お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
中国経済セクター
Bank of China int.
中国セクターレポート
中国の現地証券会社より提供されるアナリストレポートから、各業種ごとの動向をサマリーした「セクターレポート」を日本語でお届けします。 中国株式初心者の方でも分かりやすくまとめており…

中国経済セクター

2017/10/18
税関総署の発表によると、中国の9月の輸出額、輸入額は米ドル建てで、それぞれ前年同月比8.1%、18.7%の伸びを示した。
facebook twitter 印刷する

10月13日:9月の輸出入統計が予想上振れ、国内景気は当面底固く推移か

 税関総署の発表によると、中国の9月の輸出額、輸入額は米ドル建てで、それぞれ前年同月比8.1%、18.7%の伸びを示した。輸出は8月の同5.6%増から加速。輸入も同様に、8月の同13.5%増を上回る伸びとなった。人民元建てでは、輸出が同9%増、輸入が19.5%増(8月は同6.9%増、14.4%増)。季節調整後の9月の輸出、輸入は同5.9%増、13.6%増(8月は同4%増、13.3%増)。1-9月の累計では輸出が前年同期比7.5%増、輸入が17.3%増(1-8月は同7.6%増、16.9%増)だった。また、中国の貿易黒字は9月に285億米ドル。7月の467億米ドル、8月の420億米ドルから一段と縮小している。

 中国の輸出は2017年初めから堅調に推移している。世界経済の回復傾向や工業部門のリフレーションが背景。ただ、前年同期実績が上向くにつれ、今後は段階的に伸び率が減速する可能性が高い。一方、過去数カ月にわたる人民元高(対米ドル相場の上昇)がこの先、輸出にマイナス影響を及ぼすとの懸念も一部にあるが、BOCIはこの点に関して楽観的。元相場の緩やかな変動が輸出伸び率に大きく影響するとは考えにくいとした。対米ドルで元高が進行したとはいえ、その他の一部主要国通貨に対しては逆に、年初からそれ以上のペースで元安が進んだ点を指摘している。

 中国の輸出伸び率について、BOCIはグローバル経済のダイナミクスに左右される部分が大きいとの認識。世界的な景気回復トレンドの持続と前年同期実績の高さを考慮した上で、中国の輸出がこの先、段階的に減速しながらも、一定の伸びを維持する見通しを示した。

 一方、輸入統計は力強く、伸び率が一段と加速している。BOCIは国内経済の底固さや工業分野のリフレ環境を反映しているとの見方だ。品目別に輸入量を見ると、鉄鉱石と原油は依然堅調で、1-9月に前年同期比それぞれ7.1%増、12.2%増。1-8月の同6.7%増、12.2%増から、小幅の加速傾向、あるいは横ばいだった。ただ、輸入額は同32.5%増、27.4%増で、1-8月の35.1%、29.1%から減速傾向を示している。また、金属切削機械の輸入量は1-9月に同24.3%増と、1-8月の同27.1%増に比べやや減速した。このほか、機械製品・電子製品の輸入額は同10.7%と、1-8月の9.4%増から加速。ハイテク製品の輸入額は11.2%と、やはり1-8月の同9.9%増から加速傾向を見せた。

 BOCIは今後、工業製品価格の軟化や、不動産引き締め、レバレッジ(過剰債務)解消といった政策動向を受けた中国経済の減速で、輸入も減速圧力に直面するとの見方。17年の輸入伸び率については前年比13%増との予測を据え置いている。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

つみたてNISA
人気記事ランキングTOP

 

このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください中国経済セクター

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

中国経済セクター

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント

 
フレッシャーズ
 

 
タイムトリップ
 

 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。