facebook twitter
ボラティリティの逆襲とロボットの暴走
石原 順
外為市場アウトルック
数社の海外ファンド運用に携わる現役ファンドマネージャー・石原順のレポートです。相場の周期および変動率を利用した独自のトレンド分析や豊富な海外情報ネットワークを用いて、為替市場のい…

ボラティリティの逆襲とロボットの暴走

2010/5/7
数社の海外ファンドの運用を担当する現役ファンドマネージャーとして活躍する石原順氏による外国為替市場レポート「外為市場アウトルック」。お客様の投資のヒントにお役立てください。
facebook twitter メールで送る 印刷

ドイツがせこいことをいってギリシャ救済の主導権をとりたがらないので、ユーロ圏の信用不安が混迷の度合いを深めている。最後の貸し手がドイツなのかECB(今週のECB理事会では何の進展もなかった)なのかIMFなのか釈然としないなか、5月9日のドイツ地方選、あるいは5月19日のギリシャの国債償還等の日程をみながら、投機筋のユーロ売りが加速している。

ユーロ/ドル(日足)トレンド相場が続く

上段:14日ADX(赤)・標準偏差ボラティリティ(青)
下段:21日ボリンジャーバンド1σの飛び出し局面(赤)


(出所:石原順)

ユーロ売りを後押ししているのは格付け機関の格下げ(ギリシャ・ポルトガル・スペイン)と投機資金の米国への引き揚げである。ユーロ問題が株式市場にも波及してきて、このところ高値波乱の相場展開となっていたが、昨日は米国株の誤発注騒動がきっかけでロボット・トレーディングの売り注文が殺到し、NYダウは一時1000ドル近く下げブラックマンデー以来の下げ率を記録した。所謂、パニック相場である。

NYダウ(日足)パニック相場


(出所:石原順)

ユーロは催促相場へ」で「ユーロの下げを加速させているのは、ロボット・トレーディングといわれる自動売買である。この売買手法には値頃感も感情もないので相場を暴走させやすい」と述べたが、昨日のNYでは株式市場でこの暴走が起きてしまった。ロボットやアルゴリズムと言われるコンピュータを駆使した機械的な取引は、現在のトレーダー業界の花形である。リーマン危機後、世界的に金融機関やファンドの求人は激減しているが、アルゴリズムを使うクオンツの呼ばれるシステムトレードの人材に対しては常に求人があることがそれを物語っている。

昨日の相場は、上記に述べたロボット売買の暴走と、ボラティリティの逆襲と言えるだろう。「円キャリートレードの復活とATR」で述べたように、相場の変動率が下がりすぎて、シッペ返しをくらった格好だ。

VIX恐怖指数(日足)1年半ぶりの大爆発


(出所:石原順)

本日はどこの金融機関やファンドも長い会議をやっていて、多くの運用者は冷静さを失っている。これまで多くの人が相場の不確実性とリスクについて語ってきたが、昨日のような、ありえないことが起こるのが相場の世界である。これに対処するには、いつの時代もストップ・ロス注文しかない。

このまま変動率の高い状況がしばらく続くのかどうかはわからないが、円売りの継続はボラティリティやATRの低下期に行うのがセオリーである。不確実性の高い現在の相場環境では<1時間足>等の短期売買にシフトするのが正解だろう。

豪ドル/円(日足) ATRが上昇中

上段:20日ATR
中段:21日ボリンジャーバンド1σ
下段:14日ADX(赤)・標準偏差ボラティリティ(青)


(出所:石原順)

ドル/円(左)とユーロ/円(右)の1時間足


(出所:楽天FXウェブログイン)

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

株主優待生活
投資の失敗
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせくださいボラティリティの逆襲とロボットの暴走

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

ボラティリティの逆襲とロボットの暴走

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
天野ひろゆきインタビュー
 
ふるさと納税
 
はじめよう株主優待生活
人気記事ランキング
デイリー週間月間
投資ワクワク
 
投資の失敗
 
年末高
人気ブロガー
 
老後破綻
 
動画でわかる
 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。