株式を売買するときの注文方法は2種類

 株式を買ったり売ったりしたいときは、買い注文や売り注文を出す必要があります。この注文方法には「指値注文(さしねちゅうもん)」と「成行注文(なりゆきちゅうもん)」の2種類があるのをご存知でしょうか。

 株式投資では、この指値注文と成行注文を使いこなすことが非常に重要となります。そこで、今回のコラムでは、2つの注文方法の意味と効果的な使い方について説明していきます。

「指値注文」とは何か?

 指値注文とは、買うもしくは売る値段を自分で指定して注文する方法です。例えば「300円の指値で1,000株の買い注文」とか「500円の指値で2,000株の売り注文」といった使い方をします。

 指値注文の特徴は、買い注文であれば指値以下の株価、売り注文であれば指値以上の株価にならなければ絶対に注文が成立しないという点にあります。

 300円の指値で買い注文を出せば、株価が300円以下にならなければ注文は成立しません。また、500円の指値による売り注文は、株価が500円以上にならないと注文は成立しません。

「成行注文」とは何か?

 成行注文とは、値段を指定しない注文方法です。「成行で1000株の買い注文」とか「成行で3000株の売り注文」といった使い方をします。

 取引時間中に成行の買い注文を出すと、そのときに出ている最も低い価格の売り注文に対応して即座に注文が成立します。同様に成行の売り注文の場合は、最も価格が高い買い注文に対応して注文が即座に成立することになります。

 例えば、現時点での株価が300円、最も価格が低い売り注文が301円、最も価格が高い買い注文が299円のときに成行の買い注文を出すと、301円で買えることになります。成行の売り注文を出すと、299円で売れることになります。