お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
日本株は買い場の判断を継続
窪田 真之
3分でわかる!今日の投資戦略〔平日毎朝8時掲載〕
楽天証券経済研究所の窪田真之と香川 睦が、日本株市場の分析と投資戦略をレポートします。 ともに元ファンドマネージャーであり、国内外のマーケット動向に精通。運用者、分析者としての幅…

日本株は買い場の判断を継続

2015/7/2
1日の日経平均は、93円高の20,329円と続伸しました。ギリシャは、6月末期限のIMFへの融資返済ができませんでしたが、それは「織り込み済み」です。
facebook twitter メールで送る 印刷

1日の日経平均は、93円高の20,329円と続伸しました。ギリシャは、6月末期限のIMFへの融資返済ができませんでしたが、それは「織り込み済み」です。市場の注目は、7月5日のギリシャ国民投票に移っています。ギリシャ国民が、EUが要求する緊縮策を受け入れるか拒否するかが鍵です。受け入れればEUによる支援が継続されギリシャのユーロ残留が続くでしょう。拒否すれば、ギリシャのデフォルトとユーロ離脱が決まるでしょう。

ギリシャの行方にかかわらず、日本の景気・企業業績の回復トレンドは続くと考えられるので、ギリシャ・ショックで下がった今、日本株は買い場との見方を継続します。景気・企業業績の回復が続くことによって、日経平均は年末に22,000円まで上昇すると予想しています。

(1)日銀短観では日本の景気回復トレンドが続いていることを確認

1日に6月の日銀短観が発表されました。日本の景気動向をよく表すものとして注目が高い大企業製造業DIは+15と、事前予想の+12を上回り好調でした。景気判断の分かれ目である±0を大きく上回った状況が続いており、大企業の業績拡大が続いていることがわかります。

6月の日銀短観、大企業製造業DI

(出所:日本銀行)

大企業の2015年度設備投資計画が、18.7%増と、前回(3月)調査より11.8%ポイント上回ったことも好感されます。景気回復に伴う設備投資が動き始めたと考えられます。円安により、設備投資の国内回帰も始まっている模様です。

6月の日銀短観、大企業非製造業DI

(出所:日本銀行)

今回の景気回復局面では、非製造業の好調さが目立ちます。大企業・非製造業DIは、6月実績が+23、9月予想が+21と、大企業・製造業DIを上回る水準にあります。

(2)海外要因で日経平均は下げているが、国内景気は順調に回復

日経平均の下げは、国内要因よりも海外要因から起こっていると考えられます。日本の景気回復の足取りはだんだんしっかりしてきています。ところが、海外に目を転じると、いろいろな不安要因があり、欧米株式は調整しています。ギリシャのユーロ離脱懸念、中国景気の減速懸念、資源国の景気悪化、アメリカの年内利上げ懸念などが不安材料となっています。

海外要因によって、外国人投資家が日本株を売ってきた時、国内に特に悪材料がなければ、そこは日本株の買い場となると考えます。

(3)昨年8月以降、日経平均は3回の下げ局面があったが、いずれも買い場であった

日経平均を見ると、過去1年で3回下げ局面があります。いずれも、国内要因ではなく、海外要因によって外国人が日本株を売って下げたものです。

日経平均株価:2014年8月1日-2015年7月1日

  • 2014年10月の下げ
    米金融緩和終了・エボラ出血熱蔓延・欧州景気悪化・原油安ショックが嫌気されました。
  • 2015年1月の下げ
    資源全面安のショック・ギリシャ信用不安・欧州景気悪化が嫌気されました。
  • 2015年5月の下げ
    米景気の失速が不安視されました。
  • 2015年6月の下げ
    ギリシャ信用不安・アメリカの年内利上げ懸念が嫌気されています。

①~④の下げでは、いずれも外国人が売り、国内の個人投資家が買い向かっています。今回も、国内にとりたてて悪材料がないので、この下げ局面は良い買い場となると予想しています。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

つみたてNISA
人気記事ランキングTOP

 

このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください日本株は買い場の判断を継続

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

日本株は買い場の判断を継続

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント

 

 
フレッシャーズ

 
タイムトリップ
 

 

 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。