お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
資源国の成長エネルギーを吸い取るアメリカ
窪田 真之
3分でわかる!今日の投資戦略
楽天証券経済研究所の窪田真之と香川 睦が、日本株市場の分析と投資戦略を毎営業日レポートします。 ともに元ファンドマネージャーであり、国内外のマーケット動向に精通。運用者、分析者と…

資源国の成長エネルギーを吸い取るアメリカ

2014/11/27
25日に発表されたOECD(経済協力開発機構)の世界経済見通しを見ると、好調国と停滞国への二極化が見られます。
facebook twitter 印刷する

25日に発表されたOECD(経済協力開発機構)の世界経済見通しを見ると、好調国と停滞国への二極化が見られます。先進国ではアメリカの一人勝ち、新興国では資源国の不振が際立ちます。シェールガス・オイルの増産で好調なアメリカが、資源国の成長エネルギーを吸い取ってしまった感があります。

(1) 先進国ではアメリカの一人勝ち

<OECD世界経済見通し(GDP成長率)>

先進国 2014年 2015年 2016年
米国 2.2% 3.1% 3.0%
日本 0.4% 0.8% 1.0%
ユーロ圏 0.8% 1.1% 1.7%

(出所:OECD 11月25日時点)

OECDの5月見通しと比較すると、成長率は、世界的に引き下げられています。その中で、先進国では米国の一人勝ちが、いよいよはっきりしてきました。

日本の成長率は、2014年見通しが+1.2%→+0.4%、2015年が+1.2%→+0.8%に引き下げられました。2014年の引き下げは当然ですが、衝撃的なのは2015年の見通しも引き下げられたことです。10月の消費税引き上げ延期を織り込んでも、日本の回復は鈍いと判断されました。

ユーロ圏もデフレ懸念が強まり、2014年見通しが+1.2%→+1.1%、2015年が+1.7%→+1.1%に引き下げられました。

米国は、2014年見通しが+2.6%→+2.2%、2015年が+3.5%→+3.1%に引き下げられましたが、2016年も+3.0%と高く、先進国で一人勝ちが続く見通しとなっています。

(2) 新興国では資源国が沈み、非資源国は相対的に堅調

<OECD世界経済見通し(GDP成長率)>

新興国 2014年 2015年 2016年
ロシア 0.3% 0.0% 1.6%
ブラジル 0.3% 1.5% 2.0%
中国 7.3% 7.1% 6.9%
インド 5.4% 6.4% 6.6%

(出所:OECD 11月25日時点)

新興国では、ブラジルやロシアなど資源に頼って成長してきた国が不振です。一方、インドは好調です。モディ首相の経済改革が成功していることもありますが、輸入資源の価格が下がった恩恵もあります。なお、中国のGDP統計は信頼性が低いものの、中国も一応、高成長を維持する見通しです。

二極化を生じている原因を突き詰めていくと、アメリカのシェールガス・オイル革命にたどりつきます。アメリカが安価な国産ガス・オイルを大量に生産するようになったため、天然ガス・原油の国際市況が急落し、つれて、鉄鉱石や石炭の市況も軒並み大きく下がりました。そのあおりを食ったのが、資源輸出によって高成長を保ってきた新興国です。ロシア・ブラジル・ナイジェリア・中東産油国の経済見通しは急速に悪化しています。

(3) 米国のシェールオイル増産で原油の国際市況が急落

アメリカのシェールガス増産の影響は、最初、天然ガスの世界市況に表れました。最初はガス価格だけが下がり、原油価格は高値を保っていました。アメリカの非在来型(シェール)エネルギーの生産が、ガスに片寄っていたからです。

ところが、アメリカの非在来型エネルギー増産の影響が今年はついに世界の原油市況に及びました。天然ガス価格が下がり過ぎた影響で、アメリカ国内のシェールガス掘削業者は利益をあげられなくなりました。そこでアメリカ国内では、シェールガスの生産を抑えシェールオイルの増産をはかる動きが顕著になったからです。

アメリカは、シェールガスやシェールオイルを原則輸出していません。ただし、アメリカはもともとエネルギーの巨大な輸入国だったので、国産エネルギーの増産で中東からのエネルギー輸入を減らす影響が、世界中に及びます。

中東諸国は、アメリカが買わなくなった原油やガスを、ヨーロッパへの輸出強化でカバーしました。ヨーロッパは、中東から安いエネルギーが流れ込んできたので、ロシアからのエネルギー輸入を減らしました。ロシアは、ヨーロッパへのガス輸出が減って、経済が急速に冷え込んでいます。ウクライナをめぐる対立がロシアのガス輸出に影響している面もありますが、ウクライナ問題がなくても、シェールガス・オイル革命の影響で、ヨーロッパへのエネルギー輸出は減る運命にあったと言えます。

中東で地政学リスクが高まると、かつては原油供給が減る懸念から原油価格が上昇しました。ところが今は、世界中で、天然ガスや原油の供給がだぶつき、イラク・シリア・イスラエルなどで地政学リスクが高まっても、原油価格はそれに反応しなくなりました。

(4) 日本経済は、エネルギー価格急落で大きな恩恵を受ける

世界一割高なLNGガスを中東から輸入して苦しんでいる日本経済にとって、資源価格の急落は大きなメリットです。ただし、経済へのプラス効果が発現するには半年以上のタイムラグが必要です。日本は、原油を戦略的に備蓄しており、原油価格が下がった後も、しばらくは高値在庫が残っているからです。2015年にはプラス効果が顕著になると見ています。

2015年(暦年)に日本のGDPが+0.8%しか成長しないというOECDの見通しは悲観的すぎると考えています。私は、円安効果・原油価格下落効果・米景気好調の恩恵などによって、2015年のGDPは+1.2%成長すると予想しています。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

はじめよう株主優待
人気記事ランキングTOP
トウシル TOP
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください資源国の成長エネルギーを吸い取るアメリカ

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

資源国の成長エネルギーを吸い取るアメリカ

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。