お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
為替はなぜ動くのか
ハッサク
ハッサクのなるほど為替超入門
為替ディーリング歴22年。現役時代は行内で為替業務を社員に教示するなど、為替のイロハを熟知。「お金は、戦後最大の成長産業」と言い切るハッサク。「新聞などの身近な情報で為替分析」が…

為替はなぜ動くのか

2014/8/20
さて、為替はなぜ動くのでしょうか。円高、円安ってなぜ起こるのでしょうか?第3回のレポートで外国為替市場では、「外国為替」=通貨という商品が売買されていると書きました…
facebook twitter 印刷する

さて、為替はなぜ動くのでしょうか。円高、円安ってなぜ起こるのでしょうか?
第3回のレポートで外国為替市場では、「外国為替」=通貨という商品が売買されていると書きました。そして通貨の主な商品は「ドル」です。そのドルの値段が上がったり、下がったりするのはなぜでしょうか。あたりまえの答えになりますが、通貨という「ドル」の「値段」はモノの場合と同じように需要(買い)と供給(売り)によって決まります。つまり、需給によって決まる需給相場ということになります。

ドルの需要が多い → ドルの買いが多い → ドル高
この動きをドル円相場の円から見れば、円の供給が多い → 円の売りが多い → 円安
 
ドルの供給が多い → ドルの売りが多い → ドル安
この動きをドル円相場の円から見れば、円の需要が多い → 円の買いが多い → 円高
 

需給相場

要するに需給相場とは、ドルの買い手が多ければドル高となり、ドルの売り手が多ければドル安となるように需給によって動く相場のことをいいます。ドル円の相場を予測するうえではこのドル需給の力関係を考え、お金の流れる方向を観察することが重要となります。ここでいう力関係とは、需要(ドルの買い手)と供給(ドルの売り手)の偏りのことを意味します。この需給の偏りによって相場は動きます。

為替市場でのドルの買い手と売り手

では、この需給の偏りはどのような要因によって起こるのでしょうか。その前にドルの需要(買い手)と供給(売り手)の取引にはどのような取引があるのかを整理してみます。大別して下表の五つの取引が見られます。

  ドル売り円買い
(ドル安円高要因)
ドル買い円売り
(ドル高円安要因)
貿易取引 輸出取引 輸入取引
国内投資家 海外投資の戻り( 利金・配当・満期 ) 海外投資(外貨預金・外債・投信、海外企業へのM&A)
海外投資家 対日資本投資(株・債券の購入、日本企業へのM&A) 日本からの流出(利食い・満期)
投機筋 ドル売り投機 ドル買い投機
当局(財務省、日銀) ドル売り(円買い)介入 ドル買い(円売り)介入

前回の外為市場の参加者で書いたことと重複しますが、ドルの買い手と売り手という分け方で考えると以上の表のようになります。簡単に説明します。

貿易取引 輸入取引 ドル買い。輸入企業による輸入に必要なドルの購入
輸出取引 ドル売り。輸出企業による輸出で得たドル代金の円転
国内投資家 ドル買い 海外投資のためのドル買い。外貨預金、外国株、外国債券の購入。日本企業の海外企業の買収(M&smp;A)、海外現地法人の設立による資本出資。ここ数年、円高が続いた局面では日本企業による海外企業の買収が増加しました。
ドル売り 海外投資による資金の戻り。銀行、証券会社、投信会社を通して購入した外国株の配当、外国債券の利金あるいは満期金の円転(外貨を円に換えること)。海外現法の整理・撤退。
海外投資家 円売り
(ドル買い)
日本へ投資した資金の利食い、満期、事業の撤退
円買い
(ドル売り)
日本に対する投資。日本株、日本の国債の購入。
日本企業の買収(M&smp;A)、日本で現地法人の設立。アベノミクスによる株高は外人買いが大きく貢献しました。外人の株買いは円買いにつながるのですが、彼らは同時に円安への予防的手段として円売りヘッジをやっているため、為替での需給バランスはニュートラルと言われています
投機筋 ドル買い 代表はヘッジファンド。日本の個人投資家も東京市場の1/3まで占めるようになってきていることを考えれば投機筋と言えると思います。
ドル売り 投機筋はドル売りからでも入ってきます。日本の個人も数年前はドル買いが入口でしたが、最近ではドル買い、ドル売り両方から入ってくるようになりました。ヘッジファンドは相場の流れに乗る順張り戦法で、日本の個人投資家は相場の流れに逆らう逆張り戦法が主な手法となっております。
当局(財務省、日銀) ドル買い 円高局面でのドル買い・円売り介入。80円台前半で相場が動いていた時
に、2010年9月15日に6年半振りの介入を実施。円売り介入では1日での最大規模。これまでの史上最大の介入は、2003〜2004年にかけての37兆円。介入は、基本的には需給バランスの調整であり、押し上げ介入は困難であるが、この37兆円介入は時間をかけて効果があった介入。
ドル売り 円安局面でのドル売り・円買い介入。介入は相手国の承認を取る必要があり、ドル売りは米国の嫌がるところ。日本ではほとんど見られない介入。1985年のプラザ合意による大規模介入が代表例。この時は協調介入。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

はじめよう株主優待
人気記事ランキングTOP
トウシル TOP
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください為替はなぜ動くのか

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

為替はなぜ動くのか

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。