち86%はサービス業で、去年1年間にサービス業だけで230万人の新規雇用がありました。

製造業はどうだ?

最近、中国経済が鈍化している関係で、コモディティの価格や安くなっていますし、原油安でアメリカの石油産業や製造業でもレイオフが増えているという報道があります。

確かに米国の設備稼働率は最近、下がり気味です。

ただ米国が景気後退に入ってゆく場合は、経験則として設備稼働率が一気に5パーセンテージ・ポイントほど下がることが通例でした。今は去年の秋から未だ1.5パーセンテージ・ポイントしか下がっていないので、不況の入り口に来ているという主張をするには無理があるように思います。

労働市場全体に占める製造業の割合は9%です。だから製造業が大きく落ち込んだとしてもそれが雇用全体に与える影響は限定的です。

失業率はFRBが「ほぼ完全雇用の状態に近い」と考える5%に到達しています。

このことは今後米国の賃金も上がりはじめることを示唆しています。

消費者のフトコロ具合

原油安でガソリン代は下がっています。アメリカ人の多くはマイカー通勤です。その関係でガソリン代が下がるということは、お小遣いが増えるのと同じ効果があります。

リーマンショック以降、米国の消費者は家計の負債の圧縮に取り組んできました。下は米国の大手銀行の住宅ローンとクレジットカードの損金計上額のグラフです。

焦げ付きは、どんどん少なくなっていることがわかります。

いま、雇用が安定していて、賃金は上昇が見込めるし、ガソリン代の下落で手元のキャッシュは増えたし、カード・ローンの返済は捗っているということになると、当然、消費者のマインドはそれなりに改善を見ることが予期されます。

実際、ミシガン大学消費者信頼感指数は改善基調です。

欧州に目を転じると

一方、ヨーロッパに目を転じてみると、こちらも景気回復の途上にあります。

下はユーロ圏の失業率です。

いままで11%台に張り付いて、なかなか失業率が下がらなかったのですが、最近はスルスル下がり始めています。国別ではもともと失業率が高かったことで知られるスペインでも改善が著しいですし、イタリアや、つい最近まで失業率が上昇して投資家の落胆を誘ってきたフランスまでもが着実に改善の途上にあります。

鉱工業生産は、これまで強かったドイツの場合、フォルクスワーゲンの排ガス・スキャンダルなどの影響で少し陰りが見えるものの、南欧諸国は改善基調にあります。

以上のような理由から、「世界経済がリセッションに入る」という主張は説得力に欠けると思います。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

つみたてNISA
人気記事ランキングTOP

 

このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください世界経済の再点検

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

世界経済の再点検

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント

 

 

 

 
フレッシャーズ
 

 
タイムトリップ
 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。