お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
ブラジル経済の近況
広瀬 隆雄
わかりやすいグローバル投資レポート
グローバル投資に精通する広瀬隆雄氏に、新興国株式だけでなく、米国株、欧州株をはじめとする先進国株式など、海外全般の経済や投資ストラテジーをご紹介いただきます。

ブラジル経済の近況

2015/6/29
ブラジルでは2016年8月にオリンピックが開催されます。同国がオリンピックの招致に成功したときは、ずいぶん期待が盛り上がったのですが…
facebook twitter 印刷する

【今日のまとめ】

  • いよいよオリンピックが来年8月に迫っている
  • 中国の建設ブームが去ったのでブラジルの輸出セクターが苦しんでいる
  • ペトロブラスの再国有化は海外の投資家に後味の悪さを残した
  • 経済のファンダメンタルズは軒並み悪化している
  • 投資家のセンチメントは陰の極か?

リオデジャネイロ五輪まであと400日

ブラジルでは2016年8月にオリンピックが開催されます。同国がオリンピックの招致に成功したときは、ずいぶん期待が盛り上がったのですが、その後、景気後退やスキャンダルが相次いだことでブラジル株は世界の投資家から見放されてしまった感があります。

そこで今日はブラジル経済の現況についてまとめてみたいと思います。

中国の建設ブームの終焉

ブラジルは中国の建設ブームの恩恵をこうむってきました。一例としてビルの建設には鋼鉄製の梁(はり)や鉄筋を必要とします。ブラジルはオーストラリアと並んで、その原料となる鉄鉱石の輸出国です。

その他、インフラストラクチャにまつわる、あらゆるコモディティの価格が中国経済の減速で下落しています。ブラジルの輸出セクターが苦戦しているのはそのような理由によります。

ペトロブラス再国有化という失策

ブラジルは石油会社ペトロブラスがリオデジャネイロ沖の大深水油田を発見した際、これまでの方針を180度転換し、過半数株式を取得することでペトロブラスを再国有化しました。さらに油田の鉱区の入札から外国企業を締め出す措置を取りました。

そのペトロブラスには「入札に際して度重なる談合があったのではないか?」という疑惑が生じ、検察による捜査が入っています。そのためCEOが引責辞任した他、幹部の多くが入れ替わりました。

世界の企業は、政治的リスクを懸念してブラジルへの投資を敬遠しました。このことはブラジルが外資を導入することが困難になったことを意味します。

悪化する経済のファンダメンタルズ

ブラジルはインフラストラクチャの整備が立ち遅れています。従って、先ずインフラを整備することが経済成長にとって欠かせないのですが、海外からの投資資金の離散と政府財政の悪化で十分な投資が出来ませんでした。

ブラジルのGDP成長率がマイナスになった一因は、ここにあります。

ブラジル・レアル安は輸入品のインフレをひきおこします。このためインフレはだんだん悪化しています。

コモディティ価格の下落と景気後退の影響で政府の税収はプレッシャーを受けており、基礎的財政収支は悪化しました。

経常収支も悪化しました。

外貨準備は今のところ十分ですが、取り崩される傾向にあります。

外国からの投資資金が低迷しているので信用成長による消費ブームも持続不可能になっています。

雇用と賃金上昇は、ブラジル経済にとって明るい材料だったのですが、このところの経済の低迷を受けてそれらの面での改善もストップしてしまっています。

消費者と経営者のセンチメントは、どちらも悪いです。

これらに追い打ちをかけるように、ブラジルは水不足に悩まされており、これは同国の得意分野である農業にも暗い影を落としています。

ブラジル政府は財政収支改善のため年金や失業保険の支給基準の厳格化、電力の補助金の廃止、燃料、マイカー保有に対する増税などを発表しています。

投資家のセンチメントは陰の極か?

このようにブラジルには明るい材料はありません。しかし2011年以来、かれこれ3年半も冴えない経済が続いてきたので、投資家はブラジルに対して、何の期待も抱いていません。そのことはオリンピックを前に少しセンチメントが好転するだけで、ブラジルの経済や株式市場が底入れしやすい環境になっていることを示唆しています。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

はじめよう株主優待
人気記事ランキングTOP
トウシル TOP
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせくださいブラジル経済の近況

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

ブラジル経済の近況

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
 
 
 

 

 

メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。