お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
今週の日本株見通し
窪田 真之
3分でわかる!今日の投資戦略
楽天証券経済研究所の窪田真之と香川 睦が、日本株市場の分析と投資戦略を毎営業日レポートします。 ともに元ファンドマネージャーであり、国内外のマーケット動向に精通。運用者、分析者と…

今週の日本株見通し

2014/11/25
先週の日経平均は、週初に7-9月のGDPが前期比年率▲1.6%とネガティブ・サプライズであったことを嫌気し517円下げましたが、週後半は反発しました。
facebook twitter 印刷する

先週の日経平均は、週初に7-9月のGDPが前期比年率▲1.6%とネガティブ・サプライズであったことを嫌気し517円下げましたが、週後半は反発しました。その結果、1週間では、133円(0.8%)安に留まりました。17,000円台の値固めが進んでいると考えています。

東京市場が先週末に引けて以降のNYダウの動きは、11月21日(金)が91ドル高の17,810ドル、11月24日(月)が7ドル高の17,817ドルでした。

(1) 先週週足は、長い下ヒゲ

<日経平均週足:10月第1週~11月第3週>

先週(11月第3週)の日経平均週足は、下に長いヒゲを出しました。一時、17,000円を割れましたが、その直後に急反発したことから、下値の堅さを確認した形になりました。ただし、短期的な相場の過熱感は払拭されていません。

(2)日経平均は、10月以降の景気回復を織り込み始めている?

今、起こっていることを、どう解釈したらいいか?もう少し、長いトレンドで今起こっていることを考えてみましょう。アベノミクス開始後の日経平均を、改めて振り返ります。

<日経平均週足:2013年1月第1週~2014年11月第3週>

アベノミクス開始後の2年で、上のチャートに示した①~⑦までの上昇下降がありました。これを、日本の景気だけに焦点をしぼって解釈すると、以下の通りとなります。

  • 景気回復を好感して急騰
  • 上昇ピッチが速すぎたのでスピード調整
  • さらなる景気拡大期待から上昇
  • 消費増税後の景気失速を織り込んで下落
  • 7月以降の景気回復を見込んで自律反発
  • 景気低迷が長引いていることがわかり、急落
  • 10月以降の景気回復期待から急騰

10月前半の急落の直後、10月後半から11月にかけてV字急反発した要因は何であったでしょう?直接のきっかけは円安ですが、私は、それだけではなく、10月以降の景気回復を織り込み始めていると考えています。私は、円安・米景気好調・原油価格急落・消費再増税の延期・追加景気対策などが、日本の景気回復に寄与すると予想しています。

(3)当面は、17,000円台の値固めと考えます

10月以降の景気回復力は決して強くありません。消費は10月以降も低迷が続いています。輸出の増加も鈍いままです。景気回復が力強さを増すには、年明けまで待たなければならないかもしれません。目先は、17,000円台のもみ合いになると考えています。

(4)今週の注目指標

11月28日(金)に、10月の日本の景気指標が発表になります。10月からの景気回復力の強さをはかることになり、注目されます

  • 10月の鉱工業生産指数速報
  • 10月の全国CPI
  • 10月の有効求人倍率

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

はじめよう株主優待
人気記事ランキングTOP
トウシル TOP
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください今週の日本株見通し

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

今週の日本株見通し

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
 
 
 

 

 

メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。