facebook twitter
今週の日本株見通し
窪田 真之
3分でわかる!今日の投資戦略〔平日毎朝8時掲載〕
楽天証券経済研究所の窪田真之と香川 睦が、日本株市場の分析と投資戦略をレポートします。 ともに元ファンドマネージャーであり、国内外のマーケット動向に精通。運用者、分析者としての幅…

今週の日本株見通し

2014/7/28
先週の日経平均は、1週間で242円上昇して15,457円となりました。4-6月期の決算発表はまだ始まったばかりですが、6506安川電機、6594日本電産、6954ファナックなどが好決算を発表したことで日本株全般に先行き業績上方修正期待が高まりました。ウクライナでマレーシア航空機が撃墜された事件には政治的な解決策が見えませんが、とりあえず世界景気に与える影響は大きくないとの見方が広がりました。
facebook twitter メールで送る 印刷

先週の日経平均は、1週間で242円上昇して15,457円となりました。4-6月期の決算発表はまだ始まったばかりですが、安川電機(6506)、日本電産(6594)、ファナック(6954)などが好決算を発表したことで日本株全般に先行き業績上方修正期待が高まりました。ウクライナでマレーシア航空機が撃墜された事件には政治的な解決策が見えませんが、とりあえず世界景気に与える影響は大きくないとの見方が広がりました。

(1) 日経平均はいずれ上放れると見ているが、今週はまだ膠着相場が続きそう

(注)楽天証券経済研究所が作成

昨年5月以降、日経平均は1万4,000-6,000円を中心としたボックス相場が続いています。そろそろ上か下へトレンドが出てもいいのではないかと、考える人が増えてきています。

私は、いずれ日経平均は上放れると予想しています。ただし、まだ条件が整っていません。日経平均が1万6,000円を抜けて上昇するためには、企業業績の上方修正が増える必要があります。4-6月の決算発表で、企業業績は会社想定よりも良好であることが確認できると思います。ただし、第1四半期(4-6月期)の業績を見ただけで、通期(2015年3月期)の業績を上方修正する企業は多くないと考えられます。

日経平均が1万6,000円を抜けて上昇するのは、企業業績の上方修正ラッシュとなることが想定される10月頃と考えています。

今は次の上昇に向けて、エネルギーをたくわえている時期

私は、来年3月には日経平均は1万8,000円まで上昇すると予想しています。ただし、企業が発表している2015年3月期の企業業績予想が低すぎるので、一気に上昇することができない状況が続いています。

私は、今の状況は、2004年の日本株の状況に近いと考えています。

(注)楽天証券経済研究所が作成

2003年は、りそな銀行に公的資金が投入されたことをきっかけに10年以上続いた日本の不良債権問題が解消したことを好感して日本株が急騰した年です。日経平均は2003年5月→2005年12月に、8,000円→1万6,000円と2倍になりました。ところが、その間、日経平均は安定的に上昇が続いたわけではありません。

日経平均は、2003年に先行きの業績期待で1万1,000円まで一気に上昇しました。ところが、企業業績の回復には時間がかかり、その後1年以上日経平均は1万1,000円を中心として上にも下にも大きくは動かない膠着相場に入ったのです。日経平均が1万6,000円に向けて再び大きく上昇したのは、業績回復トレンドを確認した2005年からです。

アベノミクス相場が実質的にスタートした2012年11月から現在までの日経平均と、2003年5月から2005年12月までの日経平均を比較したのが、以下のグラフです。

(注)上昇相場スタート地点である2003年4月25日と、2012年11月9日の日経平均を100として指数化、楽天証券経済研究所が作成

今の日経平均が、2003年5月~2005年12月の日経平均上昇パターンとまったく同じ上昇パターンを描くと仮定すると、これからさらに3~4ヶ月日経平均はボックス相場が続くことになります。そして3~4か月後に大きく上放れることになります。

私は、企業業績の上方修正が増えると考える10月頃に日経平均は1万6,000円を超えて上昇すると予想しています。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

1周年特集
投資の失敗
桐谷広人
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください今週の日本株見通し

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

今週の日本株見通し

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
1周年特集
 
ハゲタカ
 
世界のリスクを総点検
投資の失敗
 
はじめての下落相場と損
 
株主優待・桐谷広人
美白YouTuberが紹介!無理なくカンタンな貯蓄術のススメ
 
老後破綻
 
動画でわかる
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。