facebook twitter
休暇中の海外市場の動き米景気は強いか弱いか
窪田 真之
3分でわかる!今日の投資戦略〔平日毎朝8時掲載〕
楽天証券経済研究所の窪田真之と香川 睦が、日本株市場の分析と投資戦略をレポートします。 ともに元ファンドマネージャーであり、国内外のマーケット動向に精通。運用者、分析者としての幅…

休暇中の海外市場の動き米景気は強いか弱いか

2016/5/6
ゴールデンウイークの谷間となった5月2日の日経平均は、円高進行を嫌気して518円安の16,147円となりました。今日は、ゴールデンウイーク中の海外市場の動きと、米景気の現状についての考え方を報告します。
facebook twitter メールで送る 印刷

ゴールデンウイークの谷間となった5月2日の日経平均は、円高進行を嫌気して518円安の16,147円となりました。今日は、ゴールデンウイーク中の海外市場の動きと、米景気の現状についての考え方を報告します。

(1)為替の動き

現在の日本株の動きにもっとも大きい影響を及ぼしているのは、為替です。まず、為替から報告します。

ドル円為替レート推移:2016年1月1日―5月5日(日本時間19時)

ゴールデンウイーク中の5月3日に一時、1ドル105.50円まで円高が進みました。ただし、その後、円高進行の速さに対する警戒からドルに買い戻しが入り、1ドル107円台の前半まで円安に戻っています。今朝(5月6日)の午前6時現在は、1ドル107.26円となっています。

先日のレポートに書いた通り、円高急伸の背景は、以下の3点です。

  • 4月28日に日銀が追加緩和を見送ったこと。
  • 米国の利上げ見通しが低下したこと。
  • 米国が、日本を為替操作(円安誘導)国に指定し、監視するとしたこと。

それでは、休暇中に105.50円まで円高を試してから、一旦107円台まで円安に戻した理由は何でしょうか?短期筋の注目点は以下の2点と思います。

  • 日銀による(円売り・ドル買い)為替介入への警戒

短期筋は、「(米国からの政治的圧力介入によって)介入はできない」と踏んで、円買いを進めてきました。万一、介入があると一時的に大きく円安に戻る可能性もあるので、円急伸後には、一旦(円の)利益確定売りを入れるようにしています。米国が賛同しないドル買い介入をやる場合、海外での委託介入(日銀が欧米の中央銀行に為替介入を委託すること)は不可能なので、東京市場でやるしかありません。短期筋から見ると、円高は海外市場の方が仕掛けやすくなっています。最近、円が高値を取るのはロンドン市場が多くなっています。一方、海外で円高を進むと、東京市場に戻る前に、一旦、円買いポジジョンを手仕舞いたいとの心理も働きます。

  • 5月6日に重要イベント(4月の米雇用統計発表)を控えていること

雇用統計が強く、6月利上げの見通しが復活すると、ドル買い(円売り)に動く可能性もあるので、雇用統計の内容を見極めたいとの気持ちもあります。

(2)CME日経平均の動き

為替を見ながら、動いています。一時105.50円まで円高が進んだ5月3日には、一時15,825円まで下がりました。その後、107円台まで円安に戻りましたが、まだ円高トライが終わったと判断できないことから、日経平均先物は上値が重いままです。5月5日のCME日経平均先物(6月限)は、16,045円(5月2日の日経平均終値と比べて▲102円)となっています。

(3)米景気は強いか弱いか?今晩発表の米雇用統計に注目

円高トライが終わらない限り、日経平均の本格的な反発は難しいと思います。円高が終わり、ドルが買われるためには、米景気が強く、6月にも利上げがあり得るとの見方が広がることが必要です。鍵を握るのは、4月以降の米景気の状況です。米景気は昨年まで堅調を維持してきましたが、今年の1-3月は減速感が出ました。1-3月の米GDP(速報値)は、前期比年率0.5%増に減速しました。

1-3月はドル高によって製造業の業績が悪化しました。また、原油急落によってシェールガス・オイル産業など石油関連産業の業績が悪化しました。今、発表中の、1-3月の米企業業績も冴えません。

ただし、4-6月には米景気が改善している可能性があります。足元、ドルが主要通貨に対して全面安となり、また、原油価格が急反発しているからです。4-6月の景気指標を見ながら、6月利上げの可能性を探っていくことになります。その試金石として、今晩、発表になる4月の米雇用統計は、重要です。

なお、ゴールデンウイーク中に発表された4月のISM製造業・非製造業景況指数は、堅調でした。

米国ISM製造業・非製造業景況指数の推移:2014年1月―2016年4月

(出所:米ISM供給管理公社)

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

1周年特集
投資の失敗
桐谷広人
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください休暇中の海外市場の動き米景気は強いか弱いか

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

休暇中の海外市場の動き米景気は強いか弱いか

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
1周年特集
 
ハゲタカ
 
世界のリスクを総点検
投資の失敗
 
はじめての下落相場と損
 
株主優待・桐谷広人
美白YouTuberが紹介!無理なくカンタンな貯蓄術のススメ
 
老後破綻
 
動画でわかる
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。