お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
資源下落で世界経済は二極化
窪田 真之
3分でわかる!今日の投資戦略
楽天証券経済研究所の窪田真之と香川 睦が、日本株市場の分析と投資戦略を毎営業日レポートします。 ともに元ファンドマネージャーであり、国内外のマーケット動向に精通。運用者、分析者と…

資源下落で世界経済は二極化

2015/4/16
日経平均は、しばらく上値が重く、下値は堅い展開となりそうです。さて、今日は、世界経済の見通しについて、考えていることを書きます。
facebook twitter 印刷する

日経平均は、しばらく上値が重く、下値は堅い展開となりそうです。さて、今日は、世界経済の見通しについて、考えていることを書きます。

14日に発表されたIMFの見通しによると、2015年の世界経済は資源国と非資源国で、明暗が分かれます。日本と欧州は資源安の恩恵で景気回復に向かいます。かつて高成長の新興国として話題になったブリックス(ブラジル・ロシア・インド・中国の4カ国)では、資源国のブラジル・ロシアがマイナス成長に落ち込む一方、資源安の恩恵を受けてインドの成長率が一段と高まる見込みです。

(1)先進国ではアメリカ一人勝ちだが、成長見通しは下方修正

IMF世界経済見通し(GDP成長率)

  2015年 2016年
米 国 3.1% 3.1%
日 本 1.0% 1.2%
ユーロ圏 1.5% 1.6%

(出所:IMF)

シェールガス・オイル革命で低価格エネルギーの恩恵を受ける米国の高成長が続くという見通しは継続しています。ただし、2015年の成長率について、米国は3.6%→3.1%と引き下げられています。実質賃金が低迷すること、米国内の資源産業が悪化することが、見通し引き下げの理由です。一方、日本・ユーロ圏は、資源安の恩恵を受け、成長率見通しが引き上げられています。

(2)資源国の低迷と、非資源国の好調が鮮明に

IMF世界経済見通し(GDP成長率)

  2015年 2016年
中 国 6.8% 6.3%
インド 7.5% 7.5%
ブラジル -1.0% 1.0%
ロシア -3.8% -1.1%

(出所:IMF)

リーマンショック前に、高成長4カ国の頭文字を取って、BRICS(ブリックス)という言葉がはやりました。この言葉はもはや死語になっています。資源国と非資源国で、その後の運命がまったく異なるからです。

資源国であったブラジル・ロシアは、2015年はマイナス成長に落ち込む見通しです。人口が成長する若い国として期待されていたブラジルは、今になって振り返ると、資源高で景気が良かっただけということになります。今後、何年かかけて経済を立て直していくことになります。人口が成長する若い国という事実は変わらないので、時間はかかりそうですが、いつか立ち直るという期待はあります。一方、ロシアはより深刻です。少子高齢化が進む国で、人口構成から成長を期待することはできません。高成長と見られたのは、原油高の恩恵で消費が伸びていただけでした。ロシアは製造業を育てようと努力していますが、今のところほとんどうまくいっていません。

一方、モディ首相の経済改革が軌道に乗ってきたところに、資源安の恩恵が加わって好調なのが、インドです。IMFの予想では、2015・16年の成長率が中国を抜く見通しです。

中国も高成長が続く見通しです。過剰投資の整理が必要で、中国経済の失速が常に懸念されていますが、今年は資源安によって、大きなボーナスをもらった状態になりました。中国は、インドや日本と同様に、資源安の恩恵で当面高成長が維持できそうです。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

はじめよう株主優待
人気記事ランキングTOP
トウシル TOP
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください資源下落で世界経済は二極化

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

資源下落で世界経済は二極化

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
 
 
 

 

 

メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。