お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
オバマショックの影響は?
石原 順
外為市場アウトルック
リーマンショックの影響による景気回復に向けた歳出の増大が、世界中で財政赤字の拡大を招いた。政治家は財政再建をしなければならず、その結果、景気対策は中央銀行に押し付けられることにな…

オバマショックの影響は?

2010/1/25
数社の海外ファンドの運用を担当する現役ファンドマネージャーとして活躍する石原順氏による外国為替市場レポート「外為市場アウトルック」。お客様の投資のヒントにお役立てください。
facebook twitter メールで送る 印刷

1月21日にオバマ大統領が発表した金融規制案で市場は荒れ模様となっている。

  • (1) 商業銀行のヘッジファンドおよびプライベート・エクイティ・ファンドへの投資の禁止
  • (2) 市場占有率の上限(預金市場のシェア10%超をもつ金融機関は解体)
  • (3) 自己裁定取引の禁止

を柱とする金融規制案は、オバマ政権の大統領経済回復諮問委員会委員長であるポール・ボルカー元FRB議長の発案で、“Volcker Rule”(ボルカー・ルール)と呼ばれている。内容は1933年の「グラス・スティーガル法」(銀行と証券業務の分離)の復活である。

全米30州で増税が行われ、広義の失業率が17%を超える米国では、オバマ政権への支持が急落中だ。既に1550億ドル規模の雇用対策法案や、大手金融機関に最大1170億ドルの金融危機責任料の課金などを発表したオバマ政権だが、大衆の不満は収まらず、民主党が負けるはずのないマサチューセッツ州の上院議員選挙の補選で負けてしまった。金融危機で焼け太りとなっている金融機関への米国民の怒りはすさまじく、11月の中間選挙が危ないオバマ政権は、「ウォール街との対決」という大衆迎合路線に舵をきっている。

金融市場の懸念は、これまでのサマーズ国家経済会議委員長やガイトナー財務長官のソフトランディング路線から、ボルカー大統領経済回復諮問委員会委員長のハードランディング路線にオバマ政権が方針転換した(可能性がある)ことである。オバマ政権の方針転換で、バーナンキFRB議長の金融緩和(ジャブジャブ)路線も危うくなる可能性がある。“Volcker Rule”は、1999年にルービン・サマーズ・グリーンスパンのバブルトリオが作った「グラム・リーチ・ブライムリー法」(銀行と証券会社の垣根の撤廃)の否定だからだ。

もっとも、この金融規制案は金融機関の反対が強い。金融機関はロビー活動などで議会に圧力をかけ、規制対象となっている自己裁定取引の禁止を骨抜きの案にすり替えると言われている。また、法案が通ればゴールドマンなどは銀行免許を返上し、投資銀行に戻るだけだろう。

現在、リスク回避一色となっている金融市場は、どこかでオバマ政権の金融規制法案はダメージが少ないとして揺り戻しに転じるだろうが、今年の相場の“買い”は前半が勝負だ。「量的緩和の終わる4月以降の相場」は、金利の動向をはじめとして不安感がぬぐえない。この時期にインフレファイターであるボルカー元FRB議長の“Volcker Rule”が発表されたことは、一応、注意が必要だろう。

いずれにせよ、今回の金融規制案はまだ詳細が分からない。市場の動揺が収まるまでは、慎重な姿勢で相場に対処したい。

ドル/円・豪ドル/円(1時間足)1月25日13時現在、次のトレンド待ち


(出所:石原順)

ドル/円(日足)今週の順張りゾーン(緑)・逆張りゾーン(黄)

上段:20日ATR(赤)


(出所:石原順)

豪ドル/円(日足)今週の順張りゾーン(緑)・逆張りゾーン(黄)

上段:20日ATR(赤)


(出所:石原順)

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

つみたてNISA
人気記事ランキングTOP

 

このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせくださいオバマショックの影響は?

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

オバマショックの影響は?

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント

 

 
フレッシャーズ

 
タイムトリップ
 

 

 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。