facebook twitter
米雇用統計直前レポート!
荒地 潤
デイリー為替情報
当情報では、ブレークアウトシグナル、パワーインジケーターなどトレードに役立つ指標を駆使して、各国の通貨の動向やトレンドの動向をお客様に配信しています。各通貨の動きに注目することで…

米雇用統計直前レポート!

2016/4/27
5月6日に発表される4月米雇用統計の予想は、NFP(非農業部門雇用者数変化)が+22.8万人(前回+21.5万人)、失業率は5.0%(前回5.0%)となっています。米労働市場が順調に拡大していることがうかがえます。
facebook twitter メールで送る 印刷

なぜドル円は米雇用統計に素直に反応しなくなったのか?

042701

5月6日に発表される4月米雇用統計の予想は、NFP(非農業部門雇用者数変化)が+22.8万人(前回+21.5万人)、失業率は5.0%(前回5.0%)となっています。米労働市場が順調に拡大していることがうかがえます。

しかし、3月のNFPは予想を上回る強さだったにもかかわらず、ドル円の反応は限定的でした。発表後112円台半ばまで上昇したあと、111.58円まで押し戻されています。
雇用統計が強くとも、ドル円は素直に反応していません。昨年12月にFRBが利上げを決定して以来この傾向が強まっているように思えます。

米労働市場が順調すぎるがゆえに相場の材料にならない、というのも理由のひとつかもしれません。しかし、NFPがベンチマークといわれる20万人を割ったとしても、FOMCは10万人程度の増加で十分との認識なので、利上げを中止することはないでしょう。

とにかく、インフレ率が上がらなければ、FRBは利上げできないし、利上げする必要がないのです。たとえ雇用が増えても、賃金が上昇しなければ、お金は回らず、物価も上がりません。これは、失業率やNFPの数字では見えない部分です。そこで、平均労働賃金が最近注目されています。平均労働賃金が上がると消費行動の拡大となって、インフレ率上昇につながるという連想が働くからです。

042702

グラフを見て、米労働市場が改善していることは明らかですが、賃金が上昇しているかといえば、そうではありません。失業率は順調に低下して、雇用情勢はタイトになっているのにインフレ圧力の兆しがないのです。

FRBは昨年、インフレの弱さは原油価格下落による一時的なものだといいました。最近では逆に、インフレの強さは一時的なものかもしれないと述べています。

しかし、現在の状況が悲観的なのかというと、必ずしもそうではありません。インフレなき雇用拡大は、利上げリスクがない状況で経済が拡大していることになるので、株式市場(リスクマネー)にとってはプラスだからです。

いずれにしても、平均労働賃金という要素が加えたことで、ドル円は、金利差拡大とリスクオンのどちらで動くのか、かえって難しくなりました。ドル円が雇用統計の結果に素直に反応しなくなったのは、このような事情があるのでしょう。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

 
世界のリスク
はじめての下落相場
年末高
ラクしてちょい稼
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください米雇用統計直前レポート!

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

米雇用統計直前レポート!

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
世界のリスク
 
年末高
 
投資ワクワク
 
お宝優待株
 
人気記事ランキング
デイリー週間月間
投資の失敗
 
はじめての下落相場
 
はじめよう株主優待生活
 
人気ブロガー
 
NISAつみたてNISAロールオーバー
 
老後破綻
 
動画でわかる
 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。