お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
マイナス金利が金融業に与える影響
窪田 真之
3分でわかる!今日の投資戦略〔平日毎朝8時掲載〕
楽天証券経済研究所の窪田真之と香川 睦が、日本株市場の分析と投資戦略をレポートします。 ともに元ファンドマネージャーであり、国内外のマーケット動向に精通。運用者、分析者としての幅…

マイナス金利が金融業に与える影響

2016/3/8
7日の日経平均は、103円安の16,911円でした。先週末に17,000円台を回復したことから、7日は利益確定売りが出ました。
facebook twitter メールで送る 印刷

7日の日経平均は、103円安の16,911円でした。先週末に17,000円台を回復したことから、7日は利益確定売りが出ました。

さて、今日は、日銀が1月29日に導入を発表したマイナス金利が、金融業の株価にどのような影響を与えているか、ご報告します。

(1)マイナス金利導入で、10年国債の利回りもマイナスに

2年・5年・10年もの国債利回りの推移:2016年1月4日―3月4日

日銀は、現在、1年間に80兆円の国債を金融機関から買い取る「量的緩和」を実行中です。日銀は、金融機関から国債を買い取った代金を、その金融機関が日銀に保有する当座預金口座に入金します。銀行が貸し出しを増やしやすいように、資金を渡しているわけです。

ところが、その買い取り代金は、ほとんどそのまま日銀の当座預金に預けられたままです。有望な貸し出し先の無い金融機関は、国債を売却した代金を日銀に預けたままでした。これまでは、日銀が年率0.1%の利息を支払ってくれていたので、金融機関は預けっぱなしで問題ないと判断していました。

今回、民間金融機関が、日銀に新規に当座預金に預ける資金には、▲0.1%のマイナス金利が適用されることになりました。これまでは、日銀に資金を預けることで、金利をもらっていたのに、これからは金利を取られることになったのです。

民間金融機関は、これまでのように、プラスの利回りが出る国債を日銀に売り渡さなくなりました。日銀は、利回りがマイナスになるまで買い取り価格をあげないと、国債を売ってもらえなくなりました。それで、10年国債まで、マイナス利回りに入ったのでした。

(2)マイナス金利の影響は、同じ金融業でも、業態により異なる

結論から言うと、生命保険業には、大きなダメージが及びます。また、銀行にも利ざや縮小のマイナス影響が及びます。一方、損害保険業は、あまり影響を受けません。また、消費者金融業は、逆にメリットを受ける可能性が高いといえます。

銀行は、業務の多様化ができているか否かで、影響の受け方が異なります。私は、3メガ銀行への影響は相対的に小さいが、地方銀行や中小金融機関への影響は大きいと考えています。また、資金運用の国債への依存度が高いゆうちょ銀行(7182)にも、ダメージが及びます

詳しい説明は、以下のレポートをご参照ください。

2月2日レポート「マイナス金利が銀行・生損保・その他金融に与える影響」

このように金融は業態により、メリット・デメリットがはっきり分かれます。それがマイナス金利発表後の株価に表れています。

マイナス金利導入発表後の株価騰落率

コード 銘柄名 業態 3月7日株価 株価騰落率
(1月28日との比較)
8572 アコム 消費者金融 553 9.7%
8410 セブン銀行 銀行(決済中心) 500 5.5%
8591 オリックス リース 1576.5 -0.1%
- 日経平均株価225種 株価指数 16911.32 -0.8%
8766 東京海上HLDG 損害保険 4012 -1.7%
8306 三菱UFJ FG 大手銀行 553.2 -11.8%
8750 第一生命保険 生命保険 1455 -13.3%
7182 ゆうちょ銀行 大手銀行 1358 -13.9%

(注:株価騰落率は、マイナス金利導入発表直前の1月28日の株価と、3月7日の株価を比較して計算:楽天証券経済研究所が作成)

私は、3メガ銀行は、マイナス金利のニュースで、売られ過ぎと判断しています。好配当利回り株として、長期投資していけると考えています。ただし、それ以外の銀行は、マイナス金利が業績に与える影響を見極めるまでは、積極的に投資しにくいと考えています。損保やリースも投資魅力はあると考えていますが、マイナス金利のダメージが大きい生命保険を、今あえて投資すべきではないと考えています。

上記の表の銘柄の一部について、株価の動きをグラフで示したのが、以下です。

金融主要各社のマイナス金利導入後の株価推移

(注:日銀によるマイナス金利導入の発表直前(1月28日)の株価を100として、指数化。楽天証券経済研究所が作成)

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

つみたてNISA
人気記事ランキングTOP

 

このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせくださいマイナス金利が金融業に与える影響

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

マイナス金利が金融業に与える影響

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント

 

 
フレッシャーズ

 
タイムトリップ
 

 

 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。