facebook twitter
パリ同時多発テロを嫌気し調整今週の日本株見通し
窪田 真之
3分でわかる!今日の投資戦略〔平日毎朝8時掲載〕
楽天証券経済研究所の窪田真之と香川 睦が、日本株市場の分析と投資戦略をレポートします。 ともに元ファンドマネージャーであり、国内外のマーケット動向に精通。運用者、分析者としての幅…

パリ同時多発テロを嫌気し調整今週の日本株見通し

2015/11/16
今週の日経平均は、11月13日(金)の夜にパリで起こった同時多発テロを嫌気して、調整が予想されます。本日の朝、発表になる7-9月の日本のGDPが、市場予想通り、前期比年率で▲0.1%となれば、4-6月に続く2四半期連続のマイナスで、日本の景気回復にも疑問符がつきます。
facebook twitter メールで送る 印刷

今週の日経平均は、11月13日(金)の夜にパリで起こった同時多発テロを嫌気して、調整が予想されます。本日の朝、発表になる7-9月の日本のGDPが、市場予想通り、前期比年率で▲0.1%となれば、4-6月に続く2四半期連続のマイナスで、日本の景気回復にも疑問符がつきます。

(1) 先週は日経平均が上昇(+331円)する間にNYダウは下落(▲665ドル)

NYダウは、パリでテロがあったニュースを嫌気し、13日は▲202ドルの17,245ドルとなりました。9月以降の反発局面が一旦終了した印象です。

NYダウ週足:2014年1月4日~2015年11月13日

日経平均は、世界的な株高につれて反発していましたが、NYダウの調整につれて、今週は調整局面となりそうです。13日のCME日経平均先物は19,415円と、13日の日経平均終値(19,596円)よりも181円低い水準まで下がっています。CME日経平均先物には、パリ同時テロの影響が完全には織り込んでいない可能性もあり、今週の日経平均下げ幅はさらに大きくなる可能性もあります。

日経平均週足:2014年1月4日~2015年11月13日

(2)パリ同時テロの影響を最初に織り込むのが、東京市場となる

13日夜(日本時間14日早朝)、パリ市内と近郊の6か所でほぼ同時刻にテロが起こり、129人が死亡しました。250人以上の負傷者には重傷者も含まれており、死亡者数は今後増える可能性もあります。過激派組織IS(イスラム国)が犯行声明を出しており、オランド大統領は、フランス全土に非常事態宣言を発令しました。事件の犠牲になられた方々に哀悼の意を表します。

この事件の影響を、世界で最初に織り込むのが、今日の東京市場になります。欧州市場のしまった後に起こった事件なので、欧州市場は織り込んでいません。米国市場には、ある程度は織り込まれました。ただし、事件の全貌が報道されてから最初に開くのは、今日の東京市場になります。

欧米株がさらに下がることが見込まれるため、今日の東京市場では、外国人投資家による「リスクオフ」の日本株売りが出る可能性があります。

(3)ISによるテロ警戒が強まる間、金融市場ではリスクオフモードが広がる

欧米諸国とISの対立は根が深く、短期的な解決は見込まれません。今後テロの影響が世界中に拡散していく間、世界の金融市場は、警戒モードに入る可能性があります。フランスを含め欧州各国では、テロへの警戒が厳重になり、経済活動に短期的に悪影響を及ぼす可能性もあります。欧米で移民排斥運動が活発になれば、それが新たな負の連鎖を生む、リスクもあります。

ところで、10月31日にエジプトを出発したロシア旅客機がシナイ半島に墜落し、乗客乗員224人が犠牲になった件も、ISによるテロとの見方があります。ISが犯行声明を出したことに対し、当初は、単なる宣伝のためとの見方もありました。ただ、ロシアがシリア領内のISへの空爆を始めた直後であり、さらに、ボイスレコーダーに爆発音とみられる音が入っていることから、テロとの見方が強まっています。

(4)南沙諸島の米中緊迫にも警戒が必要

中国が南沙諸島の岩礁を埋め立てて基地を作り、領有を宣言していること対し、米国がついにこれを阻止する行動に出ています。南沙諸島の領有問題は、中国と、ベトナム・フィリピンなどの対立としてとらえられていましたが、米中の対立に発展しつつあります。

米軍は、イージス艦を基地建設中の岩礁の12海里内を航行させ、B52爆撃機を近隣に飛行させ、中国の領有を認めない態度を示しています。中国軍との間に、不測の事態が起こりかねない状態と言えます。米中間で、たとえ小規模でも軍事的衝突があれば、世界の株式市場に悪影響を及ぼします。

ただし、中国は急ピッチに軍事力を拡大したとはいえ、現時点で、米軍に対抗する力がないことは明らかです。中国もそれは理解しているはずなので、中国側が行動を自制すれば問題が拡散しない可能性もあります。

ただ、事態を複雑にしているのは、中国国内の政治情勢です。中国共産党の一党支配に、国内では不満が高まっています。中国政府が対外政策で弱腰を見せると、中国国内で反共産党運動に火がつきかねない危うさがあります。中国政府は、米国との衝突を避けつつ、南沙諸島問題で致命的な弱みをさらすわけにいかない状態です。

(5)「平和攻勢」に出ることでメンツを保とうとする中国

中国は、アジアで孤立することを恐れ、アジアに「平和攻勢」をかけ、それを主導することで、メンツを保とうとしているように見えます。長年にわたって実現しなかった日中韓首脳会談や、中台(中国と台湾)首脳会談がいきなり実現したのは、中国の「平和攻勢」の一環ととれます。

どんな背景があるにしろ、課題であった首脳会談が実現したことは、東アジアの安定に寄与するものです。ただし、これで東アジアの安定が続くことが保証されたわけではなく、南沙諸島問題の落としどころも見えていないことから、しばらく、東アジアの地政学リスクからも目が離せません。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

投資の失敗
老後破綻
はじめよう株主優待
桐谷広人

 

このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせくださいパリ同時多発テロを嫌気し調整今週の日本株見通し

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

パリ同時多発テロを嫌気し調整今週の日本株見通し

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
はじめての下落相場と損
 
インベスターZ
 
投資の失敗
老後破綻
 
ふるさと納税
 
山崎元
イデコ
 
動画でわかる
 
インタビュー
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。