お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
中国一般航空(ゼネラル・アビエーション)セクター
Bank of China int.
中国セクターレポート
中国の現地証券会社より提供されるアナリストレポートから、各業種ごとの動向をサマリーした「セクターレポート」を日本語でお届けします。 中国株式初心者の方でも分かりやすくまとめており…

中国一般航空(ゼネラル・アビエーション)セクター

2011/1/21
中国の現地証券会社より提供されるアナリストレポートから、各業種ごとの動向をサマリーした「セクターレポート」を日本語でお届けします。
facebook twitter メールで送る 印刷

1月18日 
業界発展に向けて離陸間近、新5カ年計画下でガイドライン策定へ

BOCIは1月13-14日、北京でハイエンド設備製造に関するコンファレンスを開催したが、これに伴い航空専門家を招き、中国の一般航空セクター(ゼネラル・アビエーション:民間航空および軍事航空を除く航空活動)の発展の方向性や政策環境についてのリサーチを実施した。

中国の一般航空セクターは過去10年間にわたって急成長を遂げ、市場規模は大きく拡大したが、それでも国内経済全体や民間航空セクターの成長率を大幅に下回るペースにとどまっている。

ただ、中国政府はハイエンド設備製造セクターの振興支援策を打ち出しており、今後はこれが一般航空セクターの成長に寄与する見通しとなった。BOCIは中国の一般航空セクターを世界レベルに押し上げるためには、政策的な振興支援がカギになると指摘。同セクターが離陸に向けた準備段階に入ったとの見方を示している。

また、中国民用航空局(CAAC)は第12次5カ年計画(2011-15年)の下、一般航空業界の発展に向けて具体的なガイドラインを策定する見通しだ。専門家や技術者育成、航空機配置、メンテナンス基準の構築、空港建設、緊急対応システムの構築、燃料施設の配置など、各種の指針が盛り込まれる見込み。これにより、一般航空業界の安定的かつ協調的な産業発展を目指す方針とされている。

BOCIによると、一般航空セクターへの投資においては、オフショア石油サービス、航空ライセンス訓練、基本支援システム(メンテナンス、トレーニング、FBO=運航支援事業者など)に代表される従来型分野が最も有力。ただ、このほかに二次的分野においても、すでにいくつかの投資テーマが浮上しているという。

BOCIは同セクターの注目銘柄として、深セン市場に上場する以下の2銘柄に言及している。うち一つは中信海洋直升機(000099)。同社は中国最大のオフショア石油サービス・プロバイダーであり、先進型のヘリコプター部隊を保有。また、農林分野の航空サービスやメンテナンス、航空訓練を含む各種サービスを手がける。

もう1社は四川海特高新技術(002023)であり、同社は機内搭載型の航空電子工学機器のメンテナンス事業者としては国内最大。サービス内容は多岐にわたり、幅広い顧客を持つ。また、同社はワンストップ型の航空機メンテナンスビジネスの開発を進める一方、航空技術の研究開発や訓練、航空機供給およびリースサービスにも従事している。

 

 

 

 

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

つみたてNISA
人気記事ランキングTOP

 

このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください中国一般航空(ゼネラル・アビエーション)セクター

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

中国一般航空(ゼネラル・アビエーション)セクター

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント

 

 
フレッシャーズ

 
タイムトリップ
 

 

 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。