facebook twitter
中国経済と中国人民銀行の利下げについて
広瀬 隆雄
わかりやすいグローバル投資レポート
グローバル投資に精通する広瀬隆雄氏に、新興国株式だけでなく、米国株、欧州株をはじめとする先進国株式など、海外全般の経済や投資ストラテジーをご紹介いただきます。

中国経済と中国人民銀行の利下げについて

2015/5/14
先週末、中国人民銀行が利下げを発表しました。それによると5月11日付で1年物貸出・預金基準金利をそれぞれ0.25%引き下げ、5.1%と2.25%にしました。
facebook twitter メールで送る 印刷

【今日のまとめ】

  • 中国人民銀行は今回の利下げサイクルで三度目となる利下げを発表した
  • 利下げは株式市場にとってプラス
  • 利下げのペース、下げ幅ともにサプライズは無い
  • 中国経済の鈍化は続いている
  • 利益成長なき株高で「官制相場」色が強まる

中国人民銀行が利下げ 5月11日から1年物貸出基準金利は5.1%へ

先週末、中国人民銀行が利下げを発表しました。それによると5月11日付で1年物貸出・預金基準金利をそれぞれ0.25%引き下げ、5.1%と2.25%にしました。これは去年の11月に始まった今回の利下げサイクルで三回目となります。

言うまでもなく利下げは株式市場にとってプラスです。

これまでのところ中国人民銀行は前回の利下げから4カ月目に次ぎの利下げを行うというペースを守っています。また0.25%という引き下げ幅も前回と同じです。

中国人民銀行は、このほかにも銀行に対して要求する預金準備比率を引き下げることで銀行の貸出力を増やす措置を講じています。

このように中国人民銀行が緩和している背景には、同国経済の成長が鈍化していることがあります。

4月半ばに発表された第1四半期のGDPは+7%でした。

また4月の鉱工業生産は予想+6.0%を下回る+5.9%でした。

4月の小売売上高は予想+10.4%を下回る+10.0%でした。

中国政府は経済成長の軸をこれまでの輸出から内需へと移そうとしています。しかし小売売上高は一貫して失望を招く数字となっており、方向転換の困難さを感じさせます。

4月の消費者物価指数は+1.5%、生産者物価指数は依然、デフレ圧力を感じさせる-4.6%でした。

4月の輸入は-16.2%でした。輸出は-6.4%でした。

人民元がゆるく米ドルにペグされていることから、このところのドル高は相対的な人民元高を招いており、中国の輸出セクターの国際競争力を削ぐ効果をもたらしています。

下は金額ベースのグラフですが、特に輸入の落ち込みが顕著です。

以上をまとめると、中国経済は減速が続いており、今回の利下げは必要な措置だったと思います。不動産市場には相変わらずバブル抑制の監視の目が光っている関係で、緩和によってもたらされた追加的な流動性は、株式市場に向かいやすくなっています。

ただ当局は信用取引に対する規制の強化などを通じて、あまり株式市場が過熱し過ぎないようにバランスを取っています。

折からの経済の停滞で中国企業の収益には見るべきものはありません。このことから、自ずと株価形成は「官制相場」的な色彩を帯びています。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

2018年9月株主優待祭
人気ブロガー
トウシル1周年特集
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください中国経済と中国人民銀行の利下げについて

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

中国経済と中国人民銀行の利下げについて

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
2018年9月株主優待
 
10万円株
 
投資の失敗
人気ブロガー
 
老後破綻
 
トウシル1周年特集
美白YouTuberが紹介!無理なくカンタンな貯蓄術のススメ
 
動画でわかる
 
ふるさと納税
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。