お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
勢いよくリバウンドの日経平均、底入れか?
窪田 真之
3分でわかる!今日の投資戦略
楽天証券経済研究所の窪田真之と香川 睦が、日本株市場の分析と投資戦略を毎営業日レポートします。 ともに元ファンドマネージャーであり、国内外のマーケット動向に精通。運用者、分析者と…

勢いよくリバウンドの日経平均、底入れか?

2014/2/12
約25年間の国内株式の運用経験を活かしたマーケットコメントを毎営業日無料で提供いたします。
facebook twitter 印刷する

2月10日の日経平均は、255円高の1万4718円。5日に一時1万4千円を割れた後、見事な急反発です。「これで底入れ!」と考えていいでしょうか。ちょっと待ってください・・・テクニカル分析から、いくつか気になることがあります。

(1)日経平均は先週、長い下ヒゲを出して反発

日経平均(週足)は、昨年5月第4週に長い上ヒゲを出してから急落しましたが、先週は長い下ヒゲを出してから、反発しています(グラフA)。

(グラフA)日経平均週足(2013年1月~2014年2月12日)

上昇相場が下降相場に転換する時によく出るのが、上ヒゲ(図の赤丸)。これが出た後、相場が大くずれしたのが昨年5月です。ヒゲの長さが長いほど、強い売りシグナルになります。この時は、とても長い上ヒゲが出て強烈な売りシグナルとなりました。

これに対して、先週の週足には長い下ヒゲ(青丸)が出ています。これで下降相場が上昇相場に転換すると考えたいところですが、よく見ると、5月の上ヒゲほど強いシグナルではありません。まず、ヒゲの長さを比べてください。先週の下ヒゲは、5月の上ヒゲほど長くはありません。

長いヒゲが出た週の週足が陽線(白ヌキの線)か陰線(黒で塗りつぶした線)かも重要です。5月の上ヒゲは陰線についていて、売りシグナルを強めていますが、先週の下ヒゲも陰線についていて、買いシグナルを弱めています。

まとめると、以下の通りです。

1.長い上ヒゲ + 陰線 強い売りシグナル → 昨年5月第4週
2.長い上ヒゲ + 陽線 弱い売りシグナル
3.長い下ヒゲ + 陰線 弱い買いシグナル → 先週の週足
4.長い下ヒゲ + 陽線 強い買いシグナル

(2)日経平均で14000円は下値支持線として意識できる

先週の日経平均が14000円割れ後に、すぐ急反発したことから、14000円を下値支持線として意識することも可能です。なぜならば、昨年5月から10月にかけて日経平均が作った大きな三角保ち合いが14000円強の水準で収束したからです(グラフB)。

(グラフB)日経平均週足(2013年1月~2014年2月12日)再掲

(3)もっとも気がかりなのは、1月1週~2月1週の下げモメンタムが強いこと

テクニカル分析で今、一番の懸念は、1月以降の下げがあまりに急で、直近の反発だけでは、下げモメンタムの強さを消し切れていないことです(グラフC)。

(グラフC)日経平均週足(2013年1月~2014年2月12日)再掲

短期的に下げモメンタムの強さを消すのは、むずかしそうです。相当、強い週足の陽線が出ないことには、下げモメンタムが消えないからです。たとえば、日経平均が今週中(2月14日まで)に、13週移動平均線(15478.50円)を超えるくらいの急上昇をすれば、1月以降の下げモメンタムを消すくらい強い陽線となります。足元、世界的に株式市場を不安定にする材料が残っていることを考えると、そのような強い陽線が出る可能性は低いと考えられます。

短期的に下げモメンタムを消せない場合は、時間をかけて(日柄調整によって)下げモメンタムを消していくしかありません。目先2~3カ月、日経平均は、14000~15500円までのボックス圏で、値固めをしながら、次のトレンドを模索する展開になると予想されます。

(4)テクニカル分析についての重要な注意事項

テクニカル分析とは、過去の値動きや出来高などから、今後統計的に起こる可能性が高いことを予測するものです。投資判断を行う上でとても参考になりますが、必ずそうなるとは限りません。

私は2013年まで25年間、ファンドマネージャーとして1000億円を超えるファンド運用に携わってきました。テクニカル分析を大いに参考にしましたが、テクニカル分析だけに頼って投資判断をすることはありませんでした。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

はじめよう株主優待
人気記事ランキングTOP
トウシル TOP
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください勢いよくリバウンドの日経平均、底入れか?

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

勢いよくリバウンドの日経平均、底入れか?

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。