お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
中国関連株の投資をどう考えたらよいか
窪田 真之
3分でわかる!今日の投資戦略
楽天証券経済研究所の窪田真之と香川 睦が、日本株市場の分析と投資戦略を毎営業日レポートします。 ともに元ファンドマネージャーであり、国内外のマーケット動向に精通。運用者、分析者と…

中国関連株の投資をどう考えたらよいか

2014/8/27
「中国関連株」と言われる日本株には、PBR・PERなどの株価指標で割安なものが多い。中国経済の停滞が長期化、常に先行きに不安を感じさせる報道が続いていることが影響しています。
facebook twitter 印刷する

「中国関連株」と言われる日本株には、PBR・PERなどの株価指標で割安なものが多い。中国経済の停滞が長期化、常に先行きに不安を感じさせる報道が続いていることが影響しています。

(1)中国からの訪日観光客が急増

日本政府観光局(JNTO)が発表した7月の訪日外国人数(推計値)は前年同月比26.6%増の126万9,700人と単月で過去最多となりました。政府が成長戦略で観光立国を打ち出し努力している効果もありますが、それ以上に円安が進んで海外から見た日本旅行の価格が下がった効果が大きいと考えられます。

国別では、中国が前年同月比101.0%増の28万1,200人と、単月では訪日旅行者数トップとなりました。都内の百貨店や空港の免税店は、中国人観光客の買い物で賑わっています。中国経済の不安が議論されているが、日本を訪れる中国人観光客を見る限りその気配はありません。いったい中国経済の現状はどうなっているのでしょうか。

(2)中国で大衆消費が拡大トレンドに

中国経済には、2つの顔があります。「消費」は好調です。ところが、「投資」が過剰で先行きに大いに不安があります。

中国では、中間層の所得水準向上が顕著です。ようやく消費主導で経済を成長させる条件が整い始めていると言えます。中国の名目GDPの約半分は広義の消費(政府消費を含む)ですが、ここは年率2桁の成長が続くと期待できます。中国からの訪日観光客が日本で買い物をするのは、好調な大衆消費拡大の一環と言えます。

(3)投資依存が中国経済の構造問題

一方、中国経済には、先行きが不安な部分があります。それが「投資」です。中国の名目GDPの半分弱は広義の投資と推定されますが、ここが明らかに過剰です。中国は社会主義体制のまま資本主義に移行したため、計画経済と資本主義が混在した経済となっています。計画経済の延長線上にある地方政府や国営企業に過剰投資体質が残っています。

民間企業は、経済状況が悪化すれば投資をストップするが、地方政府や国営企業は、経済が悪化しても計画通り、投資を実行する面があります。それが、製鉄所やマンション開発、資源開発などでの過剰投資を生んできました。これまでは無謀な投資でも、投資資金の調達に困ることはありませんでした。「理財商品」といわれる高利回り商品で資金調達ができたからです。ただし、理財商品にもデフォルト(債務不履行)の懸念が出始めていることから、今後は理財商品による調達もこれまでのように簡単にはできないようになると考えられます。

中国共産党は、地方政府による過剰投資問題を十分に認識しており、今後消費主導の成長経済に移行する方針を掲げています。ただし、投資依存は簡単には止められません。投資を減らし過ぎると景気が悪化して社会不安が生じるからです。現在、小出しに公共投資を続けて景気の悪化を防いでいる状態です。

(4)中国関連株の業績も二極化

こうした中国経済の二面性を反映して、中国でビジネスを行っている日本企業は、事業内容が消費関連か投資関連かで業績が異なります。「無印良品」を展開する良品計画(7453)や、「ユニクロ」を展開するファーストリテイリング(9983)の中国ビジネスは順調に拡大しています。花王(4452)は長年低迷していた中国の売上がようやく拡大基調に入りました。日用品・サービスを手がける日本企業はおおむね好調です。

ところが、日立建機(6305)のように、建設機械・鉱山機械を手がける日本企業は苦戦しています。投資に関連する事業は不調です。

(5)買いを検討してもよいと考える中国関連株

中国関連株というイメージを持たれ割安に放置されているものの、中国事業の利益構成比がさほど高くない銘柄もあります。大手総合商社5社<三菱商事(8058)・三井物産(8031)・伊藤忠商事(8001)・住友商事(8053)・丸紅(8002)>、大手鉄鋼2社<新日鐵住金(5401)・ジェイエフイーHLDG(5411)>、大手海運2社<日本郵船(9101)・商船三井(9104)>などです。これらの銘柄は、今来期に業績回復が見込まれるので、株価が割安の今が投資好機と判断しています。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

はじめよう株主優待
人気記事ランキングTOP
トウシル TOP
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください中国関連株の投資をどう考えたらよいか

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

中国関連株の投資をどう考えたらよいか

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
 
 
 

 

 

メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。