facebook twitter
第9回「現物取引派」も知っておきたい信用取引残高
土信田 雅之
信用取引入門講座
信用取引という言葉を耳にしたことがある方は多いと思います。ただし、その割には意外と「近くて遠い」存在であるのも事実です。このシリーズでは、「そもそも信用取引とは何なの?」という初…

第9回「現物取引派」も知っておきたい信用取引残高

2015/9/16
信用取引は、新規建てを行った後に返済することで取引が終了します。そして、新規建て後、まだ返済されていないものを「建て玉(たてぎょく)」と言います。つまり、建て玉が返済されるまでは損益が確定しませんが、制度信用取引では新規建てから返済までの期間が6カ月と決められているため、いずれ必ず返済しなければなりません。買い建てならば「売り返済」、売り建てならば「買い返済」です。
facebook twitter メールで送る 印刷

信用取引は、新規建てを行った後に返済することで取引が終了します。そして、新規建て後、まだ返済されていないものを「建て玉(たてぎょく)」と言います。つまり、建て玉が返済されるまでは損益が確定しませんが、制度信用取引では新規建てから返済までの期間が6カ月と決められているため、いずれ必ず返済しなければなりません。買い建てならば「売り返済」、売り建てならば「買い返済」です。

一般的に、多くの投資家が「この銘柄の株価は騰がる!」という見通しならば、買いが増えて株価も上昇して行きます。信用取引でも、買いの建て玉が増えていくことになりますが、建て玉は必ず返済されますから、買い建て玉が増えるほど、将来の返済売りのエネルギーも蓄積されていくことになるわけです。反対に、売り建て玉の増加は、将来の買い返済エネルギーが溜まっていくことになります。

そして、そのエネルギーが大きいほど、株価にも影響を与えることが考えられ、「まだ返済されていない建て玉の状況が分かれば、投資判断のヒントになるのでは?」ということになります。そこで、建て玉の状況を知るデータとしてよく利用されるのが、「信用取引残高(信用残)」と「貸借取引残高(貸借残)」の二つです。両者とも、株数ベースで定期的に公表されます。

まずは「信用取引残高(信用残)」です。こちらは、取引所が毎週第2営業日の夕方(16時半ごろ)に公表しています。結論から言ってしまうと、信用残は非常に正確なデータです。制度信用取引はもちろん、一般信用取引、前回も触れた「店内食い合い」分までも含めた全体の状況を、取引所が各証券会社に報告させているからです。その一方で、週一回、週末時点の残高が翌週に公表されるというスケジュールは、データとしてやや使いづらい面があります。

そこで、信用残ともに使われるのが「貸借取引残高(貸借残)」です。貸借取引とは「証券会社が証券金融会社から信用取引に必要な資金や株券を借り入れること」で、前回のテーマでもありました。つまり、貸借残とは、信用取引全体のうち、証券金融会社が取り扱った分のみのデータになります。貸借残は信用取引のすべてではありませんが、何よりも日々公表されるという利点があり、建て玉増減の急激な変化なども捉えることができます。

ちなみに、貸借残の見方にはちょっとしたコツがあり、買い建て玉にあたるのが「融資」、売り建て玉にあたるのが「貸株」になります。買い建てのための資金を融資、売り建てのための株を貸すという証券金融会社の役割を示している格好です。

「自分は信用取引はやらない」という現物株取引派の投資家も、こうした信用取引の建て玉残高のデータは是非押さえておきたいポイントです。個別銘柄の動向を解説したニュースなどでも、「需給が良くない」とか、「売り方が踏み上げられている」などといった表現をよく見かけますが、次回はこうした信用建て玉残高の見方について、もう少し詳しく見て行きたいと思います。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

株主優待生活
投資の失敗
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください第9回「現物取引派」も知っておきたい信用取引残高

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

第9回「現物取引派」も知っておきたい信用取引残高

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
天野ひろゆきインタビュー
 
ふるさと納税
 
はじめよう株主優待生活
投資ワクワク
 
投資の失敗
 
年末高
人気ブロガー
 
老後破綻
 
動画でわかる
 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。