お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
インフレの恐怖
石原 順
外為市場アウトルック
リーマンショックの影響による景気回復に向けた歳出の増大が、世界中で財政赤字の拡大を招いた。政治家は財政再建をしなければならず、その結果、景気対策は中央銀行に押し付けられることにな…

インフレの恐怖

2008/5/16
数社の海外ファンドの運用を担当する現役ファンドマネージャーとして活躍する石原順氏による外国為替市場レポート「外為市場アウトルック」。お客様の投資のヒントにお役立てください。
facebook twitter 印刷する

インフレ警戒感のなかで5月14日に発表された4月の米消費者物価指数(前年比)は3.9%であった。市場予想の4.0%より低かったのでインフレの鈍化を指摘する向きもあるが、趨勢としての上げ基調に変化はない。

現在、米国の金利はFFレート=2.18%、2年国債=2.44%、10年国債=3.82%(5月15日現在)である。米消費者物価指数が3.9% の現状で、3.82%の実質マイナス金利で10年国債を運用してもまったく妙味のない状況である。また、4月15日に発表された中期的な資金フローを示すネットTICフロー(対米証券投資)合計は資金流出となった。

現在、多くのファンドマネージャーは「サブプライム問題での金融不安からイベントリスクを想定して米国債市場に大量に滞留していた資金がどこの市場に流入するか」に注目している。すでに米国債市場に滞留していた資金の一部は、コモディティ市場や株式市場に流入しているが、それらがさらに加速するのか否かが現在のマーケットの焦点であり、マーケットテーマとして背景にあるのはインフレである。いずれにせよ米国債の運用だけではインフレに勝てないし、今後インフレが昂進した場合大きな損失を被る可能性がある。

米国の米消費者物価指数(前年比)の推移


(出所:石原順、ブルームバーグ)

1973年~1980年の狂乱のインフレを体験したボルカー元FRB議長は「現在のインフレの状況は1970年台初頭に似ている。FRBが信任失えば、1970年代それ以上の混乱となろう。CPIのデータが示している以上の物価の上昇があるだろう」とインフレに対して危機感を表明している。世界中の運用者は景気後退および金融不安とインフレの綱引きで明確な運用方針を持てないでいるが、コモディティを買ったり、インフレに名目的に連動する株式を買ったり、インフレ連動債をかったり、現在ポートフォリオの組み換え(インフレシフト)が進行中である。

5月15日の米国株式市場ではエネルギー株が買われS&P500種株価指数は4カ月ぶり高値をつけたが、これはポートフォリオ組み換えの象徴的な動きであり、現在の市場はサブプライム問題からインフレにマーケットテーマが変質していることを意味する。また、株価の予想変動率の指標であるCBOEのボラティリティ指数(俗称:恐怖指数)が昨年10月上旬以来の水準まで低下してきたが、これも国債市場から株式市場への資金移動とベアスターンズ救済以降の大量の資金供給による楽観の結果である。

S&P500種株価指数(上段)ボラティリティ指数(下段)の推移


(出所:石原順、ブルームバーグ)

外為市場ではこのところドル上昇で利益の上がるストラテジーを組む投資家が増えている。インフレ懸念からFOMCの追加利下げ観測が後退しているなかで修正高に過ぎないとしても、いましばらくはドルインデックスベースでのドル反騰相場は続きそうだ。

ドルインデックス(週足) アナログモデルの推移
(1990年3月から1992年3月のチャートと2007年4月から2008年5月16日までのチャートを重ね合わせたもの)


(出所:石原順、ブルームバーグ)

ドル/円相場のほうは実需との攻防戦である。輸出企業の今年度の採算レートは104円70銭で今年度の想定レートを105円としている企業も多い。この重い抵抗をクリアして105円70銭や106円を超えてくればさらに上値が見込めるだろう。一方、105円が重いようだと今後103円レベルへの下落もあるだろう。現在、21日のボリンジャーバンドが収縮(標準偏差ボラティリティの低下)しており、筆者はここからの動き(ボリンジャーバンド拡大のタイミング)を注視しながら次の仕掛け時を待っているところである。

輸出企業採算円レートとドル/円相場の推移


(出所:石原順、ブルームバーグ、内閣府「企業行動に関するアンケート調査」)

ドル/円(日足)標準偏差ボラティリティと売買シグナル[買い=緑・売り=赤]


(出所:石原順、ブルームバーグ)

豪ドル/円(日足)標準偏差ボラティリティと売買シグナル[買い=緑・売り=赤]


(出所:石原順、ブルームバーグ)

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

はじめよう株主優待
人気記事ランキングTOP
トウシル TOP
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせくださいインフレの恐怖

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

インフレの恐怖

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。