facebook twitter
新卒から25歳までに証券口座とどうつきあうか
山崎 俊輔
なんとなくから卒業!実践・資産形成術
誰にとっても重要で大切な「年金」と「老後資金準備」について、「漠然とした不安」から卒業しよう! これからの人生のマネープランを、主体的にかつ前向きに組み立てるためのヒントを、ファ…

新卒から25歳までに証券口座とどうつきあうか

2014/3/27
本コラムが掲載されるとまもなく4月です。消費税8%への引き上げが取り上げられがちですが、毎年4月は新社会人が誕生する季節でもあります。
facebook twitter メールで送る 印刷

本コラムが掲載されるとまもなく4月です。消費税8%への引き上げが取り上げられがちですが、毎年4月は新社会人が誕生する季節でもあります。

新社会人から25歳くらいまでの若手のうちにぜひやってほしいことのひとつが「証券口座開設」です。証券口座開設をしなければ、株式や投資信託は買えません。つまり、開設を遅くするほど、株にチャレンジする時期が遅くなってしまい、ひいては資産形成のチャンスを見過ごすことになります。

本コラムの読者の多くは楽天証券の口座開設者(かつ新社会人ではない!)だと思いますが、証券口座開設をもっと早くしておけばよかったと思ってはいませんか? きっかけやヒントをもう少し早くもらえれば、数年早くリスク運用の経験を始められたのにと、軽い後悔をしている人は多いはずです。それほどに、投資の世界への入り口をみつけることは難しいことです。

もし周囲に新社会人の友人や親戚がありましたら、本コラムを紹介していただければと思います。

新卒は銀行口座とクレジットカードだけでなく証券口座も開設したい

新社会人の多くが開設、あるいは契約する口座として「銀行口座」「生命保険」「クレジットカード」があります。

まず銀行口座は給与振込口座として必ず必要になります。日本では銀行口座を持たない人はほとんどいませんし、入社時に会社から「○×銀行○×支店で銀行口座を作ってくるように」と言われたりします。気がつけばそこがメインバンクになって、住宅ローンの最初の相談相手になったりもします。

生命保険も多くの個人が加入する制度のひとつですが、新入社員への職域営業、つまり職場での声かけをきっかけに加入する人が多いのが、加入率の高い理由のひとつです。社会人になったら入るのは当たり前、なんていう雰囲気作りがされており、何度も何度も声かけをされて根負けするように加入する人は少なくありません。

クレジットカードについては、比較的主体的に作られることが多いものの、銀行口座開設をきっかけに提携カードを作ったり、駅前のキャンペーンなどでカードを作ったりするようです。社会人になるとネットの決済をしたり、高額商品の買い物をするため、カードは欠かせないのは確かです。

ところが、若い人の多くが「証券口座」をもっていません。給与振込口座として使うわけでもないし、職域営業する人もいません。強制力がない中で、生活の必然性も低く、自分の意思で開設する人は少ないからです。

これはとてももったいない話です。

投資額は大きくはないがこれがむしろチャンス

若い人ほど投資を行わない理由として、いくつかの誤解があるように思います。よくある若い人の投資に関する誤解としては、

  • 「もっと大人になってからやるもの」とか
  • 「まとまったお金でやるもの」あるいは
  • 「なくしてもかまわないお金ができたらやるもの」

というものがあるようです。しかし、いずれも根拠のない投資ルールです。

まず投資に年齢は関係ないことは投資経験者なら誰でも分かることでしょう。成人である必要すらありません。しかし、投資未経験者はそれを知らないまま、親の年齢ぐらいになってやるものと思っていたりします。残念ながらこういう人は40代になっても投資をスタートしないものです。

「まとまったお金が投資には必要」というのも全くの誤解です。預かり資産残高を増やしたい金融機関職員だけが得をする投資ルールでしかありません。あるいは投資をしたことがないFPの無意味なコメントだと思うべきです。

個別株式であろうと数万円で買える銘柄はたくさんありますし、投資信託であれば1万円前後で一口が買えます(投資信託の場合、1円単位で買えるものも多いので、「1万円で買える」というフレーズを見直してもいいくらいです。)。

むしろ、少額で投資をするほうが、若い人にとってはメリットが大きいくらいといえます。少額の投資なら損失も少額になるからで、マーケットの仕組みや株価形成の不条理を理解する前に投資をするなら、少額でスタートすることが役立つというわけです。
(勉強し尽くしてから投資をすると、何年もムダに時間を使ってしまいます)

例えば、1万円投資したとすれば、リーマンショックが来ても損失は2,500円くらいですむでしょう。2,500円の損なら、服の買い物の失敗のほうがダメージが大きいはずです。つまらない飲み会1回分だと気を取り直すこともできます。

しかし、投資の実体験を得たという「経験」は金額が少なくても残ります。致命的な損失額は生じずに済み、マーケットの騰落という貴重な経験を将来の肥やしにすることができます。

それに、マーケットには初心者優遇レートもないですから、若い人の投資ほど、失敗に備える意識が重要といえます。

新卒向けの資産運用の方法について

新社会人の場合、「投資の経験」が最重要ポイントですから、「証券会社選び」や「運用方法の選定」についてはほとんど自由でもかまいません。唯一条件をあげるとすれば「少額であれば」ということにつきます。

楽天証券掲載のコラムでこういうのもおかしな話ですが、「最初の投資経験はどこの証券会社でもいい」と思います。むしろ開設までのステップを乗り越えることが最大の課題です。投資に慣れてくると機能や商品性を理由に証券会社の選択ができるようになりますし、そこまでのレベルになると証券口座開設を苦労と思わなくなりますから、それほどの問題ではありません(経験を積むほど楽天証券の開設を検討するはずです、と言ったらヨイショが過ぎるでしょうか?)。

あえて証券口座選びにアドバイスをするなら、銀行ではなく証券会社で開設するほうがいいでしょう。商品数の違いや商品選択の違いを考えれば、証券会社が勝ります。ただし投資信託の取り扱いが少ない証券会社より、本数の多いところを選ぶといいでしょう。いきなりNISAでもかまわないと思います(NISA口座は単体では作れず、証券口座を同時開設することになります)。

投資商品については、「ベターな投資手法」をアドバイスするならインデックス型の投資信託ということになりますが、20代前半で投資経験を積むという目的を考えれば、いろいろ首を突っ込んでみるくらいの好奇心があってもいいでしょう。株式投資と債券投資の経験を積んでおくこと、外国にも投資範囲を広げてみることが理想ですが、少額のうちにいろいろやってみるのも経験として役立ちます。アクティブファンドもありですし、FXも少しやってみていいでしょう。少額で試してやはりうまくいかないかと撤退するくらいでもいいのです。

何度も繰り返しますが「少額」がポイントです。いろいろチャレンジして「投資で儲かった経験」と「投資で損した経験」を得ておくことが20代前半の投資課題といえます。実際に売り買いをすると、マーケットの情報も熱心に収集するようになりますし、売買ツールの使いこなしにも習熟することができます。教科書を何度も読むより、一度の実戦、というわけです。

そして、生きた投資というのは「楽しい」ということも経験してほしいと思います。自分の投資対象が見込みがあたって、ぐんぐん値上がりしたときの喜びは、筆舌に尽くしがたい感動があります。世の中の動きが自分の資産価値の変動につながることも、会社員だけでは味わえない経験です。楽しみあっての投資という部分も、やはり実戦でなければ分かりませんし、少額でも十分に醍醐味を味わうことはできるはずです。

20代の後半あるいは30代以降に、投資金額が増えてきたところで、冷静な投資判断、合理的な投資選択ができれば、20代の数万円の負けはいくらでも取り返すことができることでしょう。(最初から負ける話ばかりで恐縮ですが、実力もない投資初心者に必勝を約束するほど筆者は厚顔無恥ではありません)

確定拠出年金は半強制的投資経験獲得の機会。ぜひ加入を

最後に「会社内でやる投資」として確定拠出年金の話をします。新社会人が会社の説明会などで「確定拠出年金に入るか、入らないか決めるように」と言われたら、必ず加入すべきと思います。

確定拠出年金は会社の退職金制度の一部を、自己責任で運用するものです。一定額が専用口座に入金され、ネット証券で売買するような感覚で、運用の指図が出せます。運用でうまく増えた場合も減った場合も、自分の判断結果が自分の将来の受取額を決める仕組みです。

もし加入しない場合、積み立てられる掛金相当額を現金でもらえることになります。一見すると損得がないように思いますが、税金や社会保険料が引かれますので、おおむね10~15%以上引かれてしまいます。確定拠出年金の中で入金しておくと税金は一切かからず満額が投資に回ります。これはつまり、確定拠出年金に加入した段階で10~15%得と言い換えることもできます。

また、10~15%引かれたお金を運用して増やしたとき、利息や運用益には20%課税されてしまいます。しかし、確定拠出年金の中で運用を行った場合、利益に税金が一切かかりません。これも繰り返すと大きな差です。

確定拠出年金を老後に受け取るときは退職金みなしで非課税枠が利用できるため、入り口から出口まで非課税で運用できるチャンスがあります。ここまで考えれば利用しない手はありません。

しかも、投資経験を初めて積む人のために、確定拠出年金には2つのメリットがあります。

  • 1つはセールストーク抜きの投資教育を受けるチャンスがあることです。金融機関の講師であっても、セールストークは禁止されており、教育部分のみをしっかり吸収できます。
  • 2つは有利な金融商品がたくさんあることです。一般には販売されていないような有利な条件の投資信託(特に手数料が割安なことが多い)で投資をスタートすることができるのです。
    (※条件は各企業によって異なる。割安の投資信託を用意していないこともある)

確定拠出年金の説明については、新入社員研修のごく一部の時間しか割かれないことが多く、決断も数日中に迫られることもあるため「よく分からないので、入らないことにしよう」という人がいます。しかし、有利な条件で投資デビューできるチャンスを見過ごしてしまうことになりますし、ひいては老後のための資産形成が途絶する恐れもあります。

選択肢がある場合は、ぜひ加入してみてください。

新社会人こそ「証券口座」開設を

少額で経験を積む

新社会人のための証券口座開設のヒントをいくつか紹介してみました。「なんとなく投資」どころか「なんとなく社会人」をするのでは、人生もったいなさすぎです。ぜひ証券口座開設を目指してみてください。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

1周年特集
投資の失敗
桐谷広人
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください新卒から25歳までに証券口座とどうつきあうか

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

新卒から25歳までに証券口座とどうつきあうか

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
1周年特集
 
世界のリスクを総点検
 
投資の失敗
TOP100ランキング
 
はじめての下落相場と損
 
株主優待・桐谷広人
美白YouTuberが紹介!無理なくカンタンな貯蓄術のススメ
 
老後破綻
 
動画でわかる
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。