facebook twitter
年末の日経平均予想を下方修正
窪田 真之
3分でわかる!今日の投資戦略〔平日毎朝8時掲載〕
楽天証券経済研究所の窪田真之と香川 睦が、日本株市場の分析と投資戦略をレポートします。 ともに元ファンドマネージャーであり、国内外のマーケット動向に精通。運用者、分析者としての幅…

年末の日経平均予想を下方修正

2016/2/24
2016年末の日経平均予想レンジを引き下げます。年初には、年末に20,000-23,000円の範囲まで上昇すると予想していました。今回、18,000-21,000円と、予想レンジの上限・下限を2,000円ずつ引き下げます。
facebook twitter メールで送る 印刷

2016年末の日経平均予想レンジを引き下げます。年初には、年末に20,000-23,000円の範囲まで上昇すると予想していました。今回、18,000-21,000円と、予想レンジの上限・下限を2,000円ずつ引き下げます。円高の進行により、今来期の企業業績の伸びが低くなることが、予想変更の主因です。

(1)今来期の企業業績予想を修正

今来期の企業業績見通しを以下の通り、引き下げました。

東証一部上場の3月期決算主要790社(除く金融)経常増益率

2016年3月期 前回予想 +  12%
今回予想 +  6%
2017年3月期 前回予想 +  7%
今回予想 +  4%

(出所:楽天証券経済研究所、IFRS・米国基準採用企業は連結税前利益を経常利益とみなして集計)

今期(2016年3月期)および来期(2017年3月期)の企業業績予想を下方修正することになった主因は、以下の通りです。

  • 為替見通しの変更

年初には、「2016年は1ドル115-125円(平均120円)で推移」と予想していました。今回、「1ドル108-115円(平均112円)で推移」と予想を変更しました。今年、米FRBが何回利上げをするかが、ドル円為替レートに大きな影響を与えます。私は、年末1回だけ0.25%の追加利上げが実施されると予想しています。利上げ回数が私の予想より多ければ、為替は、私の予想より円安(ドル高)に向かうでしょう。ただし、米景気が失速し、利上げが1回もない場合には、さらなる円高が進むリスクがあります。

今期は、期末(3月)まで残りわずかなので、円高が企業業績に与える影響はそれほど大きくありませんが、来期の企業業績には大きなマイナス影響が及びます。

  • 原油価格の見通しを変更

年初には、「2016年はドバイ原油が1バレル40ドルへ反発」と想定していました。ところが、原油の供給過剰が長期化していることを受け、現在は、「2016年は1バレル30ドルで推移」と予想を修正しました。

原油価格の前提が下がったことで、今期(2016年3月期)の企業業績見通しは引き下げました。高値で仕入れた原料在庫が残っていることによる在庫評価損の発生や、海外の資源権益に減損が発生することが、今期の業績見通しを下げた理由です。ただし、資源安は、来期の企業業績にはプラス寄与すると考えています。高値在庫が減少することで、原料安メリットが得られるようになります。また、来期に電力料金やガス料金の低下が見込まれることも、プラス寄与します(原発再稼動は予想に織り込んでいません。LNG火力発電の燃料費低下分が電力料金引下げに反映すると見ています)。

来期は、円高による減益効果を、資源安による増益効果でカバーするイメージです。ただし、原油価格が、1バレル20ドルに向けて下落する場合は、来期の企業業績見通しをさらに下げる必要が生じます。原油安は、長期的に日本経済にプラスですが、短期的にはマイナス効果が先行します。

(2)日経平均の予想を修正

以下の通り、日経平均の予想を修正します。

  年末予想 PER評価
メイン・シナリオ 21,000円 16.8倍
リスク・シナリオ 18,000円 14.4倍

(出所:楽天証券経済研究所)

(3)2016年に想定するリスクは変わっていない

昨年12月30日のレポート(2016年の日経平均見通し)で、想定していた2016年のリスクは、以下の4つです。想定するリスク項目は今も変わっていません。

  • 中国景気変調のリスク
  • 資源安ショック
  • 円安終焉
  • 地政学リスク

アメリカの利上げリスクについて、昨年末のレポートには、以下の通り、記載しています。

「2016年のリスクとして、アメリカの追加利上げを挙げる人が多いと思います。2016年に何回追加で利上げするかが、金融市場の大きな注目点となっています。エコノミストの間には、2回~4回の追加利上げを予想する声が多くなっています。もし本当に4回も追加利上げすると、世界的な株安につながる可能性があります。私は、アメリカは、2016年末に1回だけ追加利上げすると予想しています。したがって、アメリカの利上げが世界的株安を招くとは考えていません。むしろ、アメリカの利上げが市場の期待通りに進まないことによって、円安(ドル高)が進まなくなることの方が、日本株にとって警戒すべき要因となります。そういう理由から、私は、2016年のリスク要因に「アメリカ利上げ」を挙げないで、代わりに「円安終焉」を挙げています。」

言い訳になりますが、基本的な考えは間違えていなかったのですが、年初からいきなり一時1ドル110円台まで円高が進むことは予想できませんでした。結果として、早々に日経平均の見通しを下方修正することになりました。

予想精度を高めることは永遠の課題です。今回の失敗を踏まえつつ、今後さらに予想精度を高められるよう、日々努力を続けます。今後とも、本レポートを宜しくお願いいたします。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

1周年特集
投資の失敗
桐谷広人
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください年末の日経平均予想を下方修正

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

年末の日経平均予想を下方修正

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
1周年特集
 
世界のリスクを総点検
 
投資の失敗
TOP100ランキング
 
はじめての下落相場と損
 
株主優待・桐谷広人
美白YouTuberが紹介!無理なくカンタンな貯蓄術のススメ
 
老後破綻
 
動画でわかる
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。