facebook twitter
ウクライナ情勢緊迫化でNYダウ下落も、米景況は少しずつ改善
窪田 真之
3分でわかる!今日の投資戦略〔平日毎朝8時掲載〕
楽天証券経済研究所の窪田真之と香川 睦が、日本株市場の分析と投資戦略をレポートします。 ともに元ファンドマネージャーであり、国内外のマーケット動向に精通。運用者、分析者としての幅…

ウクライナ情勢緊迫化でNYダウ下落も、米景況は少しずつ改善

2014/3/4
約25年間の国内株式の運用経験を活かしたマーケットコメントを毎営業日無料で提供いたします。
facebook twitter メールで送る 印刷

3日のNYダウは、前日比153ドル安の16,168ドル。ロシアによる軍事介入でウクライナ情勢が一気に緊迫化。これを嫌気して週明けのNYダウは大幅安となりました。欧州株も軒並み大きく下がり、リスク・オフの流れが継続しています。

一方、3日に発表された米景気指標は改善。最近、発表の指標には米景気が底堅いことを裏付けるものが増えています。

(1)注目のISM製造業景況指数は小幅改善

最も注目されていた2月の米ISM製造業景況指数は、53.2と市場予想の52.0を上回りました(グラフA)。

(グラフA)少し持ち直したISM製造業景況指数

(出所:米供給管理協会)

2月発表の1月指数が51.3と、12月の56.5から大きく下がってネガティブ・サプライズでしたが、今回発表の2月指数は小幅改善で安心感が出ました。また、1~2月とも景況判断の分かれ目といわれる50を上回って推移しており、アメリカの景気は底堅いと判断できます。
歴史的な寒波で経済が停滞しているものの、寒波が去れば米景気は再び強くなると期待を高める内容でした。

(2)米建設支出も予想を上回る

3日に米商務省が発表した建設支出も、米景気の底堅さを裏付けるものでした(グラフB)。

(グラフB)アメリカの建設支出(前月比増減)

(出所:米商務省)

1月は前月比0.1%増と、市場予想の▲0.5%を上回りました。同時に、昨年12月の実績が、前月比0.1%増から+1.5%増に修正されました。大雪で一部建設工事が滞っているにもかかわらず、実態はあまり落ち込んでいなかったことがわかり、米建設投資の基調の強さを確認した形になりました。

(3)投資戦略

日本株がウクライナ緊迫化を理由にさらに売られれば、買い場になるとの判断を継続します。理由は以下の3点。

  • 米ソ冷戦が復活するとは考えていないこと
    ウクライナ問題は、解決不能で、長期的に相場の重しになりそうです。ただし、この問題が、世界景気を揺るがすほどの事態に発展する可能性は低いと考えています。
  • 米景気は寒波が去る4月から再び強くなると予想しています
  • 日本の景気・企業業績の回復が続くと予想しています

大規模な戦闘が開始されると、下値が大きくなる可能性があることは注意を要します。一部の現地報道で、「ロシア黒海艦隊がウクライナ海軍に対し現地時間4日午前5時(日本時間4日正午)までに投降しなければ攻撃すると最後通告した」と出て、一時緊張が高まりましたが、ロシア軍は報道を否定している模様です。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

1周年特集
投資の失敗
桐谷広人
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせくださいウクライナ情勢緊迫化でNYダウ下落も、米景況は少しずつ改善

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

ウクライナ情勢緊迫化でNYダウ下落も、米景況は少しずつ改善

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
1周年特集
 
ハゲタカ
 
世界のリスクを総点検
投資の失敗
 
はじめての下落相場と損
 
株主優待・桐谷広人
美白YouTuberが紹介!無理なくカンタンな貯蓄術のススメ
 
老後破綻
 
動画でわかる
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。