facebook twitter
タイ戒厳令発令の背景
広瀬 隆雄
わかりやすいグローバル投資レポート
グローバル投資に精通する広瀬隆雄氏に、新興国株式だけでなく、米国株、欧州株をはじめとする先進国株式など、海外全般の経済や投資ストラテジーをご紹介いただきます。

タイ戒厳令発令の背景

2014/5/26
グローバル投資に精通する広瀬隆雄氏に、新興国株式だけでなく、米国株、欧州株をはじめとする先進国株式など、海外全般の経済や投資ストラテジーをご紹介いただきます。
facebook twitter メールで送る 印刷

今日のまとめ

  • タイ陸軍が戒厳令を発令した
  • 投資家はタイの戒厳令には慣れている
  • タイは外国から侵略されたことがないので政治に継続性がある
  • 都市部と農村部がライバル関係を形成している
  • 憲法改正で農村部の発言力が強まった

タイ陸軍が戒厳令を発令

先週、タイ陸軍が戒厳令を発令し、憲法を停止しました。

インラック前首相支持派と反対派の間での政権抗争が長期化し、民主主義が機能不全の様相を呈しはじめたことに対し、陸軍が我慢しきれなくなったというのがその理由です。

タイ陸軍による戒厳令発令は1932年以降12回目です。しばしば戒厳令が発令されるので、投資家は慣れっこになっています。

その意味では戒厳令がマーケットに与える影響は限定的だと思われます。

タイの政治

タイは東南アジアの国々の中で唯一、外国から侵略されなかった国です。それと同時にタイの側から周辺国へ侵略を企てることも一度もありませんでした。このため同国の政治にはユニークな継続性があります。

バンコクを中心とする地域は、昔、サイアム(Siam)と呼ばれ、現在でも経済の中心となっています。

一方、北部のチェンマイなどから成る地域はかつてタイ王国と呼ばれ、サイアムとはライバル関係にありました。

この北部地域はミャンマーやカンボジアという近隣国と国境を接しており、それがゆえに外国と交渉を持ってきた伝統があります。タイ王国はそれらの近隣諸国に武力で立ち向かうというよりは、むしろ柔軟な外交で均衡を維持してきました。

南と北の対立

1970年代以降、タイ経済が高度成長期に入るとバンコク周辺の都市部の所得が上昇し、北部との経済格差が広がりました。

南部では海外からの観光客の到着で国際化が進み、豊かで、開明的なインテリ層が出来上がりました。軍部や王室や中央官僚は、皆、そういう価値観を共有しています。そのバンコクで勢力をもっているのが現在、野党の立場にあるタイ民主党です。

これに対して北部の農村は、ずっと「自分たちは取り残されている」という疎外感を味わってきました。

憲法改正のきっかけ

1997年にタイでバーツ危機が発生し経済が混乱すると、タイ政府は外資を呼び戻し、経済を立て直すために政治改革を断行しました。憲法改正による民主化の推進は、そういう意図の下で行われたのです。

その結果、これまで民意が反映されにくかった北部や農村地域の有権者の声が影響力を増しました。その際、実業界から政治家に転身したタクシン・シナワット元首相が登場したわけです。

彼はビジネスマン特有の駆け引きの上手さと、北部地方のしっかりとした支持基盤を武器とし、選挙に勝ちます。

北部の利害を代弁するリーダーの登場は、南部のサイアムの伝統を継ぐバンコクのエスタブリッシュメントにとって脅威となりました。

案の定、タクシン元首相は軍部の勢力を抑え込みにかかります。これに危機感を抱いたエスタブリッシュメント側は汚職容疑でタクシン元首相を国外追放にします。

しかしタクシン支持派の支持基盤は衰えず、タクシン元首相の妹、インラックが首相になり、国外追放になっているタクシンの帰国実現に向けて働きかけます。その彼女も今年5月7日に閣僚人事が憲法違反だったという疑惑をかけられ、首相の職を失っています。

インラック元首相が更迭されたとはいえ、タクシン派の支持母体であるタイ貢献党は現在も与党の地位を保持しており、7月20日の選挙では再び巻き返しを狙っています。

このようにタイの政治は中央と地方の長年のライバル意識によって綱引き状態になっているのです。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

 
世界のリスク
はじめての下落相場
投資の失敗
ラクしてちょい稼
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせくださいタイ戒厳令発令の背景

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

タイ戒厳令発令の背景

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
世界のリスク
 
はじめての下落相場
 
投資の失敗
 
お宝優待株
はじめよう株主優待生活
 
人気ブロガー
 
投資ワクワク
 
NISAつみたてNISAロールオーバー
老後破綻
 
年末高
 
動画でわかる
 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。