お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
トランプ・シン・大統領、ついに始動
ハッサク
ハッサクのなるほど為替超入門
毎週水曜日に新着公開。為替ディーリング歴22年のベテランが、「円高とは?」「外国為替とは?」など為替の基礎知識から、リアルマーケットの分析に至るまで、投資入門者にもわかりやすく解…

トランプ・シン・大統領、ついに始動

2017/1/25
1月20日、トランプ新大統領がついに始動しました。就任演説では、これまでの歴代大統領の崇高な就任演説とは程遠く、自由主義や民主主義の理念は語らず、「米国第一主義」(“America First”)、「米国製品を買い、米国人を雇う」(“Buy American and Hire American”)と唱え、保護主義色を前面に押し出してきました。
facebook twitter 印刷する

1月20日、トランプ新大統領がついに始動しました。

就任演説では、これまでの歴代大統領の崇高な就任演説とは程遠く、自由主義や民主主義の理念は語らず、「米国第一主義」(“America First”)、「米国製品を買い、米国人を雇う」(“Buy American and Hire American”)と唱え、保護主義色を前面に押し出してきました。大統領に就任すれば、現実的な路線に歩み寄るとの期待は外れ、保護主義色への不安からマーケットは株安、ドル安に反応しました。ドル円は115円台から113円台へと下落しました。

就任日の1月20日、就任初の大統領令に署名したのは、オバマケア(医療保険制度改革法)の見直しでした。そして同じく1月20日には、TPPの離脱とNAFTA(北米自由貿易協定)の再交渉を表明しました。23日にはTPP離脱の大統領令に署名しました。これによって現在の協定は発行不可能となりました。また、メキシコ大統領、カナダの首相と電話会談し、首脳会談を調整しました。今週27日(金)の英国メイ首相との首脳会談を皮切りに、今後の首脳会談の予定は以下の通りです。メキシコ、カナダとの会談で通商に関するトランプ大統領のスタンスがより明確になり、他国への要求、特に中国や日本に対する要求を探るヒントになるかもしれません。また、保護主義色の強い、強硬な姿勢で臨んだ首脳会談であれば、マーケットは再び弱気になるかもしれません。

トランプ米大統領の今後の首脳会談予定

トランプ政権の顔ぶれ

トランプ新政権の主要ポストの顔ぶれは「大金持ち」「軍人」「白人男性」を重用する傾向がみられます。「史上最も金満な政権」と言われる閣僚の総資産額は100億ドル(約1兆1,300億円)と言われています。また閣僚の女性・非白人男性の割合はオバマ政権発足時の3分の1、歴代政権の中でも低い方です。

閣僚、閣僚級ポストに占める女性、非白人男性の人数と割合(政権発足時)

トランプ大統領は、選挙期間中の過激な発言で米国を真っ二つに割りました。「白人層と非白人層」、「支配層と非支配層」、「富裕層と貧困層」と社会の分断は深まりました。選挙が終わると「米国民の結束」を訴えていますが、史上最大の金満政権でかつ、女性・非白人男性の割合が歴代政権では低いという、まさに米国の分断を象徴したような新政権では「米国民の結束」はなお遠く、今後、トランプ大統領の支持率にどのように影響するのか注目です。その支持率は、既に50%を下回っているという厳しい船出となりました。

最近の歴代大統領の就任直前の支持率と景気の状況

※NYダウ平均は就任前年の12月末、失業率は12月の数字

新政権の経済政策と議会との協調

支持率のこれ以上の低下をストップさせ、高めることが出来るかどうかは、昨年からのトランプラリーを引き起こした経済政策が実際に実現できるかどうかにかかっています。就任日にトランプ大統領は6項目の基本政策(通商、雇用・経済、外交、軍、治安、エネルギー)を発表しました。このうち経済政策は以下の通りとなります。

トランプ政権が就任後発表した経済政策

この基本政策では、新たな雇用創出や4%成長の目標を掲げていますが、「1兆ドルのインフラ投資」は消えています。また法人税の引き下げ幅も、トランプ氏が主張してきた35%から15%への引き下げにも触れていません。いずれも財源などを巡って議会との調整が必要なためと思われます。今回の選挙による議会の勢力図は、下院(定数435、過半数218)では241議席と、野党民主党194議席を大きく上回っています。一方、上院(定数100)では共和党が52議席と過半数51を上回っていますが、無所属2と民主党46を合わせた野党は48議席と僅差となっています。共和党から3人が造反すれば法案は否決される綱渡り状態となっています。

議会との調整が長引けば、具体化が遅れる懸念があり、支持率が低下し、トランプラリーが剥げ落ちる可能性が出てきます。大統領令は執行権があり、法律と同等の力を持ちますが、税財政の決定権は議会にあります。また、上院では、予算など多くの法案は過半数ではなく60票を集めないと成立が難しいと言われています。このように政策実現のためには上下両院で過半数を占める与党・共和党の協力は絶対に不可決ですが、すでに閣僚人事で手間取っており前途は多難な状況となっています。今後は、議会との対応によって相場が動かされるかもしれないため、議会動向にも注目していく必要があります。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

つみたてNISA
人気記事ランキングTOP
トウシル TOP

 

このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせくださいトランプ・シン・大統領、ついに始動

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

トランプ・シン・大統領、ついに始動

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
フレッシャーズ
 
タイムトリップ
 
動画でわかる
 

 

 

 

 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。