お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
動かない時間帯〜クリスマスと年末・年始の相場
ハッサク
ハッサクのなるほど為替超入門
為替ディーリング歴22年。現役時代は行内で為替業務を社員に教示するなど、為替のイロハを熟知。「お金は、戦後最大の成長産業」と言い切るハッサク。「新聞などの身近な情報で為替分析」が…

動かない時間帯〜クリスマスと年末・年始の相場

2014/12/24
以前為替の動く時間帯について説明しました。為替は24時間、月曜日から金曜日まで動いているのですが、その中で1日、あるいは1週間、あるいは1ヵ月、1年の中で為替がよく動く時間帯について説明しました。
facebook twitter 印刷する

以前で為替の動く時間帯について説明しました。
為替は24時間、月曜日から金曜日まで動いているのですが、その中で1日、あるいは1週間、あるいは1ヵ月、1年の中で為替がよく動く時間帯について説明しました。今回は、逆に、あまり動かない時間帯について説明します。動かない時間帯という意味は、相場が全く動かないということではなく、参加者が減り、価格変動が起きた場合に大きくなりやすい時間帯のことをいいます。

動かない時間帯のリスク

為替を売ったり買ったりして収益を追求するためには、為替がよく動く時間帯を知っておけば十分ではないかと思われる方も多いと思います。それでは動かない時間帯をなぜ知っておく必要があるのでしょうか。それは、為替本来のもっているリスクと関係があります。マーケットで動く商品を売買するためには、常に三つのマーケットリスクを考えておく必要があります。
価格リスク、信用リスク、流動性リスクの三つです。

価格リスクとは、その商品の価格の変動リスクです。為替でいえば、ドル円を買った瞬間に価格リスクに晒されることになります。ドル円を買って、上がれば収益になりますが、下がれば損失になります。このように、その商品を買った瞬間に価格の変動によって損失を被るリスクのことを価格リスクと言います。

信用リスクとは、クレジットリスク、デフォルトリスク(債務不履行リスク)のことです。商品の返済義務者(債務者のこと)の倒産、国家破綻によって元本が返済されないリスクのことです。ある企業の株を買った場合、価格の変動によって損失を被る価格リスクがありますが、元本がゼロになることはありません。しかし、その企業が倒産した場合、会社がなくなり株価がゼロになって元本は戻ってきません。これが信用リスクの怖さです。倒産しなくても、信用が落ちてくると価格も下がってきます。価格は信用があっての価格ということになります。国家の場合は、国が破綻すると、国債の債務不履行が起こり、元本が戻ってこない可能性があります。いくら金利が高くても信用のレベルを考えないと損失を被るリスクが高まることになります。その信用のレベルを判断するのが格付けということになります。為替の場合も同じです。信用が低い国の通貨は変動しやすいため、おもわぬ価格変動リスクに晒されることになるため注意が必要です。

流動性リスクとは、債券や株式などを売って換金しようと思った時、あるいは買っていたドル円のポジションを売りたい時に、すぐに売れなかったり、また希望した価格で売れなかったり、希望した量を売れなかったりするリスクのことをいいます。ある企業が倒産する可能性が高まった、ある国の債務不履行が起こる可能性が高まった、あるいはその国の通貨が政情不安で暴落したなどを背景に相場が一方向に傾いた時に流動性リスクが起こります。今、保有している株や債券、為替などが処理できない怖さ、処理できないために損失がどんどん膨らむという怖さがあります。また、参加者が少なく、価格が成り立ちにくい時にも予定していた金額が処理できなということが起こります。金曜日の午後やクリスマス・シーズンから年末・正月の間は、極端に参加者が減りますので注意が必要です。

最も怖いリスクは?

以上の三つのリスクの中では、為替マーケット30年の経験の中では、流動性リスクが最も怖いリスクでした。いくら先進国の通貨でも、暴落が起こり、流動性がなくなることは起きます。1992年に起きたポンド危機は有名な話です。投機家ジョージ・ソロスが、いずれイギリスはERM(欧州為替相場メカニズム、EC諸国の為替を一定の枠に収めようとする通貨管理体制)を脱退するとの読みで、ポンドを売り浴びせました。この結果、ポンドは暴落し、イギリスはERMを脱退しました。この時、ハッサクはニューヨークで為替をやっていましたが、その時の恐怖は忘れることが出来ません。ニューヨーク市場でポンドの流動性が全くなくなったからです。売りたくても売れない恐怖。顧客の注文オーダーも処理することが出来ませんでした。

1985年のプラザ合意の時もそうでした。日銀のドル売り介入が行われましたが、流動性が少なく思ったプライスで売ることが出来ません。特にその後の円高の中で、200円を割れた時は東京市場がパニックになりました。ディーリングルームがパニック状態になり、ああパニックとはこういう状況のことをいうんだな、と冷静に仲間の行動やマーケットの動きを観察していた記憶があります。1円下の買値(199円)よりも2円下の買値(198円)の方が先につくほど、マーケットはパニック状態でした。このパニックに比べれば、リーマンショック直後の暴落や、あるいは9.11同時テロ事件のドル安の動きは、ハッサク自身の経験の中では、市場はパニック状態ではありませんでした。逆に9.11では驚いたという記憶が残っています。ドルの本拠地ニューヨークが被害を受けたためドルの流動性がなくなるのは当然ですが、そのようなマーケットの中でも、価格が立ち、わずかですが取引が行われていました。このような厚さと深みのある市場は為替市場の他にはないなあと感慨深いものがありました。

クリスマスと年末・年始の相場

流動性リスクについて、金曜日の午後や、クリスマス・シーズンから年末・正月の間は、極端に参加者が減るので注意が必要という話をしました。

まず、1日の中では、日本時間ベースでいうと、朝の5時以降、シカゴ先物市場の清算取引が終わった後は、市場参加者が減るため価格が変動しやすくなります。また、日本の多くのFX証券会社が値洗いをする朝7時から7時半の間は、為替スプレッド(買値と売値の開き)も広がり、値動きも荒くなるため要注意です。

1週間の中では、金曜日のニューヨークの午後の時間帯が、極端に流動性が薄くなります。日本時間では金曜日の深夜2時以降の時間帯です。ロンドン市場がニューヨークの昼過ぎには終わるため、またニューヨーカーにとっては、楽しい週末は金曜日の昼からとウキウキしている人が多いから参加者が減ります。ニューヨーク駐在の時は、金曜日のランチは外に出て(普段はディーリングルーム内でピザやハンバーガーのテイクアウト)、ビールを飲んでいい気分になって帰ってくるということを時々やっていました。そういうディーラーやブローカーを数多く見かけます。中にはそのまま帰宅する人もいます。

1年の中で最も流動性が薄くなるのは、クリスマス・シーズンと年末・年始です。
12月に入ると、欧米では休暇を取る人が増えます。金融監督局の指導で2週間の連続休暇を取らなければいけないため(日本は1週間)、夏休みを我慢し、クリスマスがある12月に2週間という長期休暇を取る人が多くなります。そのためマーケットは閑散とし、流動性が薄くなってきます。働いているのは、日本人とアシスタント・ディーラーのみになります。欧米人にとってクリスマスは、お盆と正月が一緒にきたような盛り上がりになる行事です。その代り、お正月は、元旦1日だけで味気ないものです。為替市場も12月に入ると、人がどんどん少なくなっていき、取引が細り、クリスマスを中心に休暇を取る人が増え、更にマーケットは閑散となります。12月25日は、相場がないと言ってもいい状況になります。もちろん、日本人は働いています。その代り、お正月は2日からばりばり働きます。日本人がのんびり休んでいる間も(欧米駐在の日本人はこの時も働きます)、欧米では新年の投資スタートということもあり、一斉に投資行動が活発になります。マーケットも普通の盛んなマーケットとして動いています。2日や3日に相場が大きく動くということもあるため注意が必要です。

このように流動性の薄い時は、自分の思う通りに売買が出来ないため無理をせず、ポジションを持たないか、控えめにすることが肝要です。自分ではどうにもならないリスクに晒されることがあると肝に銘じておく必要があります。怖いのは流動性リスクです。

マーケットリスク(市場に内在するリスク)

価格リスク  市場環境によって価格が変動し、損失を被るリスク

信用リスク  商品の返済義務者(債務者のこと)の倒産、国家破綻によって元本が返済されないリスク
       クレジットリスク、デフォルトリスク(債務不履行リスク)のこと

流動性リスク 債券や株式などを売って換金しようと思った時、あるいは買っていたドル円のポジションを
       売りたい時に、すぐに売れなかったりまた希望した価格や量を売れなかったりするリスク

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

はじめよう株主優待
人気記事ランキングTOP
トウシル TOP
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください動かない時間帯〜クリスマスと年末・年始の相場

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

動かない時間帯〜クリスマスと年末・年始の相場

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
 
 
 

 

 

メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。