facebook twitter
目標株価の計算方法
土信田 雅之
テクニカル風林火山
テクニカルアナリストの土信田雅之が、マーケットスピードを用いたテクニカルな視点で国内株式市場の動向を読み解いていきます。

目標株価の計算方法

2014/11/7
10月31日の午後、堅調なもみ合いとなっていた株式市場のまったりムードを打ち破ったのは、日銀によるサプライズ追加金融緩和の発表を受けた急騰でした。
facebook twitter メールで送る 印刷

10月31日の午後、堅調なもみ合いとなっていた株式市場のまったりムードを打ち破ったのは、日銀によるサプライズ追加金融緩和の発表を受けた急騰でした。この日の日経平均終値は前日比で755円高。9月の月間上昇幅(748円)をたった一日で越えるほどの勢いを見せました。前回は一目均衡表の「ねじれ」を前に、日経平均が「雲」を上抜けられるかがポイントとお伝えしましたが、一気に状況が変わった格好です(図1)。

(図1)直近の日経平均(日足)の一目均衡表

(出所:MARKETSPEEDを元に筆者作成)

日経平均が雲を上抜けたばかりか、転換線の基準線上抜けと遅行線のローソク足上抜けも同時に達成し、これまでにも何度か紹介しました「三役好転」となっています。今週に行われた米国中間選挙の結果ではありませんが、「ねじれ」に対する不安はひとまず後退したと言えます。

連休明けとなる11月初日(4日)の取引も、一段高にはなったものの、その後は終値で節目の17,000円台に乗せきれない展開が続いています。とりわけ、11月6日のローソク足が微妙な陰線となっており、上昇の勢いが後退しているようにも見えますが、現時点ではいったん下げに転じるのか、再び上昇していくのか判断が難しいところですが、個人的には平均足が陰線になるかどうかに注目しています(図2)。平均足の内容については第9回をご参照ください。

(図2)日経平均(日足)の平均足(上段)とローソク足(下段)

(出所:MARKETSPEEDを元に筆者作成)

平均足が陰線になるには、当日の四本値(始値、高値、安値、終値)の平均値が前日の実体の半分よりも安くなることが条件となります。つまり、当日の値動きが前日の値動きの中心よりも低い水準になるまでは、ひとまず堅調な地合いは続くと見てよいと考えられます。

とはいえ、相場がようやくここまで上昇してきたわけですから、前向き視点で今後も上昇基調が続いた場合、どこまで上昇しそうなのかを探ってみたいと思います。上値の目処を探るテクニカル方法はたくさんありますが、今回は簡単に計算できる、「V計算値」や「E計算値」、「N計算値」、そして「NT計算値」の4つを紹介します。下の図3を見ていただければお分かりのように、いずれの計算も、非常に簡単です。

(図3)四つの計算値(V計算値、E計算値、N計算値、NT計算値)

相場は上げ下げを繰り返しながら、トレンドを形成していきますが、これらの計算方法は、その上げ下げの波の大きさやリズムが今後の株価形成に影響を与えるだろうという考え方に基づいています。そして、それぞれの計算結果を日経平均に当てはめたのが下の図4になります。

(図4)日経平均(週足)とそれぞれの計算値

(出所:MARKETSPEEDを元に筆者作成)

足元はN計算値の水準が意識されているようですが、V計算値とE計算値の水準がかなり上方にあるため、ここを目指すには強い買い材料が欲しいところです。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

 
世界のリスク
はじめての下落相場
年末高
ラクしてちょい稼
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください目標株価の計算方法

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

目標株価の計算方法

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
世界のリスク
 
年末高
 
投資ワクワク
 
お宝優待株
 
投資の失敗
 
はじめての下落相場
 
はじめよう株主優待生活
 
人気ブロガー
 
NISAつみたてNISAロールオーバー
 
老後破綻
 
動画でわかる
 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。