facebook twitter
中国経済に起こっていることを電力消費量から読み解く
窪田 真之
3分でわかる!今日の投資戦略〔平日毎朝8時掲載〕
楽天証券経済研究所の窪田真之と香川 睦が、日本株市場の分析と投資戦略をレポートします。 ともに元ファンドマネージャーであり、国内外のマーケット動向に精通。運用者、分析者としての幅…

中国経済に起こっていることを電力消費量から読み解く

2015/8/28
27日の日経平均は、197円高の18,574円でした。上がったとは言っても、まだエンジン全開には、ほど遠い状態です。
facebook twitter メールで送る 印刷

27日の日経平均は、197円高の18,574円でした。上がったとは言っても、まだエンジン全開には、ほど遠い状態です。午前9時10分に433円高の18,810円をつけた後は、尻すぼみで上昇幅を縮小していきました。

物色の中身を見ても、投資家が慎重姿勢を崩していないことがわかります。上昇率が高かったのは、NTT(9432)・NTTドコモ(9437)・清水建設(1803)・味の素(2802)・日本たばこ産業(2914)・東京海上HLDG(8766)など、内需ディフェンシブ株が中心でした。世界景気への不安が残っているので、輸出株は上値が重いままでした。

投資家が恐れるのは「中国からまだまだ悪材料が出てくるのでないか」という漠然とした不安です。今日は、中国で今、何が起こっているのか、電力消費量の変化から読み解きます。

(1)中国のGDPは信用できない

中国政府が発表したGDP統計では、1-3月も4-6月も前年比7%増でした。中国政府の目標としている7%成長にぴったり一致しています。ところが、この数字を信じる人は、ほとんどいません。中国景気の現状を知るには、GDP統計ではなく、「電力消費量」「銀行融資」「鉄道輸送量」の変化を見た方がいい(注)と考えられています。

(注)李克強首相が、首相になる以前に「中国のGDPは信頼性が低い。景気の実態を見るには電力消費量・銀行融資・鉄道輸送量を見た方がいい」と発言したと記録されていることから、この3指標が有名になった。

(2)電力消費量の変化から、中国経済の実態が見える

中国のGDP成長率と、電力消費量(前年比)の比較:2009年7月~2015年7月

(出所:ブルームバーグより楽天証券経済研究所が作成)

中国のGDP成長率を見ると、2009年から2015年の間は、7~10%成長で比較的安定しているように見えます。ところが、「計画経済はうまくいっている」と、中国政府がアピールするために操作されているとの噂は絶えません。

  • 4兆元の公共投資で景気が過熱していた2009-2010年
    電力消費量の変化を見ると、GDPの変化率とは全く異なる中国経済の姿が見えてきます。リーマンショックの直後、4兆元の公共投資で景気を拡大させた2009~2010年は、GDP統計に表れているより、景気は過熱していた可能性があります。
    ところが、この4兆元の公共投資が、鉄鋼生産や不動産開発の過剰投資に回り、中国経済の効率性を大いに損なう結果を生じました。地方には、誰も住まない文字通りのゴーストタウンが林立しています。
  • 景気にブレーキがかかった2012年
    過剰投資にブレーキをかけた結果、2012年には、中国の景気実態は、GDP成長率にあらわれているよりも悪化していたと考えられます。この時、李克強首相は、不退転の覚悟で非効率な投資を一掃し、経済の構造改革を進める覚悟をしていたと考えられています。
  • 再び投資を拡大させた2013年
    ところが、中国は景気が悪化すると、共産党独裁への批判が高まるリスクを抱えています。2013年には再び公共投資を増やして、景気を支えたと考えられます。
  • 公共投資で高成長を維持することが限界になってきた2014-2015年
    ただし、非効率な投資を拡大させると、後からそのしっぺ返しが来るものです。2014-2015年には、過剰投資の問題が、自動車生産などさまざまな分野で広がってきたことから、投資によって無理に高成長を維持することができなくなってきたと考えられます。
    中国政府は、そこで上海株を上昇させ、株高効果によって高成長を維持しようと図ったと考えられます。2014年10月から、中国政府の市場介入が奏功して、上海株は急騰しました。ところが、中国景気の実態悪化が続き、人為的に吊り上げられた上海株は、2015年6月から急落しました。

上海総合株価指数の動き:2013年1月~2015年8月27日

(出所:ブルームバーグより楽天証券経済研究所が作成)

(3)日本株は買い場の判断を継続

中国経済への不安は簡単には払拭されそうにありません。日経平均が本格的な反発相場に入るまでに、まだ時間がかかりそうですが、私は今は日本株の良い買い場になると考えています。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

株主優待生活
投資の失敗
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください中国経済に起こっていることを電力消費量から読み解く

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

中国経済に起こっていることを電力消費量から読み解く

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
天野ひろゆきインタビュー
 
ふるさと納税
 
はじめよう株主優待生活
人気記事ランキング
デイリー週間月間
投資ワクワク
 
投資の失敗
 
年末高
人気ブロガー
 
老後破綻
 
動画でわかる
 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。