facebook twitter
中国利郎有限公司(チャイナ・リーラン)
Bank of China int.
中国銘柄レポート
中国の現地証券会社より提供されるアナリストレポートから、当社の取扱銘柄を中心とした「企業レポート」を日本語でお届けします。 中国株式初心者の方でも分かりやすくまとめており、会社・…

中国利郎有限公司(チャイナ・リーラン)

2012/4/20
中国メンズウェア市場の潜在性と店舗網を評価、イニシャルカバレッジは「中立」
facebook twitter メールで送る 印刷

中国メンズウェア市場の潜在性と店舗網を評価、イニシャルカバレッジは「中立」

現地コード 銘柄名 株価 情報種類
01234 中国利郎有限公司 (チャイナ・リーラン)  7.25 HKD
(04/20現在)
 株価
 企業情報
 チャート

紳士服大手の中国利郎は、潜在性の高い2級・3級都市を中心に、「ビジネスカジュアル」をコンセプトとした自社ブランドのメンズウェア店「LIANZ」を展開している。販売代理店を通じて急速に店舗網を拡大。2011年12月末時点の小売販売店総数は3268(若者向けセカンドブランド店「L2」を含む)と、他社に比べて圧倒的な店舗網を誇る(利邦(00891)は460店、中国服飾(01146)は1102店、いずれも11年12月末時点)。

同社は店舗を直接経営せず、店舗展開を行う販売代理店に商品を卸販売するビジネスモデルを採用し、急速に店舗数を増やした。販売店に対しては店舗のレイアウトや商品ディスプレイ、マーケティングから日々の運営に関して統一した基準を設け、毎年の契約更新を通じて各店がこれに即しているかを管理。年に3回の販売代理店向けの商談会を通じて商品を卸売りし、販売店の在庫に応じて材料の調達管理を行っている。12年は店舗数を前年比12.2%増の3668店に拡大する予定。メンズウェア市場の高い潜在性を見込み、2020年には各販売代理店が平均して5-7店舗を展開することを前提に、国内に合計5000店の店舗網の確立を目指している。

一方、本社では広告戦略やブランド戦略、商品開発に注力。競合との差別化を進めるため、商品の品質を高め、ブランドごとに専門のデザイン会社を採用するなど、常に改良を図っている。また、中国の人気俳優をイメージキャラクターに起用し、新聞や雑誌に加え、テレビや空港のビルボードなどの広告も積極的に展開。12年下期にはブランドイメージ戦略の一環として西安と鄭州に直営の大型旗艦店をオープンする。

12年1-3月期の既存店売り上げの伸びは15-20%だった。12年通期でも既存店売り上げが2ケタ台の伸びを示すとBOCIは予想している。売上高は14年までに年平均17.2%の成長が見込まれ、特に若者向けの「L2」の成長が期待される。BOCIは、11-14年の粗利益率が38-39%を維持し、同期間の営業利益が年平均16.5%、純利益が同11.3%成長すると予想している。BOCIの12年予想EPSはコンセンサス予想を4.4%下回る水準。

BOCIは同社のカバレッジを開始するにあたり、DCF法に基づき目標株価を7.7HKドルに設定。株価の先行きを中立見通しとした。同社は店舗網の拡大を販売代理店に任せているため、各店舗の運営や在庫状況を充分に管理できない可能性があり、BOCIはこの点をリスク要因に挙げている。5月に開催される冬物の商談会と、下期の旗艦店オープンが株価カタリスト。

 

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

1周年特集
投資の失敗
桐谷広人
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください中国利郎有限公司(チャイナ・リーラン)

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

中国利郎有限公司(チャイナ・リーラン)

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
1周年特集
 
ハゲタカ
 
世界のリスクを総点検
投資の失敗
 
はじめての下落相場と損
 
株主優待・桐谷広人
美白YouTuberが紹介!無理なくカンタンな貯蓄術のススメ
 
老後破綻
 
動画でわかる
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。