facebook twitter
「逆行現象」の出現とローソク足の並びに注目
土信田 雅之
テクニカル風林火山
テクニカルアナリストの土信田雅之が、マーケットスピードを用いたテクニカルな視点で国内株式市場の動向を読み解いていきます。

「逆行現象」の出現とローソク足の並びに注目

2014/7/4
2014年も7月入りとなり、残り半分となりました。早速、下の図1でTOPIXの値動きを確認してみますと、前回も紹介しました、1月23日~24日にかけて空けた「窓」を埋めにかかる動きとなっています。
facebook twitter メールで送る 印刷

2014年も7月入りとなり、残り半分となりました。早速、下の図1でTOPIXの値動きを確認してみますと、前回も紹介しました、1月23日~24日にかけて空けた「窓」を埋めにかかる動きとなっています。

(図1)TOPIXチャート(日足)

(出所:MARKETSPEEDを元に筆者作成)

この窓を埋めきれば、年初の水準も十分視野に入ってくるわけですが、7月3日のローソク足が比較的長い陰線で、しかも、前日(7月2日)のローソク足を包み込む格好の「抱き線」となっていて、ちょっと注意が必要となっています(下の図2)。

(図2)足元のTOPIXチャート(日足)

(出所:MARKETSPEEDを元に筆者作成)

この2日間のローソク足を合成すると、下の図3のようなイメージです。

(図3)「抱き線」のイメージ

とはいえ、合成してみてもごく普通の陰線です。そのため、抱き線としてはあまり強力な売りサインとは言えないと思われます。仮に以下のような場合だと「トンカチ」と呼ばれ、売りサインとしては強めとなります。つまり、上昇相場の中、前日が陽線で当日が陰線の抱き線かどうかがひとつのポイントとなります。

(図4)「抱き線」のイメージその2

そのため、今回は米雇用統計の発表を控えていることもあり、天井を打ったと判断するよりも、ひとまず様子を見るのが無難かもしれません。ただし、仮に翌4日のTOPIXが反発した場合でも、そのローソク足が「はらみ足」になったりすれば、再び売り警戒となります。

また、別のテクニカル指標でもTOPIXの動きを追って行きたいと思います。今回チェックするのはRSI(Relative Strength Index)です。

相場は日々、上げ下げを繰り返していますが、一定期間の上げ幅と下げ幅の合計のうち、上昇幅の大きさがどのくらいなのかを%で表して相場の強さを知ろうというのがRSIです。上昇の勢いがあればRSIの値が高くなり、逆に下落の勢いが強ければRSIの値が低くなります。

RSIはいわゆるオシレーター系と呼ばれるテクニカル指標で、一般的には70〜80%を超えると買われ過ぎ、30〜20%を下回ると売られ過ぎと判断するわけですが、オシレーター系の指標にはもうひとつトレンドの転換を示すサインを判断する使い方があります。それが「逆行現象」です。

下の図5は、上段がTOPIXの日足チャート、下段はRSIになります。直近のTOPIXが上値を切り上げている一方で、RSIの値は切り下がっています。つまり、株価とRSIが逆の動きをしているわけですが、このような動きをしている時は相場のトレンドが間もなく変化するサインと言われています。過去を遡ってチャートの左側見ても、同様に逆行現象が見られ、株価が下落に転じています。

(図5)TOPIX(日足)チャートとRSI

(出所:MARKETSPEEDを元に筆者作成)

ちなみに、お互いの動きが拡大していく動きを「ダイバージェンス」、逆に収束していく動きを「コンバージェンス」と言います。よく使われるテクニカル指標にMACDがありますが、日本語名は「移動平均線収束拡大法」です。MAが移動平均線(Moving Average)、Cが収束(コンバージェンスConvergence)、Dが拡大(ダイバージェンスDivergence)を表しています。つまり、MACDは2本の移動平均線の差の収束と拡大を見ながらトレンドを追っていく指標という意味になります。

また、少し話しが逸れますが、逆行現象を見る上で意外と重要なのは「視点をどこにするか?」です。例えば、先程の説明では、株価が上値(下値)を更新しているのに、RSIは逆の動きをしているという、「株価からの視点」です。反対に、RSIが上値(下値)を更新しているのに、株価が逆の動きをしているという、「RSIからの視点」もあるということです。この場合の逆行現象は、「隠れたダイバージェンス」、「リバーサル」とも呼ばれ、こちらはトレンド転換ではなく、トレンドフォローという見方があるからです。下の図6はTOPIXの週足チャートとRSIですが、RSIが下値を更新しているのに、TOPIXは下値を更新しておらず、むしろ切り上がっています。その後もTOPIXは回復基調を辿っています。少しややこしいですが、上値(下値)を更新している方を基準に見ていくことがポイントとなります。

(図6)RSIからみた逆行現象:TOPIX(週足)チャートとRSI

(出所:MARKETSPEEDを元に筆者作成)

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

 
世界のリスク
はじめての下落相場
年末高
ラクしてちょい稼
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください「逆行現象」の出現とローソク足の並びに注目

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

「逆行現象」の出現とローソク足の並びに注目

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
世界のリスク
 
年末高
 
投資ワクワク
 
お宝優待株
 
人気記事ランキング
デイリー週間月間
投資の失敗
 
はじめての下落相場
 
はじめよう株主優待生活
 
人気ブロガー
 
NISAつみたてNISAロールオーバー
 
老後破綻
 
動画でわかる
 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。