facebook twitter
イエレン講演を受け、やや円安進む
窪田 真之
3分でわかる!今日の投資戦略〔平日毎朝8時掲載〕
楽天証券経済研究所の窪田真之と香川 睦が、日本株市場の分析と投資戦略をレポートします。 ともに元ファンドマネージャーであり、国内外のマーケット動向に精通。運用者、分析者としての幅…

イエレン講演を受け、やや円安進む

2016/6/7
6日の日経平均は、62円安の16,580円でした。朝方、319円安の16,322円まで下がりましたが、その後、下げ幅を縮小しました。朝方、1ドル106.62円だった為替が、午後には1ドル107円まで円安へ動いたことが、日経平均が下げ幅を縮小する要因となりました。
facebook twitter メールで送る 印刷

執筆:窪田真之

6日の日経平均は、62円安の16,580円でした。朝方、319円安の16,322円まで下がりましたが、その後、下げ幅を縮小しました。朝方、1ドル106.62円だった為替が、午後には1ドル107円まで円安へ動いたことが、日経平均が下げ幅を縮小する要因となりました。

先週末に発表された5月の米雇用統計はネガティブ・サプライズ(弱くて驚き)でしたが、米景気の実態はそんなに悪くないとの見方が主流です。「米早期利上げが難しくなり、円高が進んだこと」は日本株にネガティブですが、「米景気が回復しつつあるにもかかわらず、利上げがしにくい環境になった」ことは、世界の株式にとって追い風です。世界的なリスクオフが始まったわけではないので、日経平均だけが大きく下がることはないとの見方も出て、6日午後は日経平均を買い戻す動きが出ました。

7日の日本時間午前6時30分現在、為替は1ドル107.59円、CME日経平均先物(6月限)は16,650円でした。イエレンFRB議長が、6日の講演で「FF金利をゆるやかに(gradually)引き上げることがたぶん必要になる」との発言を繰り返したことから、やや円安(ドル高)が進みました。ただし、利上げの時期を明示せず、利上げを急ぐ必要もないととれる語りぶりであったことから、早期(6月・7月)利上げの期待は低下しました。

(1)とりあえずボックス圏内に留まった日経平均

日経平均は今、16,500-17,000円を中心とするボックス圏に収束しつつあります。

日経平均週足:2015年1月4日―2016年6月6日

(注:楽天証券マーケットスピードより筆者作成)

為替が1ドル111円の円安水準をつけたとき、17,234円まで上昇してボックスの上抜けを試しましたが、為替が円高に反転したために、日経平均はボックス圏内に打ち返されました(ピンク色の矢印をつけたところ)。

昨日の午前中は、1ドル106円台に進んだ円高を嫌気して、日経平均はボックス圏の下抜けを試しましたが、午後に下げ幅を縮小し、一旦ボックス圏内に戻りました(水色の矢印をつけたところ)。

日経平均は、しばらくボックス圏内で推移する可能性もあります。ただし、三角もち合いは徐々に収束しており、近く、上か下へ抜ける可能性もあります。為替が鍵となります。その為替に影響するのが、米金融政策です。

イエレンFRB議長は6日の講演で、5月の米雇用統計が弱かったこと、世界経済に不透明要因があることに言及しました。ただし、「先行き雇用を増加させ、インフレ率を上昇させるポジティブな力が、ネガティブな力を上回ると考えるのに十分な理由がある」と語り、ゆるやかに金利の正常化(利上げ)を進めるべきであるとの見解を示しました。ただし、時期を明示せず、早期利上げの期待は低下しました。

(2)原油価格が堅調であることは、米景気に追い風

6月2日にウイーンでOPEC総会が開かれました。事前予想通り、増産凍結で合意することはできませんでした。原油先物は、このニュースを受けて一瞬下がりましたが、すぐに持ち直しました。

OPECが増産凍結で合意できないことは、織り込み済みでした。今、原油市場で注目されているのは、米シェールオイルの生産が減り始めたことと、米国・インド・中国などの需要が増加していることです。

EIA(アメリカエネルギー省)の見通しでは、OPECが今年日量1.6百万バレル増産しても、シェールオイルの生産減少と、世界の需要増加によって、世界の原油需給は来年初めに均衡するということです。

1-3月の米景気を失速させたのは、原油急落とドル高です。米国のエネルギー産業と、輸出産業の業績が悪化しました。今、米景気が持ち直しているのは、原油反発と、ドル安の恩恵によります。4-5月の雇用統計(非農業部門の雇用者増加数)が良くなかったのは、エネルギー産業の雇用調整が響いているからです。

原油がここから急反落しなければ、エネルギー産業の雇用も持ち直すでしょう。そうなると、6月の雇用統計は、回復に向かうはずです。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

 
世界のリスク
はじめての下落相場
年末高
ラクしてちょい稼
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせくださいイエレン講演を受け、やや円安進む

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

イエレン講演を受け、やや円安進む

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
世界のリスク
 
はじめての下落相場
 
投資の失敗
 
お宝優待株
 
人気記事ランキング
デイリー週間月間
投資ワクワク
 
年末高
 
人気ブロガー
 
NISAつみたてNISAロールオーバー
 
はじめよう株主優待生活
 
老後破綻
 
動画でわかる
 
キャリマガ
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。