実際どのように始めたらいいか?

 仮に、読者が18歳だとして、あるいは18歳の子供を持っている親だとして、18歳にどのように投資入門させたらいいのだろうか。

 筆者は、率直に言って、この年齢から、将来に備えた資産運用を行うべきだとは思わない。しかし、早くに運用を始めて、何年か多く運用にリアルな関心を持った時期を経験することは、将来の運用判断能力の養成に対して有利だと思う。

 1万円ずつ位がいいのか、10万円ずつ位がいいのかは、本人の感じ方や経済事情によると思うが、内外の株式に投資するインデックス・ファンドを18歳の時点から持ってみて、株価の上下とその要因、リスクを取るということの具体的な気分などを経験することが有益だろう。まとまった金額が投資可能ならETFがいいかも知れないが、当初の投資金額が大きくない場合は、ノーロードのインデックス・ファンドがいいのではないだろうか。

 仮に22歳で大学を卒業してから就職して投資に関わるとした場合、18歳から4年間、リアルな市場の状況を自分の投資を通じて経験することの経験としての価値は大きい。この場合、投資する金額の大きさはそう関係無いように思う。

 その時に、どのような相場と遭遇するのかは分からないが、早く投資に関わることによって、リアルな感覚と問題意識を持って時々の経済・金融状況と付き合った経験を何年か長い期間持つことが出来るとすると、これは相当に有効な経験への投資であるように思われる。18歳の本人、あるいは親御さんに、提案してみたい。経験に時間を投資する上で、優れた期待リターンの投資なのではないだろうか。

【コメント】

 2016年に書いた記事だが、内容に特段の修正はない。記事の執筆の少し前に、筆者は大学で授業を持っていたこともあり、「18歳」に対する知識要求が厳しいが、損得やリスクを自分で計算できる判断力は大事だと思う。割引現在価値やリスクプレミアムの理屈が分からない人に「さあ、いい会社を探してみましょう」と株式投資を勧めるような投資教育には賛成できない。

 但し、少額のインデックス・ファンドを持ってみるような投資入門は、それなりにいいかもしれない。文中、「『予想外』と上手く付き合え」とあるが、今年は「コロナ」のような印象的な「予想外」があったので、投資をしているといい経験になったにちがいない。

 もっとも、18歳という年齢を考えると、最大の投資は、自分の能力に対する時間と努力の投資だろう。
(山崎元)