お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
騰落レシオ150%でも日経平均に過熱感はない
窪田 真之
3分でわかる!今日の投資戦略
楽天証券経済研究所の窪田真之と香川 睦が、日本株市場の分析と投資戦略を毎営業日レポートします。 ともに元ファンドマネージャーであり、国内外のマーケット動向に精通。運用者、分析者と…

騰落レシオ150%でも日経平均に過熱感はない

2014/6/27
最近、騰落レシオを引き合いに出して「市場が過熱している」という解説を新聞でよく見るようになりましたが、私は、今の騰落レシオは市場の実態を表していないと思います。
facebook twitter 印刷する

最近、騰落レシオを引き合いに出して「市場が過熱している」という解説を新聞でよく見るようになりましたが、私は、今の騰落レシオは市場の実態を表していないと思います。

(1)騰落レシオは市場の過熱感をはかるテクニカル指標の1つ

「騰落レシオ」の意味は、レポートの最後に詳しく説明いたしますが、まずは、以下のグラフをご覧ください。

<日経平均と東証一部騰落レシオの推移>2012年1月~2014年6月

(出所:楽天証券経済研究所が作成)

一般的に、騰落レシオが120%を超えると、市場は過熱し始めているといわれます。騰落レシオが140%を超えると相場は過熱していて天井が近いといわれます。現在、騰落レシオは150%に達しています。果たして、相場は過熱していて天井が近いと解釈するべきなのでしょうか?

まず、事実認識しましょう。騰落レシオは、相場の短期予想に使うには、あまりに当たらない指標です。過去2年半の騰落レシオ推移と、日経平均の動きを比較した、上のグラフを見てください。騰落レシオが140%を超えたことが3回あります。1回目が黒い○(A)2回目が赤い○(B)3回目が緑の○(C)で示しています。そこで、日経平均を売ったらどうなっていたでしょう。

1回目のAで売ったら大失敗です。その直後に日経平均は急騰しているからです。一方2回目のBでの売りはドンピシャです。その直後に日経平均は急落しています。3回目が現在Cの箇所です。

(2)26週移動平均線からの乖離で見ると、今の株式市場に過熱感はない

市場の過熱感をはかる指標は、騰落レシオ以外にもいろいろあります。たとえば、移動平均線からの乖離率を見るという方法もあります。日経平均の短期的上昇率が高いと、移動平均線からの上方乖離率が拡大します。上方乖離率が高いことが、過熱のシグナルとなるわけです。

 過去2年半の日経平均について、26週移動平均線との乖離率を使って分析すると、おもしろいことがわかります。現在の日経平均にはまったく過熱感がありません。

<日経平均の26週移動平均線との乖離率>2012年1月~2014年6月25日

(出所:楽天証券経済研究所が作成)

騰落レシオが最初に140%を超えたところ(D)では、移動平均線からの上方乖離率が15%に拡大してやや過熱感が出始めているところでした。次に騰落レシオが140%を越えたところ(E)では、移動平均線との乖離が30%に近づいており、相場の過熱が示されています。

現在(F)は、騰落レシオが140%を超えていても、移動平均線との乖離で見ると、相場に過熱感はまったくありません。

テクニカル指標は、見方・使い方を間違えなければ役に立つものです。1つだけの指標で判断するのは望ましくなく、複数の指標を同時に見るべきです。B及びEの箇所では、複数のテクニカル指標が同時に過熱を示しているので、売り判断ができます。ところが現在の、C及びFの箇所は、株式相場は膠着してきており、騰落レシオで見た過熱感は、実態をあらわしていないと思います。

<参考>東証一部の騰落レシオ(25日移動平均)とは

東証一部上場銘柄の値上がり銘柄数を、値下がり銘柄数で割ったものを、騰落レシオといいます。過去25営業日の騰落レシオの平均が、騰落レシオ(25日移動平均)です。

騰落レシオは、小型株の影響を受けやすい傾向があります。小型株の値上がりが多いと、相場全体が過熱していなくても、騰落レシオは跳ね上がります。今がその状態です。

一方、大型株中心の相場上昇では、相場全体が過熱していても、騰落レシオは上昇しにくい傾向があります。

騰落レシオは、特有のクセをよく理解したうえで、他のテクニカル指標とあわせて使うべきです。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

はじめよう株主優待
人気記事ランキングTOP
トウシル TOP
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください騰落レシオ150%でも日経平均に過熱感はない

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

騰落レシオ150%でも日経平均に過熱感はない

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。