お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
最低限知っておきたい、ビットコインの基本
フィスコ
知っておきたい仮想通貨
ちゃんと、もっと、さらに、いまさら? 知っておきたい仮想通貨(ビットコイン)

最低限知っておきたい、ビットコインの基本

2017/10/25
・発行主体のない自由な通貨
・発行枚数上限が設定されている
・信頼と安全はどうやって担保されているのか?
facebook twitter 印刷する

発行主体のない自由な通貨

 ビットコインは、インターネット上でやり取りする「価値を持ったデジタルデータ」である仮想通貨の一種であり、通貨単位は「BTC」と表記されます。データであるため、紙幣や硬貨といった実体は存在しません。

 また、発行・流通にどこの国も企業も関与していないことも大きな特徴のひとつです。
たとえば、日本円や米ドルのような法定通貨は、各国の中央銀行(日本は日本銀行、米国は連邦政府準備理事会)が発行と管理を行い、基本的には発行する国で利用され、発行上限は決められていません。しかし、ビットコインにはそのような発行主体は存在しません。世界中の不特定多数の利用者や参加者が相互に管理と監視を行い運営している、国や国境に縛られることのない自由な通貨であり、「世界共通通貨」となる可能性を秘めていると期待されることもあります。

 

発行枚数上限が設定されている

 ビットコインはその誕生時の設計により、およそ2,100万BTCという発行枚数の上限が決められており、2140年頃にその上限値を迎えます。発行枚数の制限はインフレの予防や価値の維持につながります。今はまだ価格の増減が激しく投機対象となりやすいビットコインですが、上限が近づくにつれ価格も安定し、さらに普及していくだろうと予想されています。上限に達した後のビットコインは、新規発行はされませんがデータ保管は続き、取引を続けることができるとされています。

 

信頼と安全はどうやって担保されているのか?

 ここまで読むと、管理者不在であるビットコインを本当に信用できるのか、という疑問がわいてくると思います。ビットコインの信頼性と安全性は、ビットコインの生みの親といわれるサトシ・ナカモト氏の発明した「ブロックチェーン」という技術により、担保されています。

 ビットコインの根幹をなす技術である「ブロックチェーン」は、簡単にいうと、ビットコインの取引記録を10分ごとに1つのブロックという単位の暗号化情報にまとめ、それを1本の鎖(チェーン)のようにつないで保管していく技術のことです。

 この取引データはビットコインを利用しているすべてのコンピュータに保管されます。世界中の不特定多数のコンピュータにデータのバックアップがある、そんなイメージを思い描いていただいてもいいと思います。

 保管された取引記録はすべて1本のチェーンでつながっているため、どこかのデータを改ざんしようとするなら、保管してあるすべてのデータを書き換えなければなりません。前述した国を主体とする法定通貨の中央集権システムは、メインとなるコンピュータがハッキングされれば取引データは容易に偽造されてしまいますが、ビットコインは取引履歴が世界中に分散しているのでそのすべてを把握しそのすべてを改ざんすることは事実上不可能です。つまり極めて強固な安全システムを持った通貨といえるのです。

 これは「分散型台帳」とも呼ばれ、利用者は相互に記録を監視し合い取引データの不正を防いでいます。

 

まとめ

 それでは、ビットコインの基本を整理してみましょう。

  1. 管理者がいない(不特定多数の利用者・参加者の相互管理)
  2. 実体なし(紙幣や硬貨ではなくデジタルデータ。決済の履歴)
  3. ブロックチェーン技術で安全と信頼を担保
  4. 発行枚数の上限が決められている(おおよそ2,100万BTC)

 日本ではすでにビットコインは「物」ではなく「通貨(決済手段)」として認められています。デメリット情報が先行していたビットコインですが、そのメリットに注目が集まることで、さらなる広がりを見せています。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

はじめよう株主優待
人気記事ランキングTOP
トウシル TOP
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください最低限知っておきたい、ビットコインの基本

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

最低限知っておきたい、ビットコインの基本

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
 
 
 

 

 

メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。