お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
日経平均は1万7千円前後で膠着週末イベント注意
窪田 真之
3分でわかる!今日の投資戦略
楽天証券経済研究所の窪田真之と香川 睦が、日本株市場の分析と投資戦略を毎営業日レポートします。 ともに元ファンドマネージャーであり、国内外のマーケット動向に精通。運用者、分析者と…

日経平均は1万7千円前後で膠着週末イベント注意

2016/3/30
29日の日経平均は、前日比30円安の17,103円でした。29日は3月決算の配当落ち日でした。配当落ち分が約127円あります。
facebook twitter 印刷する

29日の日経平均は、前日比30円安の17,103円でした。29日は3月決算の配当落ち日でした。配当落ち分が約127円あります。配当落ちを考慮すると、29日の日経平均は実質97円高だったことになります。朝方、1ドル113.30円で推移していた為替が、東京市場の大引け時に、1ドル113.60円まで円安が進みましたが、円安が好感されて、日経平均もジリ高となりました。

(1)配当落ち127円の説明

29日は、3月決算の配当金を受け取る権利が確定した日でした。配当金額は現時点で確定していませんが、予想値はあります。日経平均採用銘柄で計算すると、約127円分(約0.74%)の配当金が支払われると、予想されています。

28日大引けに日経平均を1単位保有していた投資家は、29日に、配当金約127円を受け取る権利を確定させました。したがって、29日の日経平均が前日比で127円下がっても、投資家の保有する価値は横ばいです。配当金127円を受け取る権利を獲得していますので、昨日(29日)は、日経平均が127円安でも、実質横ばいと見なせるわけです。

昨日の日経平均は30円安でしたので、配当金受け取り権127円を得ていることを勘案すると、実質、97円高と同じです。

(2)今週はドル円為替レートに密着した値動きが続いている

今週は、週末4月1日(金)に為替相場に影響を与えるイベント【注】があることから、為替レートの動きに注目が集まっています。

【注】米国で3月雇用統計、3月ISM製造業景況指数、日本で3月日銀短観の発表があります。4月のFOMC(米金融政策決定会合:4月26・27日)で利上げがあり得るのか、判断する重要指標となります。

最近は、為替を見ながら、日経平均も動いています(円高なら下げ、円安なら上げ)。今週は、米FRB(中央銀行)要人から「タカ派(早期利上げに賛成)」発言が目立ち、「4月にも利上げがあるか?」との思惑が広がり、ジリジリと円安(ドル高)が進んでいます。円安を好感して、日経平均も堅調です。

ただし、1ドル114-115円のところに厚い壁があり、そこを超えて円安が進まない限り、本格的な円安転換とはみなされません。113円台の円安では、日経平均も、17,000円を大きく越えて上昇するのはむずかしくなっています。

ドル円為替レートの動き:2016年1月1日―3月29日(日本時間18時)

週末のイベントで、1ドル114円を越える円安が進むか、あるいは打ち返されて再度円高に進むか、注目されます。

(3)その時々で短期筋が注目するものは変わる:今は為替が重要

今日は、為替に焦点を当てて、解説しました。今週は、為替を見ながら日経平均が動いていると感じているからです。

けっして日本株が為替だけで動くわけではありません。原油先物、NYダウ、上海総合株価指数、要人発言、その他いろいろな要因で株は動いています。ただ、短期筋が注目する指標は、その時々で変わり、今週は、為替が特に見られているように思います。

引き続き、為替と原油先物の動きは、特に注目していく必要があると思っています。

WTI原油先物(期近)の動き:2016年1月4日―3月28日

4月17日にOPEC・非OPECの主要産油国による会合があり、増産凍結についてなんらかの合意が得られると期待されています。4月17日前後に原油先物がまた大きく動く可能性に注意が必要です。会合での合意の中身により、上へも下へもどちらにも大きく動く可能性があります。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

はじめよう株主優待
人気記事ランキングTOP
トウシル TOP
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください日経平均は1万7千円前後で膠着週末イベント注意

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

日経平均は1万7千円前後で膠着週末イベント注意

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。