お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
建築資材セクター
Bank of China int.
中国セクターレポート
中国の現地証券会社より提供されるアナリストレポートから、各業種ごとの動向をサマリーした「セクターレポート」を日本語でお届けします。 中国株式初心者の方でも分かりやすくまとめており…

建築資材セクター

2011/2/22
中国の現地証券会社より提供されるアナリストレポートから、各業種ごとの動向をサマリーした「セクターレポート」を日本語でお届けします。
facebook twitter メールで送る 印刷

2月17日 セメントH株「オーバーウエート」、 鉄鋼H株「中立」
需要拡大と価格上昇を見込みセメントセクターを選好

中国建築資材セクターの動向について、BOCIは鉄鋼セクターよりもセメントセクターを選好。セメント業界は今後需要増加が見込まれると同時に効果的な生産調整が進んでいることを注視した。セメント価格は最近調整局面にあったが、2011年第2四半期には公営住宅の建設や都市化の加速で価格が上向く見通し。セメント業界の利益率は全般に高く、供給過剰体制の解消により13年以降には供給不足となる可能性もある。一方、鋼材価格は上向きを維持しているものの製鋼所の利益率の低さが懸念事項。

セメントセクター:
1月の国内セメント価格は前月比3%安の1トン当たり419元。昨年の大幅な値上がり分の調整と季節的要因が影響。東部(5.4%安)、北東部(3.7%安)、南部(4.4%安)が下げを主導した。需要拡大から3月には価格が上向き、その後高水準を維持する可能性が高い。コスト面をみると、1月の大同産高品位炭(600kcal)価格は前月比1.3%安の1トン当たり830元にとどまっている。BOCIは江蘇省、安徽省、山東省、江西省の減産体制の進展と需要の潜在性を踏まえ、安徽コンチセメント(00914)、中国建材(03323)、山水セメント(00691)、華潤セメント(01313)を推奨している。

鉄鋼セクター:
BOCIはH株鉄鋼セクターについて、今後も利幅の縮小傾向が続くとみて投資判断を中立的な見方に維持している。鋼材スポット市場は今年に入り線材と鉄筋の価格がそれぞれ6%、10%上昇。一方、熱延コイルおよび冷延コイルは11月以降それぞれ25%、12%高騰。過去3カ月の平均販売価格はそれぞれ1トン当たり500元上昇しているが、鉄鉱石およびコークス価格の上昇分をかろうじて相殺する程度で、鉄鋼業界は11年上期も引き続き利益率低下という課題に直面している。

BOCIはアンガン・スチール(00347)と馬鞍山鋼鉄(00323)の鉄鋼2社のうち、バリュエーション的魅力から馬鞍山鋼鉄を選好。気温上昇に伴い建設工事が再開されれば、条鋼類の多い馬鞍山鋼鉄は需要増の恩恵を享受すると指摘している。

過去3年間で鉄鉱石価格は3倍に跳ね上がり、鋼材価格は37-38%上昇。鋼材価格は過去5カ月間上昇傾向を維持しているものの、鉄鋼銘柄の株価は鉄鉱石価格の高騰を受けて値を下げ、ベンチマークをアンダーパフォームしている。

馬鞍山鋼鉄の鉄鉱石自給率はアンガン・スチールの50%に対して20%程度。BOCIは鉄鉱石高騰の影響を懸念し、過去3年間の鉄鉱2社の株価と鉄鋼石価格および鋼材価格の関連性を調査。馬鞍山鋼鉄とアンガン・スチールの値動きには強い相関性があるものの、鉄鉱石価格の動きと両社のバリュエーションの差は必ずしも関連しておらず、鉄鉱石価格の上昇局面でも条鋼類と鋼板類の需要見通しの差により両社のバリュエーションが狭まる場合があった。このため鉄鉱石の自給率の低さで馬鞍山鋼鉄がアンガン・スチールをアンダーパオフォームすることには必ずしもならないとBOCIはみている。

 

 

 

 

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

桐谷広人
投資の失敗
日本株
老後破綻

 

このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください建築資材セクター

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

建築資材セクター

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
ボーナス投資  
桐谷広人
 
老後破綻

 
株主優待
 
投資の失敗
 
インタビュー
 
楽天証券夏ボーナス
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。