お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
日経平均が14,000円に接近、ここは買い場
窪田 真之
3分でわかる!今日の投資戦略〔平日毎朝8時掲載〕
楽天証券経済研究所の窪田真之と香川 睦が、日本株市場の分析と投資戦略をレポートします。 ともに元ファンドマネージャーであり、国内外のマーケット動向に精通。運用者、分析者としての幅…

日経平均が14,000円に接近、ここは買い場

2014/2/17
約25年間の国内株式の運用経験を活かしたマーケットコメントを毎営業日無料で提供いたします。
facebook twitter メールで送る 印刷

2月14日の日経平均は、221円安の14,313円。この水準は、買い場と考えます。これには、3つの理由があります。

(1)日経平均14,313円で買いと考える3つの理由

  • テクニカル分析で、14,180円に重要な節目があること。
  • 2014年も、日本の景気・企業業績の回復が続くと予想すること。
  • 日本株は、PER(株価収益率)・PBR(株価純資産倍率)・配当利回りなどの株価指標で見て、割安と考えられること。

株は、長期的には、景気・企業業績で動きますが、短期的には需給(売り手と買い手の力関係)で動きます。需給を読むには、テクニカル分析が欠かせません。

今日はまず、テクニカル分析で、14,180円を下値メドと考える理由を説明します。

(2)テクニカル分析では、14,180円に重要な節目がある

日経平均は、昨年5月から10月にかけて大きな三角もちあいを作りました(グラフA)。この大きな三角もち合いは10月末にかけて14,180円に収束し、その後、日経平均は大きく上放れました。14,180円は、半年あまりかけて値固めした水準なので、テクニカル分析では重要な節目となります。

2月5日に一時14,000円を割れた日経平均が、すぐ急反発して2月12日に14,874円まで戻ったのは、14,000円を下値の目処として意識している買い手が、買い出動したからです。

先週後半は、再び売り優勢となって14,313円まで下がりましたが、この水準では再び、買いが入りやすくなると思います。

(グラフA)日経平均の週足(2013年1月~2014年2月14日)

私は、日経平均で「14,180円が目先の底」と考えていますが、実はテクニカル分析だけで結論を出すことはできません。テクニカル分析でわかることは、「14,180円が重要な節目」ということだけです。

14,180円にひいた赤い線の上半分だけ見てください。2013年5月以降、日経平均は14,180円からの上値トライを4回やっていますが、ことごとく売りに押されて14,000円まで打ち返されています。14,180円より上では、売り手の力が買い手の力を上回っていることがわかります。

ただし、14,180円より下半分では、売り手より買い手の力が上回っています。2013年5月以降、日経平均が14,180円より下へ売られると、買いが優勢となって14,180円へ戻しているからです。

(3)景気・企業業績が、最終的な株の動向を決める

私は、日本の景気・企業業績は2014年も回復が続くと考えています。2014年度に、純利益は15%伸びると予想しています。増益率は、2013年度よりも低くなりますが、それでも二桁増益が続くと考えています。

私は、日経平均の26週移動平均線が「企業業績の回復に見合った」日経平均の水準と考えています(グラフB)。

(グラフB)日経平均週足(2013年1月~2014年2月14日)再掲

相場は常に行き過ぎるものです。グラフBを見ると、過剰な期待で、日経平均が26週移動平均線を大幅に上回って上昇するとスピード調整が起こり、日経平均は26週移動平均線まで売られていることがわかります。2013年5~6月、2014年1~2月の大きな調整は、上昇ピッチが速すぎることに対して起こったスピード調整と考えています。

今回の調整で、日経平均は26週移動平均線を割り込んでいます。これを新たな長い調整入りのシグナルと捉えるテクニカル・アナリストもいますが、私はそうは考えません。日本の景気・企業業績は回復が続くと考えているからです。26週移動平均線も、まだ上昇を続けています。私は、日経平均は売られ過ぎで、日本株は買いの好機と判断しています。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

つみたてNISA
人気記事ランキングTOP

 

このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください日経平均が14,000円に接近、ここは買い場

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

日経平均が14,000円に接近、ここは買い場

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント

 

 
フレッシャーズ

 
タイムトリップ
 

 

 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。