facebook twitter
今週の日本株見通し
窪田 真之
3分でわかる!今日の投資戦略〔平日毎朝8時掲載〕
楽天証券経済研究所の窪田真之と香川 睦が、日本株市場の分析と投資戦略をレポートします。 ともに元ファンドマネージャーであり、国内外のマーケット動向に精通。運用者、分析者としての幅…

今週の日本株見通し

2016/3/22
先週の日経平均は、1週間で214円下がって16,724円となりました。WTI原油先物が一時1バレル40ドルに乗せ、NYダウが6日連騰するなど、世界的にリスク資産を買い戻す流れは続いていましたが、一時1ドル110.62円まで円高が進んだことが嫌気され、日経平均は下がりました。
facebook twitter メールで送る 印刷

先週の日経平均は、1週間で214円下がって16,724円となりました。WTI原油先物が一時1バレル40ドルに乗せ、NYダウが6日連騰するなど、世界的にリスク資産を買い戻す流れは続いていましたが、一時1ドル110.62円まで円高が進んだことが嫌気され、日経平均は下がりました。今週の日経平均は、円高への警戒が上値を抑えますが、原油先物の上昇が強材料となり下値を支えそうです。原油価格の上昇は、長期的には日本経済にマイナスですが、短期的には原油が上がれば上がるほど、世界の景気も日本の景気にもプラスという状況が続いています。今週の日経平均は大きくは上下とも動きにくい展開となりそうです。

3月22日の日本時間午前6時現在、為替は1ドル111.96円とやや円安に戻りました。CME日経平均先物は16,755円となっています。

(1)円高を試す流れが続いていることに注意

ドル円為替レートの動き:2016年1月1日-3月21日
(日本時間午後1時)

2-3月のドル円為替レートを見ると、ドル高(円安)材料が出て円安が進んでも、1ドル114円ではきっちり打ち返されて、円高に反転しています。114-115円の壁は厚くなってきている印象です。

一方、円高を試す動きは、まだ継続していると考えられます。3月17日のロンドン市場で、一時1ドル110.62円をつけ、2月11日にロンドン市場でつけた水準(1ドル110.97円)を超える円高となりました。ただし、3月17日は、直後に日銀によるレートチェック(注)があったとの噂が広がり、ドルを買い戻す動きが広がりました。

(注)日銀によるレートチェック

日本銀行の為替担当者が民間銀行に電話をかけて、為替市場のレートや取引状況をヒアリングすること。円高が進んでいる時にレートチェックが入ると、日銀による為替介入(円売り・ドル買い)が入るのではないかという思惑を生じることがある。日銀が円高をけん制するために行っているとの説もあるが、真偽は不明。

日銀によるレートチェックの噂で、一旦円安に戻ってはいるものの、再度円高を試す動きが出る可能性もあります。日銀が今、為替介入(円売り・ドル買い)を行うと、「為替操作国」として海外から非難される可能性が高く、為替介入が行われる可能性は低いと考えられます。

日銀は、これまで量的緩和によって、円安を進めてきました。1月にはマイナス金利を導入して、さらに円安を後押しようとしました。これに対して、海外から日本を為替操作国として、非難する動きが、少しずつ出始めています。G20では、日本を名指しすることはありませんでしたが、金融緩和による通貨安競争を非難する議論が行われました。

なお、アメリカは、公式には日本の円安誘導を問題視していませんが、共和党の大統領候補者であるドナルド・トランプ氏が、日本の円安誘導を強く非難し、それを米国の大衆が支持していることに注意が必要です。ドル高によって輸出企業の業績が悪化している米国で、日本の円安誘導を容認すべきでないとの議論が出始めていることに注意が必要です。

(2)その他の円高要因

資源価格の急落によって、日本の貿易収支が黒字化し、その黒字幅が拡大していく見込みであることも、ドル安(円高)要因となります。ただし、貿易収支による為替取引は、資本収支の為替取引に比べると、圧倒的に規模が小さいので、貿易収支が、為替を動かすことはめったにありません。

為替を動かす主力は、あくまでも資本収支です。それは、変わりません。したがって、資本収支に影響する、①日米金利差と②日米金融政策の差が、為替を動かす主要因という考えは、変える必要はありません。貿易収支は、たまに話題となり、心理的に為替市場に影響を及ぼすだけです。

ただし、今のように、米国や海外から、日本の貿易黒字と円安誘導を非難する声が出る兆しがあると、貿易収支にも注目が集まります。今は、米国が利上げしにくいムードが広がっていること、日本の円安誘導を非難する声が出始めていることが、円高要因として、投機筋が材料視する可能性があります。

(3)円安要因

米景気が堅調で、いずれ利上げが必要になるという観測が残っていることが、ドル安(円高)を阻止する要因となります。原油価格の反発が続くと、米国景気の足を引っ張っている石油関連産業が息を吹き返しますので、それも、ドル高(円安)要因となりえます。

米景気指標および、原油先物の動きからも、目が離せません。

WTI原油先物:2016年1月4日-3月18日

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

2018年9月株主優待祭
人気ブロガー
NISAつみたてNISAロールオーバー
トウシル1周年特集
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください今週の日本株見通し

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

今週の日本株見通し

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
2018年9月株主優待
 
お宝優待株
 
10万円株
NISAつみたてNISAロールオーバー
 
投資の失敗
 
人気ブロガー
 
トウシル1周年特集
老後破綻
 
動画でわかる
 
美白YouTuberが紹介!無理なくカンタンな貯蓄術のススメ
 
ふるさと納税
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。