お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
今週の日本株見通し米景気失速懸念が薄れ日本株反発へ
窪田 真之
3分でわかる!今日の投資戦略
楽天証券経済研究所の窪田真之と香川 睦が、日本株市場の分析と投資戦略を毎営業日レポートします。 ともに元ファンドマネージャーであり、国内外のマーケット動向に精通。運用者、分析者と…

今週の日本株見通し米景気失速懸念が薄れ日本株反発へ

2015/5/11
先週はゴールデンウイークでしたので、8日・9日の2営業日だけの取引でした。1-3月の米景気が急減速した余波が続き、日経平均は2営業日で▲152円の19,379円となりました。
facebook twitter 印刷する

先週はゴールデンウイークでしたので、8日・9日の2営業日だけの取引でした。1-3月の米景気が急減速した余波が続き、日経平均は2営業日で▲152円の19,379円となりました。

今週の日経平均は反発が予想されます。9日発表の4月の米雇用統計が予想通りの改善を見せ、米景気失速懸念が薄れ、9日のNYダウが前日比+267ドルの18,191ドルとなったことが好感されそうです。9日のCME日経平均先物(円建て)は、19,675円へ上昇しました。

(1)4月の米雇用統計は予想通りの改善

米雇用統計で、一番注目されるのは、非農業部門の雇用者増加数です。以下2つの理由から注目されています。

  • 米景気の短期的な変動をよく表す。
  • 米FRB(中央銀行)が金融政策を決定するために見る指標として重視している。

アメリカの非農業部門雇用者増加数(前月比)推移:2013年1月~2015年4月

(出所:米労働省)

4月の非農業部門雇用者増加数(速報値)が22万3千人増と、再び景気好調と判断される20万人増を超えたことが、市場に安心感を与えました。3月の雇用者増加数(速報値)は、前回発表の12万6千人増から今回8万5千人増に下方修正されましたが、1-3月の米景気悪化は一時的で4月から回復するとの見方があるので、悪材料視されませんでした。

4月3日に3月の雇用者増加数(速報値)が前月比12万6千人増と発表された時は、ネガティブ・サプライズと受けとめられました。さらに、4月29日に発表された米1-3月のGDP成長率(速報値)が前期比年率+0.2%に急減速し、現在発表中の1-3月の米企業業績も低調であることから、「米景気失速リスク」が意識されるようになりました。

ただし、1-3月は米景気を押し下げる一時的要因【注】が集中しており、「4月以降、米景気は再び回復に向かう」との見方も根強く残っていました。

【注】1-3月の米景気を悪化させた一時的要因

  • 西海岸の港湾労働者による大規模ストライキ(既にストは終息)
  • 寒波(終息)
  • 原油急落による高コストのシェールオイル掘削業者破綻(原油価格は反発中)

なお、4月の失業率は、5.4%と、順調に低下が続いています。

今回、4月の雇用者増加数が20万人増を上回ったことで、米景気減速は一時的との見方が補強されました。4月の失業率が順調に低下トレンドをたどっていることも、安心感につながりました。

アメリカの完全失業率推移:2013年1月~2015年4月

(出所:米労働省)

(2)8日のNYダウは急反発、ただし、NYダウは引き続き上値が重いと予想

NYダウ日足:2015年初~5月8日

(注:楽天証券経済研究所が作成)

NYダウが直近の三角もち合い(赤の線)を上へ抜けたことはポジティブです。ただし、年初来高値(水色の線)は抜けていません。以下の理由から、NYダウは引き続き上値が重いと予想しています。

  • 4月の雇用統計だけで、米景気失速懸念を完全には払拭できない。
  • 4月以降に米景気復調が鮮明になると、早期利上げへの不安が再燃する。

(3)日経平均は、反発を予想

日経平均日足:2015年初~5月8日

(注:楽天証券経済研究所が作成)

日経平均は、25日移動平均線を下回り、調整局面入りのリスクが出ていました。米景気失速懸念が薄らいだことを受け、今週は19,000円台後半への反発を見込みます。ただし、一気に20,000円を超えていくとは考えていません。今期(2016年3月期)の景気・企業業績の回復が鮮明になり、日経平均が年初来高値(水色の線)を抜けていくのに、しばらく時間を要すると考えています。

(4)2015年3月期の決算発表、これまでの発表分はおおむね良好

日経平均の今後のトレンドを決めるのは、企業業績です。5月8日までの発表分は、比較的良好と言えます。今期会社予想は、例年通り保守的(低め)に出ていますが、期中に、上方修正されていくと予想しています。

東証一部上場の主要327社(除く金融)の経常増益率

  主要327(除く金融)
前期(2015年3月期)実績 +9.70%
今期(2016年3月期)会社予想 +11.10%

(注:5月8日までに決算を発表した3月期決算の主要327社(除く金融)について集計、楽天証券経済研究所が作成)

参考:楽天証券経済研究所が予想する、東証一部上場3月期決算企業(除く金融)の経常増益率

  全産業(除く金融)
前期(2015年3月期)予想 +9%
今期(2016年3月期)予想 +15%

(出所:楽天証券経済研究所)

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

はじめよう株主優待
人気記事ランキングTOP
トウシル TOP
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください今週の日本株見通し米景気失速懸念が薄れ日本株反発へ

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

今週の日本株見通し米景気失速懸念が薄れ日本株反発へ

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
 
 
 

 

 

メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。