お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
典型的な乱高下(調整)相場
石原 順
外為市場アウトルック
リーマンショックの影響による景気回復に向けた歳出の増大が、世界中で財政赤字の拡大を招いた。政治家は財政再建をしなければならず、その結果、景気対策は中央銀行に押し付けられることにな…

典型的な乱高下(調整)相場

2010/6/11
数社の海外ファンドの運用を担当する現役ファンドマネージャーとして活躍する石原順氏による外国為替市場レポート「外為市場アウトルック」。お客様の投資のヒントにお役立てください。
facebook twitter メールで送る 印刷

ユーロ相場はユーロ圏やIMFからユーロ安歓迎のような発言が出てくると、ユーロ安が止まる(小休止?)という皮肉な展開となっている。ユーロ圏の経済が回復する要因はユーロ安しかない。財政の立て直しや欧州金融機関の不良債権の償却などは、どれも時間のかかる話である。欧州金融機関の不良債権の償却期間中は、銀行の融資厳格化によって貸し渋りが起こるため、ユーロ圏の景気が良くなる可能性は小さいだろう。いずれにせよ、ユーロ圏の経済がどうあれ、相場は循環である。

相場の上げ下げについて毎日後講釈的な材料での解説がされているが、現在の相場に大した材料があるわけではない。NYダウが大きく下げると市場参加者は悲観的になり、大きく上げると楽観的になるといった有様で、相場は投げと踏みの応酬になっている。

結局、今の金融市場はNYダウとユーロ/ドルの動向次第だ。しかしNYダウは(日経平均も同様)現在、26日標準偏差ボラティリティがピークアウトしており、先行きが非常に読みにくい。ADXや標準偏差ボラティリティが上昇している期間がトレンド相場であるが、現在はADXや標準偏差ボラティリティがピークアウト(天井をつけ下落)しており、セオリーからは、「トレンド期とはやや逆方向にバイアスがかかった横這いレンジ内での乱高下相場」となる予定である。NYダウも日経平均も現在MACDの買いシグナルが点灯しているが、トレンド相場(売られすぎ相場)の後の自律反発局面にすぎず、相場の方向性に信頼感があるわけではない。

NYダウ(左)と日経平均(右)の日足

上段:14日ADX(赤)・26日標準偏差ボラティリティ(青)とMACDのシグナル


(出所:石原順)

ユーロ相場も同様である。ADXがまだ横這い傾向なのが気になるが、26日標準偏差ボラティリティは既にピークアウトしており、乱高下が予想される局面である。ポンド/ドルはより明確なランダム相場となっている。

ユーロ/ドル(左)とポンド/ドル(右)の日足

上段:14日ADX(赤)・26日標準偏差ボラティリティ(青)


(出所:石原順)

要するに、今の相場は酔っぱらいが千鳥足で歩いているような局面なので、あまり方向性に賭けるような相場つきではないということだ。この局面で相場の勢いにのって安値を売り込んだり、高値買いをするとひどい目に遭う確率が高い。言い換えると、カウンター的な逆張り相場(相場の流れと逆のポジションをとる)の局面だが、逆張りというのは相場の難易度が高い。日足で適当な逆張りレンジを決めてトレードをしてもうまくいく確率は低い。この局面で逆張りをしたい投資家は、相場の時間枠を縮めて1時間足で順張り(21時間ボリンジャーバンド1σ抜け+ADXの上昇で相場に参入する)を行うのがよいだろう。それが、結果的に日足で逆張りしているのと同じことになる。ただし、現在、日足相場にトレンドがないので、1時間足相場で順張りを行っても大きな収益を上げることが難しいのは言うまでもない。

円相場はNYダウやユーロ/ドルよりも調整相場であることが明確な動きとなっている。現在の円相場は、上がっても下がっても大した意味はないということだ。

豪ドル/円(左)とユーロ/円(右)の日足

上段:14日ADX(赤)・26日標準偏差ボラティリティ(青)


(出所:石原順)

ポンド/円(左)とドル/円(右)の日足

上段:14日ADX(赤)・26日標準偏差ボラティリティ(青)


(出所:石原順)

日足ベースで相場の方向性に賭ける取引者は、次にADXや標準偏差ボラティリティが上昇する局面を待つのが良いだろう。

ドルが売られても、ユーロが売られても、株が売られても買われているという最強通貨? ゴールド相場も、世間で騒いでいるほど強い方向性が出ている相場ではない。大きくみると乱高下しているだけである。注目すべきは、現在、ADXや標準偏差ボラティリティの調整(下落)がかなりいいところまで進んでいることである。ここからADXや標準偏差ボラティリティが上昇に転じたときの動きには、素直についていくのがセオリーだ。

標準偏差ボラティリティやADXを使った相場のトレンド判定は、株式・通貨・債券・コモディティなどあらゆる相場に有効である。トレンド期間ともちあい期間を判別することによって、投資家は相場に対し優位性を持つことができる。これがわからないと、大相場に乗りにくいし、思い切ったポジションも持てないのである。

ゴールド(日足)

上段:14日ADX(赤)・26日標準偏差ボラティリティ(青)


(出所:石原順)

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

つみたてNISA
人気記事ランキングTOP

 

このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください典型的な乱高下(調整)相場

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

典型的な乱高下(調整)相場

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント

 

 
フレッシャーズ

 
タイムトリップ
 

 

 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。