facebook twitter
新春セミナー資料と今週の日本株見通し
窪田 真之
3分でわかる!今日の投資戦略〔平日毎朝8時掲載〕
楽天証券経済研究所の窪田真之と香川 睦が、日本株市場の分析と投資戦略をレポートします。 ともに元ファンドマネージャーであり、国内外のマーケット動向に精通。運用者、分析者としての幅…

新春セミナー資料と今週の日本株見通し

2016/1/12
先週の日経平均は、昨年末から1335円(7%)安い17,697円となりました。世界同時株安となる中、リスク資産が一斉に売られる世界的な「リスク・オフ」相場となりました。
facebook twitter メールで送る 印刷

先週の日経平均は、昨年末から1335円(7%)安い17,697円となりました。世界同時株安となる中、リスク資産が一斉に売られる世界的な「リスク・オフ」相場となりました。WTI原油先物も安値を更新しました。為替市場では、安全通貨として円が買われました。

本レポートの末尾に、1月10日の新春セミナー資料へのリンクをつけています。ご一覧いただけると幸甚です。

(1)日本市場が閉まった後の米国市場の動き

  • 1月8日(金):世界的な「リスク・オフ」が継続しました。
  • NYダウ:16,346ドル(前日比167ドル安)
  • CME日経平均先物:17,280円(1月8日の日経平均終値比417円低い水準)
  • 為替:1ドル117.21円(前日比0.42円のドル安(円高))
  • 1月11日(月):NYダウは小反発、為替はやや円安が進行しましたが、CME日経平均先物は低い水準にとどまっています。
  • NYダウ:16,398ドル(前日比52ドル高)
  • CME日経平均先物:17,390円(1月8日の日経平均終値比307円低い水準)
  • 為替:日本時間12日午前6時30分時点で1ドル117.70円(前日比0.49円のドル高(円安))

(2)今週の日本株見通し

日本市場が締まっている間の海外市場を見ると、まだ世界的な「リスク・オフ」が収束していないと考えられます。今週の日経平均はさらに下落して始まることが予想されます。11日のNYダウは小反発しましたが、上海総合株価指数・WTI原油先物の下落は継続しています。

ポイントとなるのは、1月8日のNYダウの動きです。8日に発表された12月の米雇用統計がポジティブ・サプライズ(強くて驚き)だったにもかかわらず、円安(ドル高)が進まず、NYダウは下落しました。米景気が堅調と判断できることは、世界景気にとってプラス材料ですが、今はそれを評価できる相場の流れとなっていません。中国や資源国(ブラジル・ロシアなど)の景気不安が大きいために、世界的にリスク・オフの株売り・円買いが続いている状況に、現時点で変化がありません。

(3)ポジティブ・サプライズだった12月の米雇用統計

12月の米雇用統計は、強い内容でした。もっとも注目の高い「非農業部門の雇用者増加数」が、12月は前月比で29万2000人の増加と、景気が好調と判断される分かれ目(20万人の増加)を大幅に上回りました。10月から12月まで3ヶ月連続で20万人を上回る増加となったことから、米景気は夏場の減速から立ち直り、好調に推移していると判断されます。

ただし、天候要因(暖冬)で、雇用が増加している部分は少し割り引いてみる必要があります。暖冬で建設工事が進みやすく、建設業の雇用増加が大きくなっています。なお、12月の完全失業率は、5%と低い水準に留まっています。

非農業部門の雇用者増加数推移:2014年1月―2015年12月

完全失業率推移:2014年1月―2015年12月

(出所:米労働省)

(4)アベノミクス相場は終わったのか?

私は、アベノミクス相場は終わっていないと考えています。新興国の投資魅力が低下し、相対的に先進国(日米欧)の魅力が高まっている現状に変わりなく、中でも日本の自動車・機械産業の競争力回復が目立ちます。独フォルクスワーゲンの不祥事でクリーン・ディーゼル車の競争力が低下したことは、ハイブリッド車で高い技術を持つトヨタ自動車(7203)に追い風です。また、日本企業に、生き残りを賭けた合併・経営統合が増えていること、日本企業が株主への利益還元に積極的になりつつあることも、日本株の投資魅力を高めることに寄与しています。政治面では、農業改革・TPP大筋合意・法人減税・郵政完全民営化へのステップ・空港民営化・マイナンバー(電子政府へのステップ)実現など、構造改革が進んでいる点に注目しています。ただし、来年実施予定の消費増税には警戒が必要と考えています。

(4)新春セミナー資料

1月10日横浜で開催されました弊社新春セミナーに多数の方のご来場をたまわりまして、誠にありがとうございました。私の講演で使用した資料は、以下の青文字部分をクリックしていただくと、ご覧いただけます。「新春セミナー資料」 PDF ご一覧いただけると幸甚です。

なお、皆様からたくさんのコメント・ご質問をいただき、ありがとうございます。すべてに目を通しています。質問にご回答できていないことばかりで、申し訳ありません。これまでにいただいているご質問やコメントに、明日から少しずつ回答していこうと思います。なにとぞ、よろしくお願いいたします。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

株主優待生活
投資の失敗
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください新春セミナー資料と今週の日本株見通し

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

新春セミナー資料と今週の日本株見通し

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
天野ひろゆきインタビュー
 
ふるさと納税
 
はじめよう株主優待生活
人気記事ランキング
デイリー週間月間
投資ワクワク
 
投資の失敗
 
年末高
人気ブロガー
 
老後破綻
 
動画でわかる
 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。