お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
スクリーニングで選ぶバリュー株
窪田 真之
3分でわかる!今日の投資戦略
楽天証券経済研究所の窪田真之と香川 睦が、日本株市場の分析と投資戦略を毎営業日レポートします。 ともに元ファンドマネージャーであり、国内外のマーケット動向に精通。運用者、分析者と…

スクリーニングで選ぶバリュー株

2015/4/8
日の日経平均は242円高の19,640円でした。3月のアメリカの雇用統計がネガティブ・サプライズで米景気の先行きに懸念が生じましたが、株式市場は一旦「これでアメリカの利上げの時期が遅くなる」と好材料視しました。
facebook twitter 印刷する

7日の日経平均は242円高の19,640円でした。3月のアメリカの雇用統計がネガティブ・サプライズで米景気の先行きに懸念が生じましたが、株式市場は一旦「これでアメリカの利上げの時期が遅くなる」と好材料視しました。

日本では、今日は、日銀政策決定会合の結果公表後に行われる黒田総裁の記者会見が注目されます。日本のインフレ率(コア)が2月に消費増税の影響を除くベースで前年比0%まで落ちたことを受け、今後の追加緩和に含みを持たせる発言が出るかが、注目されます。

今日は、スクリーニングで選ぶバリュー株を紹介します。

(1) あえて人気のないバリュー株に注目するわけ

人の心は移ろいやすいものです。今、人気の株が、1年後も人気とは限りません。人気絶頂の株の人気がなくなっていく時は、一般的に株価の下げが大きくなります。人気株を買うならば、その人気がいつまでも続いていることを継続的にチェックしなければなりません。

人の行く裏に道あり花の山~有名な相場格言です。不人気で割安になっている株の中から、堅実経営できちんと利益をあげている銘柄を買っていった方が、かえって大きいリターンを得られる可能性があることを示唆するものです。

日経平均には、先高感が強いものの、短期的にはやや上昇スピードが速すぎるという感覚もあります。ここからの投資は、人気沸騰している株ではなく、あえて、人気があまりないバリュー株にも注目すべきと考えます。

(2)PBRと自己資本比率等からスクリーニング

弊社に口座をお持ちの方であれば、スーパースクリーナーを使って、いろいろなバリュー株をスクリーニング(抽出)することができます。 今日は、ひとつ具体例を出します。ここに挙げる銘柄は推奨銘柄ではありませんが、株価指標が低いバリュー株といえます。

以下の4条件で、スクリーニングしました。

  • PBR(株価純資産倍率)1倍以下:バリュー株を選ぶ条件として、まず株価が1株当たり純資産を割り込んでいるという条件を入れました。
  • 過去3年平均売上高増加率3%以上:売上が減っていく企業を避けるため、過去3年平均増収率3%以上としました。
  • 自己資本比率60%以上:財務内容が比較的良好と考えられるものとしました。
  • 売上高経常利益率10%以上:収益力がそこそこ高いものとしました。

楽天証券スーパースクリーナーでのバリュー株スクリーニング結果

(注)株価は4月7日時点

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

はじめよう株主優待
人気記事ランキングTOP
トウシル TOP
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせくださいスクリーニングで選ぶバリュー株

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

スクリーニングで選ぶバリュー株

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。