お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
個人投資家の「エコ」との付き合い方とは
足立 武志
知って納得!株式投資で負けないための実践的基礎知識
株式投資がうまくいかない、という個人投資家の皆様へ。実践をベースにした「すぐに役立つ真の基礎知識」は、お客様の株式投資戦略に新たなヒントを提供。負けない、失敗しないためにはどのよ…

個人投資家の「エコ」との付き合い方とは

2009/12/3
資産運用に精通した公認会計士として活躍している、足立武志氏による「知って納得!株式投資で負けないための実践的基礎知識」。お客様の投資のヒントにお役立てください。
facebook twitter メールで送る 印刷

「エコ」とは「エコロジー」ではなく「エコノミー」の略称?

鳩山首相が2020年までに二酸化炭素を1990年比で25%削減すると宣言したことは記憶に新しいところです。そして、今や地球温暖化対策は世界中で取り組まなければならない課題となっています。
そもそも二酸化炭素が地球温暖化の要因かどうかは疑わしいとする専門家の見解も多いものの、ここまで世界中が二酸化炭素を悪者扱いしてしまうと、この流れは止められません。
今やどのCMをみても「エコ」「エコ」の大合唱です。多くの人々はそれにつられてエコ商品を購入し、「私は地球環境の改善に役立っている」と自己満足に浸ってしまいがちですが、一面では企業の戦略に乗せられてしまっているということも紛れもない事実です。
消費者としてみれば「エコ」=「エコロジー」ですが、企業からすれば「エコ」=「エコノミー」なのです。つまり、エコ対策というのは、「エコロジー」を利用した経済政策と考えるべきです。
実際、自動車業界ではハイブリッドカーが飛ぶように売れています。まさにこれは「エコロジー」効果を消費者にアピールすることで企業が利益を生み出す構図です。
これは国家戦略も同じで、アメリカのオバマ大統領が掲げるグリーンニューディール政策は景気対策としての位置づけを持ったものです。

エコで恩恵を受ける企業のピックアップをしておく

したがって、個人投資家の観点からは、「エコ」により恩恵を受ける企業をピックアップし、タイミングを見計らって投資し、株価の大きな値上がりを狙うのが戦略となります。排出権価格に連動するような投資信託に投資して「排出権バブル」を期待するのも面白いかもしれません。
一方、鉄鋼業、製紙業など、業種によっては二酸化炭素の排出量削減が利益減少要因につながる懸念もありますので注意が必要です。

日本株は諸外国の株高を尻目に完全に蚊帳の外に置かれていますが、いつまでも下げ続けるわけではなく、遠くない将来に上昇相場に転じるでしょう。上昇相場では、相場の柱となるテーマがあります。そのテーマがもし「エコ」や「環境」といったものとなるならば、それに関連した銘柄は大きく上昇するのではないかと注目しています。実際に、今年はGSユアサ、明電舎、戸田工業といった関連銘柄が大きく上昇したことは記憶に新しいところです。
1999年-2000年のITバブル相場で、ネット関連事業に進出すると発表しただけでその企業の株価が何倍にもなったり、2005年の新興市場バブル相場で新興市場銘柄なら何でも急騰したように、エコバブル相場にも大いに期待したいものです。

将来の負担増は「エコ」関連企業への投資で賄うのが理想

我が国が今後本格的に二酸化炭素排出量削減に動くとすれば、私たち国民の負担も相当なものになることを覚悟しておかなければなりません。
その負担増を賄うため、個人投資家としては二酸化炭素排出量削減によりメリットを受ける企業の株に投資してキャピタルゲインを得ることが有効な対策です。
個人投資家としても「エコ」を上手く利用していかなければ、負担増に苦しむことになりかねません。「エコロジー」ではなく「エコノミー」の視点からエコを考えれば、自身の資産防衛のためにも個人投資家として今後どう投資行動をとっていくべきか、自ずと明らかになってくるはずです。

単純に二酸化炭素の25%削減だけに取り組めば、日本経済はガタガタになってしまう懸念があります。でも、企業が画期的な新技術を開発してくれれば、それが国際的な優位性につながり、日本成長の原動力となってくれる可能性も大いに考えられます。
現政権は企業ではなく消費者・国民寄りのスタンスを取っているように感じますが、日本の将来のためにも、企業の新技術開発のために政府も積極的な支援をお願いしたいところですね。そして、将来飛躍的な成長が期待できる企業の株を芽が出始めた段階で安く仕込むことができるよう、情報のアンテナを張り、各企業の株価の動きに常に関心を払っておくべきでしょう。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

つみたてNISA
人気記事ランキングTOP

 

このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください個人投資家の「エコ」との付き合い方とは

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

個人投資家の「エコ」との付き合い方とは

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント

 

 
フレッシャーズ

 
タイムトリップ
 

 

 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。